前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た双津竜順一

    新十両となった3月場所は場所前に前師匠と兄弟子が序ノ口力士暴行死事件で逮捕、書類送検された余波もあってか中盤まで不振が続き、その後持ち直したものの12日目に右足の指を痛めた影響もあり6勝9敗に終わり、5月場所は幕下筆頭に陥落したが勝ち越して7月場所には十両に復帰しその場所で勝ち越し、9月場所は11勝4敗と好成績をあげた。十両二枚目で迎えた11月場所では千秋楽で負け越して新入幕を逃した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た阿覧欧虎

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た琴欧洲勝紀

    自己最高位の東前頭筆頭であった2011年7月場所は、3日目の琴欧洲戦で負傷してしまい、4日目から人生初の途中休場。全治3ヶ月とされていたが翌9月場所は強行出場して大きく負け越し、11月場所では十両に陥落。1場所で幕内へ戻ったがまた大きく負け越して十両へ落ちると、陥落場所で古傷を痛めて途中休場。以降十両でも負け越しが続き、2012年7月場所では再び負傷のため8日目から途中休場、翌9月場所以降も休場を続けており、現在は三段目まで番付が降下している。2013年3月場所に復帰する予定である。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た丹蔵隆浩

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た豊山勝男

    四股名は出身地の土佐と祖父の戒名の一字の豊を組み合わせたものである(先々代の時津風親方など、部屋ゆかりの四股名・豊山の豊、とは言っていない)としている(改名は先述の事件より前)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た柳川信行

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た板井圭介

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た大相撲

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た力士

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見たゴリラ

    顔立ちがゴリラに似ていると言われており、ゴリラの顔が描かれた化粧廻しも贈られている。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「安治川祐哉」のニューストピックワード