28件中 11 - 20件表示
  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た時津風部屋

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た土佐国

    四股名は出身地の土佐と祖父の戒名の一字の豊を組み合わせたものである(先々代の時津風親方など、部屋ゆかりの四股名・豊山の豊、とは言っていない)としている(改名は先述の事件より前)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た土佐市

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た戒名

    四股名は出身地の土佐と祖父の戒名の一字の豊を組み合わせたものである(先々代の時津風親方など、部屋ゆかりの四股名・豊山の豊、とは言っていない)としている(改名は先述の事件より前)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た血液型

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た前相撲

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た高校横綱

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た身長

    土佐豊 祐哉(とさゆたか ゆうや、1985年3月10日 - )は、高知県土佐市出身で時津風部屋所属の現役大相撲力士。本名は森下祐哉(もりした ゆうや)、愛称はゴリ。身長178cm、体重134kg、血液型はO型。得意技は右四つ、投げ。最高位は東前頭筆頭(2011年7月場所)。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た東洋大学

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐豊祐哉

    土佐豊祐哉から見た高知県立高知工業高等学校

    高知県立高知工業高等学校時代に高校横綱のタイトルを獲得し、東京農業大学に進学した。学生相撲でも活躍するが幕下付出対象のタイトル獲得は果たせなかった。2007年3月場所に前相撲で初土俵を踏み、一番出世を果たした。高知工高卒業者の角界入りは柳川信行以来。5月場所を序ノ口で6勝1敗とすると、7月場所から11月場所まで序二段・三段目・幕下の各段を三場所連続で優勝すると、翌2008年1月場所は東幕下4枚目で5勝2敗とし、高鐵山(後の小結・板井)に並ぶ史上最速タイの、前相撲からの所要6場所での十両昇進を果たした。この間、2007年5月場所6日目に東洋大学出身で同期の寺下に敗れてから、2008年1月場所11日目に阿覧に敗れるまで、幕下以下の連勝記録では最長となる30連勝を記録した。土佐豊祐哉 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「安治川祐哉」のニューストピックワード