1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 玉大輝毅

    玉大輝毅から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    金沢市立工業高校時代は相撲部に所属していた。卒業後は大相撲の世界に入ることを決め、2007年3月場所に片男波部屋から初土俵を踏んだ。同期生には高校の同級生の能登東、4年先輩の丹蔵のほか、土佐豊、?真鵬、大翔湖、千代嵐らがいる。前相撲は1番出世だった。玉大輝毅 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    新十両で迎えた3月場所初日で清瀬海の変化で敗れた時に右肩を負傷、これが大きく響き、10日目で土佐豊に寄り切りで破れ、負け越しとなった。また、千秋楽も勝つことが出来ず、4勝11敗という十両デビューとなった。十両に昇格して2場所目、東13枚目で迎えた5月場所も、11日目の磋牙司戦に押し出しで破れた時点で8敗となり、2場所連続の負け越しが決まった。最終的に5勝10敗に終わり、十両2場所で一度も勝ち越すことなく幕下へ陥落となった。幕下陥落にあたり、再び四股名を本名の「福岡」に戻した。その7月場所は4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で1場所での十両復帰が決まった。その際、四股名を再び「隠岐の海」に戻した。十両復帰の9月場所は、12日目に十文字を寄り切りで破り、十両初の勝ち越しを決め、最終的に優勝次点となる10勝5敗の好成績を収めた。自身最高位で迎えた11月場所は、初日から4連敗と調子が出なかったものの、中日以降は調子を取り戻し、千秋楽で勝ち越しとなる8勝目を挙げ、2場所連続の勝ち越しを決めた。2010年1月場所は、初日から6連勝と好調な滑り出しだったが、7日目に安壮富士に敗れ、そこから3連敗。しかし、徐々に持ち直し、12日目で清瀬海に寄り切りで勝ち、3場所連続で勝ち越しを決めた。また、中日に初めて幕内の土俵に上がり、岩木山と対戦した。その際は、押し出しで敗れた。13日目にも幕内の土俵に上がり、栃乃洋と対戦した。その際は、上手投げで勝利した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 宝香鵬翔風

    宝香鵬翔風から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    高校相撲の名門である埼玉栄高校に入学し、相撲部に入部するまでは全く相撲経験が無かった。大相撲2006年5月場所を父親と共に両国国技館で観戦し、その帰りに両国散策をしていたところ、当時大関であった白鵬からスカウトを受けた。これを受け、親孝行をするために高校を2年で中退して白鵬の所属する宮城野部屋(元十両・金親)に入門、2007年3月場所で初土俵を踏む。初土俵時の四股名は「宝香山」。同期生には幕下付出入門の大翔湖や、土佐豊、?真鵬、千代嵐、丹蔵らがいる。宮城野部屋には他に同期生が2人いたが、いずれもすぐに引退している。この初土俵場所は前相撲で1番出世とし、大関白鵬の化粧回しを借りて新序出世披露を受けた。宝香鵬翔風 フレッシュアイペディアより)

  • 川成健人

    川成健人から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    そのスカウトを受け、健人少年は尾車部屋に入門。2007年3月場所で初土俵を踏んだ。香川県出身力士は2006年11月場所で五剣山(貴乃花部屋)が引退して以降は不在となっており、2場所ぶりの復活となった。同期生には大翔湖、土佐豊、?真鵬、千代嵐、丹蔵らがいる。前相撲は2番出世とした。この時の四股名は、本名と同じ「川成」。川成健人 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐市

    土佐市から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉(大相撲力士)土佐市 フレッシュアイペディアより)

  • 阿覧欧虎

    阿覧欧虎から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    2007年1月場所の前相撲で初土俵を踏み、翌3月場所では序ノ口で7戦全勝優勝を果たした。翌場所からは序二段を1場所で、三段目を2場所で通過し幕下に昇進した。2008年1月場所では連勝記録を「30」と伸ばしていた土佐豊に土を付けた。幕下でも勝ち越しを続け、7月場所での十両昇進が決定した。7月場所では、新十両で10勝5敗と二桁勝利をあげた。9月場所では、西十両6枚目に番付を上げ12勝3敗で十両優勝を果たし、11月場所で前相撲からの所要11場所(琴欧洲と並び史上最速タイ)での新入幕を果たした。阿覧欧虎 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    事実上大学4年時の主要大会の成績のみでデビュー時の番付に大差がつくという基準自体も問題視されている。史上最速タイの所要6場所で十両へ昇進した土佐豊祐哉、史上最速タイの十両昇進に加え史上最速の所要9場所で幕内へ昇進した常幸龍をはじめ、嘉風、片山信次、里山浩作、境澤賢一、木村山守などのように大学相撲の実力者は、少なくとも十両昇進までは前相撲デビューでもそのハンデを感じさせない。一方で、付出力士の中でも学生時代にやや実力が劣ると見られていた大岩戸義之、武誠山一成、吐合明文らは、十両に定着あるいは昇進できず低迷している(大岩戸は初土俵から9年かけて幕内昇進)。このような事態を懸念してか、大学4年生がタイトルを獲得しても自信がないことなどを理由にプロ入りを断念するケースが増加している。特に、2009年は学生選手権、国体、全日本選手権を全て大学4年生が制覇したにもかかわらず、翌年は幕下付出力士がいなかった。なお、仮に現在の基準を過去の力士に適用した場合、元大関出島武春(現・大鳴戸親方)は前相撲デビュー、同学年の元十両増健亘志(柳川信行)は15枚目格付出デビューとなる。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 3月10日

    3月10日から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    1985年 - 土佐豊祐哉、大相撲力士3月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 十両

    十両から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    日本相撲協会の現行内規では前相撲から十両昇進まで最低6場所(三段目までの各階級で1場所ずつ、幕下では2場所)の経験が必要で、板井・土佐豊・常幸龍の3人が前相撲(初土俵)から6場所での十両昇進を果たしている。幕下付出の場合は、十両から陥落する力士の数との兼ね合いもあるが、10枚目格・15枚目格共に、7戦全勝することで1場所での十両昇進が可能である。2006年5月場所では付出制度が現行のものになってから初めて下田が15枚目格付出で7戦全勝を果たしたが、十両からの陥落力士が少なく、1場所での昇進はならなかった。旧制度の60枚目格付出の時代には、輪島・長岡(後の大関・朝潮)・武双山・雅山の4人が2場所での十両昇進を果たしている。十両 フレッシュアイペディアより)

  • 板井圭介

    板井圭介から見た土佐豊祐哉土佐豊祐哉

    同年9月場所で初土俵を踏んだが幕下付出の申請をせず、前相撲から取った。実業団相撲で4年以上養った実力は伊達ではなく、序ノ口から三段目まで3場所連続優勝し、26連勝という当時のデビューからの最多連勝記録を打ち立てた(2012年1月場所で常幸龍貴之が更新。因みに連勝を止めたのは、元小結大錦)。翌年9月場所、序ノ口から5場所で十両にスピード昇進した(戦後では土佐豊、常幸龍と並ぶ1位タイ)。十両昇進と同時に、四股名を「板井」から師匠と同じ「高鐵山(こうてつやま)」に改名。板井圭介 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「安治川祐哉」のニューストピックワード