170件中 91 - 100件表示
  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た藤沢インターチェンジ

    2017年(平成29年)2月26日現在、圏央道として茅ヶ崎JCT - 大栄JCT間、松尾横芝IC - 木更津JCT間が開通しており、NEXCOが管理・運営を行っている。なお、久喜白岡JCT - つくばJCT、つくば牛久IC - 大栄JCT、松尾横芝IC - 木更津東ICの区間は「暫定2車線での開通」となっている。また未開通区間については、NEXCOと国土交通省が共同で建設・整備を進めている。このうち、藤沢ICとあきる野ICを境として、西側の藤沢IC - あきる野IC間をNEXCO中日本が、その他の区間をNEXCO東日本が、それぞれ建設・管理を担当している。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た釜利谷ジャンクション

    横浜横須賀道路(釜利谷JCTで接続:事業中)首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た長柄町

    成田市 - 香取郡神崎町 - 成田市 - 香取郡多古町 - 山武郡芝山町 - 山武郡横芝光町 - 山武市 - 東金市 - 八街市 - 東金市 - 大網白里市 - 千葉市(緑区) - 大網白里市 - 茂原市 - 長生郡長柄町 - 長生郡長南町 - 市原市 - 木更津市 - 袖ケ浦市 - 木更津市首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た茅ヶ崎ジャンクション

    2017年(平成29年)2月26日現在、圏央道として茅ヶ崎JCT - 大栄JCT間、松尾横芝IC - 木更津JCT間が開通しており、NEXCOが管理・運営を行っている。なお、久喜白岡JCT - つくばJCT、つくば牛久IC - 大栄JCT、松尾横芝IC - 木更津東ICの区間は「暫定2車線での開通」となっている。また未開通区間については、NEXCOと国土交通省が共同で建設・整備を進めている。このうち、藤沢ICとあきる野ICを境として、西側の藤沢IC - あきる野IC間をNEXCO中日本が、その他の区間をNEXCO東日本が、それぞれ建設・管理を担当している。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た都心

    首都圏中央連絡自動車道(しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう)は、神奈川県横浜市金沢区から東京都・埼玉県・茨城県を経由し千葉県木更津市に至る、東京都心からおおむね半径40 - 60キロメートル (km) の位置を環状に結ぶ高規格幹線道路(国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路))である。圏央道(けんおうどう)、圏央(けんおう)と略され、圏央自動車道と略されることはない。高速道路ナンバリングによる路線番号は原則として 「C4」 が割り振られているが、戸塚支線(横浜横須賀道路)のうち栄インターチェンジ (IC) /ジャンクション (JCT) - 戸塚IC間に限り 「E66」 が割り振られている。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た南埼玉郡

    重要な経過地 - 藤沢市、茅ヶ崎市、海老名市、厚木市、神奈川県津久井郡城山町、八王子市、秋川市、青梅市、羽村市、入間市、狭山市、日高市、川越市、鶴ケ島市、坂戸市、埼玉県比企郡川島町、桶川市、北本市、同県南埼玉郡菖蒲町、久喜市、幸手市、茨城県猿島郡五霞村、同郡境町、岩井市、水海道市、つくば市、牛久市、千葉県香取郡下総町、成田市、同郡大栄町、東金市、茂原市、同県長生郡長南町、市原市、袖ケ浦市首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た久喜インターチェンジ

    圏央道の各インターチェンジ(松尾横芝IC - 木更津JCT間を除く)と高速自動車国道の圏央道より内側(都心方向)にあるインターチェンジ相互間の利用で、高速国道分を150円引き(八王子ICまたは八王子TB発着は300円引き)。外側1インターチェンジ(厚木、相模湖、相模湖東出口、鶴ヶ島、久喜および桜土浦)も対象。これらのインターチェンジよりさらに外側の区間を通行する場合は割引対象外。時間帯割引・特別割引の重複適用はしない(割引後料金が最も安くなるものを適用)。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た行政事件訴訟法

    あきる野IC付近の事業認定を巡って、東京地方裁判所平成12年(行ウ)第349号事業認定取消請求事件を第一審とする行政訴訟が提訴された。一審では、市民団体寄りの判決を多く出していた藤山雅行が裁判長を務め、原告側の請求を認め、土地収用法上の事業認定を取り消す判決が下った(東京地判平16・4・22)。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た第三京浜道路

    東京都心から40?60 km圏内の、横浜市・厚木市・相模原市・八王子市・川越市・つくば市・成田市・木更津市などの東京郊外の諸都市を結ぶとともに、横浜横須賀道路・新東名高速道路・東名高速道路・中央自動車道・関越自動車道・東北自動車道・常磐自動車道・東関東自動車道・千葉東金道路・館山自動車道などの放射道路を相互に連絡する(第三京浜道路とは連絡しない)、首都圏の3環状9放射の一番外側の環状道路である(外環道・中央環状線とともに3環状の一つ)。法律上では、海老名IC付近の一部区間を除くほとんどの区間が、高速自動車国道ではなく一般国道の自動車専用道路の扱いとしている。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た高尾山

    八王子JCT - 高尾山IC間に関し、平成14年(行ウ)第296号等の事業認定の取消しを求めた行政訴訟が起きた。原告は高尾山周辺や八王子城址付近の環境破壊、税金の無駄遣いを理由として、圏央道高尾山トンネル建設に対する激しい反対運動が起き、行政機関を提訴したものの、行政側が勝訴し裁判は終結した。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

170件中 91 - 100件表示