土佐豊祐哉 ニュース&Wiki etc.

土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。 (出典:Wikipedia)

「安治川祐哉」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「土佐豊祐哉」のつながり調べ

  • 幕下付出

    幕下付出から見た土佐豊祐哉

    事実上大学4年時の主要大会の成績のみでデビュー時の番付に大差がつくという基準自体も問題視されている。史上最速タイの所要6場所で十両へ昇進した土佐豊祐哉、史上最速タイの十両昇進に加え史上最速の所要9場所で幕内へ昇進した常幸龍をはじめ、嘉風、片山信次、里山浩作、境澤賢一、木村山守などのように大学相撲の実力者は、少なくとも十両昇進までは前相撲デビューでもそのハンデを感じさせない。一方で、付出力士の中でも学生時代にやや実力が劣ると見られていた大岩戸義之、武誠山一成、吐合明文らは、十両に定着あるいは昇進できず低迷している(大岩戸は初土俵から9年かけて幕内昇進)。このような事態を懸念してか、大学4年生がタイトルを獲得しても自信がないことなどを理由にプロ入りを断念するケースが増加している。特に、2009年は学生選手権、国体、全日本選手権を全て大学4年生が制覇したにもかかわらず、翌年は幕下付出力士がいなかった。なお、仮に現在の基準を過去の力士に適用した場合、元大関出島武春(現・大鳴戸親方)は前相撲デビュー、同学年の元十両増健亘志(柳川信行)は15枚目格付出デビューとなる。(幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐市

    土佐市から見た土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉(大相撲力士)(土佐市 フレッシュアイペディアより)

「土佐豊祐哉」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「安治川祐哉」のニューストピックワード