前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉(時津風部屋 高知県土佐市出身) - 7戦全勝2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊

    土佐豊から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    土佐豊 フレッシュアイペディアより)

  • 清瀬海孝行

    清瀬海孝行から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    2007年1月の新弟子検査で合格した中に2006年アマチュア横綱の清瀬海、2006年高校横綱の栃乃若、2006年世界相撲選手権大会個人無差別級優勝の阿覧、大学の同期生で新弟子史上最重量の山本山が揃うという過去稀にみる豊作の世代と言われた(清瀬海以外は前相撲から。また2006年学生横綱の大翔湖や東京農業大学出身の土佐豊は1場所遅れで角界入り)。清瀬海孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川信行

    柳川信行から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉-高知工業高校の後輩柳川信行 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    森下祐哉(幕内・土佐豊祐哉・時津風部屋・高知県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝国英明

    北勝国英明から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    大相撲八百長問題の影響で5月技量審査場所においては関取に大量の欠員が出ていたこともあり、2011年7月場所では西幕下9枚目と長期休場する前の幕下上位まで番付を戻した。この場所は初日に敗れて連勝は21で止まったが、その後巻き返して最終的には5勝2敗の成績を残し、7月27日の番付編成会議で翌9月場所で番付外陥落者としては初となる20場所ぶりに十両に復帰することが決定した。北勝国の場合は初土俵からの数字ではないが、前相撲に転落した場所から数えて5場所での十両への昇進は、板井と土佐豊が持つ前相撲(初土俵)から6場所での十両昇進を上回る記録となった。その後は十両に定着していたが、自己最高位の東十両6枚目とした2012年7月場所を右膝外側靱帯損傷及び右脛骨剥離骨折で途中休場したため、翌9月場所では幕下へ陥落した。その後も出場することはなく、三段目に番付を落としていた2013年1月場所中日(1月20日)に、日本相撲協会から現役引退が発表された。断髪式は同年2月2日に行われた。北勝国英明 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋

    時津風部屋から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    2007年6月に起こった時津風部屋力士暴行死事件の責任を問われる形で、同年10月5日に15代時津風が日本相撲協会を解雇されたため、同年10月9日に部屋の幕内力士である時津海が急遽現役を引退して、16代時津風を襲名して部屋の師匠に就任した。16代時津風が部屋を継承して以降は、15代時津風が解雇される前に入門してきた土佐豊が幕内へ昇進している。時津風部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 常幸龍貴之

    常幸龍貴之から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    2012年1月場所に幕下に昇進し、11日目にデビューからの連勝記録を27に伸ばし、板井の持つデビューからの連勝記録26を抜いて史上1位を記録した。13日目に千昇に敗れて連勝記録は27で止まったものの、最終的には6勝1敗の好成績を挙げて優勝決定戦まで進出し、優勝決定戦でも8人によるトーナメント戦を制して幕下優勝を果たした。東幕下4枚目まで番付を上げた翌3月場所でも5勝2敗と勝ち越しを決め、翌5月場所において新十両へ昇進した。初土俵から所要6場所の十両昇進(幕下付け出しを除く)は板井と土佐豊と並ぶ史上1位タイのスピード記録となった。また、十両への昇進決定と同時に四股名を「佐久間山」から「常幸龍」へと改めた。四股名は2009年2月に亡くなった父親の名前から「幸」という1字を取って木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)が命名した。常幸龍貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 北太樹明義

    北太樹明義から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    東前頭15枚目で返り入幕となった2010年初場所では、13日目に土佐豊に勝ち、幕内では初となる勝ち越しを果たした。北太樹明義 フレッシュアイペディアより)

  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    2009年(平成21年)1月場所は14日目までで5勝9敗。千秋楽に十両の土佐豊に勇み足で敗れて5勝10敗におわり、翌3月場所は西十両3枚目まで番付を落とした。出直し場所となった翌3月場所は、12勝3敗で2度目の十両優勝を果たし、1場所で幕内に復帰。翌5月場所は西前頭11枚目。序盤まで3勝2敗だったが、11日目に勝ち越しを決め、最終的に11勝4敗の好成績を挙げた。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「安治川祐哉」のニューストピックワード