前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た土肥義弘土肥義弘

    はファームでの活躍が認められ6月17日に3年ぶりに一軍登録されると、当日の横浜戦(フルスタ宮城)で8番左翼手として先発出場した。その試合で2回の裏に逆転となる2点タイムリー二塁打を土肥義弘から放ち、プロ初打点を挙げた。試合終了後は初のヒーローインタビューを経験し、緊張した口ぶりで話した。しかし調子を落とし、一軍に不足していた投手陣と入れ替えるようにして7月9日に二軍落ち。その約2週間後に左のハムストリングを痛め、最終日まで一軍復帰は果たせなかった。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た土肥義弘土肥義弘

    プロ一年目のはイースタン・リーグで8打席連続安打を記録し、6月4日の対埼玉西武ライオンズ戦で、小久保裕紀に代わり1軍登録、即先発出場を果たした。9回裏に清水崇行がサヨナラ犠飛を放つが、そのきっかけとなった三塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。8月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦では1番・二塁手でスタメン出場すると、5打数4安打の猛打賞の活躍を見せたほか、10月5日の対横浜ベイスターズ戦では土肥義弘からプロ初本塁打を放った。脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た土肥義弘土肥義弘

    、交流戦初年度に12本を放ち、交流戦本塁打王になる(タイで4人受賞)。レギュラーシーズンでは不調期間が長く安定感には欠けたが、5月3日から、1試合を除く全試合に4番で出場。横浜・土肥義弘からプロ入り初の3打席連続本塁打を放つなど、シーズンでは34本塁打を記録し、低迷するチームの中で孤軍奮闘の活躍をみせた。FA権を取得したが、入団時に2年+1年(球団側に選択権がある)オプションの最高3年契約を結んでおり、球団がこのオプションを行使し、巨人に残留した。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋薫

    高橋薫から見た土肥義弘土肥義弘

    南稜高校時代は2年秋から主将を務め、エースで打線の中軸も任されていた。埼玉のドクターKと呼ばれ、2年の冬には県選抜チームに入って土肥義弘らとともに台湾遠征に参加している。3年夏の選手権大会では埼玉県大会で自校初の準決勝進出を果たしたものの、木塚敦志や久保田智を擁する浦和学院に敗れた。高橋薫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た土肥義弘土肥義弘

    西:涌井 (8回) - シコースキー (0回1/3) - 小野寺 (0回2/3) - H岡本篤 (1回) - ●土肥 (0回0/3) - 長田 (1回)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • デーモン・ホリンズ

    デーモン・ホリンズから見た土肥義弘土肥義弘

    初盗塁:2007年4月24日、対横浜ベイスターズ4回戦(フルキャストスタジアム宮城)、2回裏に二盗(投手:土肥義弘、捕手:相川亮二)デーモン・ホリンズ フレッシュアイペディアより)

  • 下窪陽介

    下窪陽介から見た土肥義弘土肥義弘

    初出場:2007年3月31日、対読売ジャイアンツ2回戦(横浜スタジアム)、8回裏に土肥義弘の代打で出場下窪陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 田崎昌弘

    田崎昌弘から見た土肥義弘土肥義弘

    2004年シーズン途中に、土肥義弘投手との交換トレードで東和政投手と共に西武ライオンズへ移籍した。田崎昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • ランカスター・バーンストーマーズ

    ランカスター・バーンストーマーズから見た土肥義弘土肥義弘

    土肥義弘(2011年、元:埼玉西武、横浜)ランカスター・バーンストーマーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東和政

    東和政から見た土肥義弘土肥義弘

    2004年6月23日、土肥義弘投手との交換トレードで田崎昌弘投手と共に横浜ベイスターズから西武ライオンズへ移籍。東和政 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「土肥義弘」のニューストピックワード