170件中 101 - 110件表示
  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た海老名南ジャンクション

    海老名南JCT - 海老名IC間は国道468号ではなく、第一東海自動車道とされている。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た津久井郡

    重要な経過地 - 藤沢市、茅ヶ崎市、海老名市、厚木市、神奈川県津久井郡城山町、八王子市、秋川市、青梅市、羽村市、入間市、狭山市、日高市、川越市、鶴ケ島市、坂戸市、埼玉県比企郡川島町、桶川市、北本市、同県南埼玉郡菖蒲町、久喜市、幸手市、茨城県猿島郡五霞村、同郡境町、岩井市、水海道市、つくば市、牛久市、千葉県香取郡下総町、成田市、同郡大栄町、東金市、茂原市、同県長生郡長南町、市原市、袖ケ浦市首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た国道1号

    国道1号(藤沢市城南一丁目1325番地1 - 茅ケ崎市西久保字上ノ町1569番地1)首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た八王子インターチェンジ

    圏央道の各インターチェンジ(松尾横芝IC - 木更津JCT間を除く)と高速自動車国道の圏央道より内側(都心方向)にあるインターチェンジ相互間の利用で、高速国道分を150円引き(八王子ICまたは八王子TB発着は300円引き)。外側1インターチェンジ(厚木、相模湖、相模湖東出口、鶴ヶ島、久喜および桜土浦)も対象。これらのインターチェンジよりさらに外側の区間を通行する場合は割引対象外。時間帯割引・特別割引の重複適用はしない(割引後料金が最も安くなるものを適用)。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た売店

    圏央道にはサービスエリア (SA) は設置されていない。計画当初は高滝湖パーキングエリア (PA) がSAの予定であった。また、高滝湖PAと江戸崎PAには売店は設置されておらず、トイレ・自動販売機のみ(高滝湖PAはトイレのみ)が設置されている。売店は厚木PA・狭山PA・菖蒲PAに設置されており、このうち厚木PAの売店は24時間営業である。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た国道126号

    国道126号(山武市松尾町谷津字平台130番地3 - 東金市丹尾字千眼下40番地6)首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た八王子城

    八王子JCT - 高尾山IC間に関し、平成14年(行ウ)第296号等の事業認定の取消しを求めた行政訴訟が起きた。原告は高尾山周辺や八王子城址付近の環境破壊、税金の無駄遣いを理由として、圏央道高尾山トンネル建設に対する激しい反対運動が起き、行政機関を提訴したものの、行政側が勝訴し裁判は終結した。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た高規格幹線道路

    首都圏中央連絡自動車道(しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう)は、神奈川県横浜市金沢区から東京都・埼玉県・茨城県を経由し千葉県木更津市に至る、東京都心からおおむね半径40 - 60キロメートル (km) の位置を環状に結ぶ高規格幹線道路(国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路))である。圏央道(けんおうどう)、圏央(けんおう)と略され、圏央自動車道と略されることはない。高速道路ナンバリングによる路線番号は原則として 「C4」 が割り振られているが、戸塚支線(横浜横須賀道路)のうち栄インターチェンジ (IC) /ジャンクション (JCT) - 戸塚IC間に限り 「E66」 が割り振られている。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た八王子ジャンクション

    このうち、海老名JCTではJCT内の車線減少区間がボトルネックとなり、内回りが慢性的に海老名IC付近まで渋滞しており、NEXCO中日本では暫定的に車線を増やすなどの対策を行っている。また、八王子JCTでは以前、本線部分の1車線となる区間がボトルネックとなり、交通量の多い時期に渋滞が発生することがあったが、2017年12月20日に内回り・外回りともに2車線化された。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た菖蒲パーキングエリア

    圏央道にはサービスエリア (SA) は設置されていない。計画当初は高滝湖パーキングエリア (PA) がSAの予定であった。また、高滝湖PAと江戸崎PAには売店は設置されておらず、トイレ・自動販売機のみ(高滝湖PAはトイレのみ)が設置されている。売店は厚木PA・狭山PA・菖蒲PAに設置されており、このうち厚木PAの売店は24時間営業である。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

170件中 101 - 110件表示