54件中 31 - 40件表示
  • 9月1日

    9月1日から見た土肥義弘土肥義弘

    1976年 - 土肥義弘、プロ野球選手9月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 本柳和也

    本柳和也から見た土肥義弘土肥義弘

    中学3年時、甲子園で春日部共栄高校の小柄な投手が好投する姿を見て同校への進学を決意した。高校時代は、土肥義弘の控え投手。2年時にチームは甲子園で準優勝するがベンチ入りならず、3年夏はベンチ入りも埼玉大会の決勝で浦和学院高等学校に0-7で敗れ甲子園出場を逃した。本柳和也 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た土肥義弘土肥義弘

    初盗塁:2002年6月19日、対西武ライオンズ11回戦(西武ドーム)、5回表に二盗(投手:土肥義弘、捕手:伊東勤)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 北川智規 (野球)

    北川智規 (野球)から見た土肥義弘土肥義弘

    県内屈指の進学校である埼玉県立川越高等学校ではエースを務めた。2年の夏の甲子園埼玉県大会では、4回戦で土肥義弘のいる春日部共栄に敗れた。北川智規 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 春日部共栄中学高等学校

    春日部共栄中学高等学校から見た土肥義弘土肥義弘

    土肥義弘(元プロ野球・埼玉西武ライオンズ)春日部共栄中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見た土肥義弘土肥義弘

    プロ1年目の2011年に右肩を痛めて以降は球速が140km/h台に落ち込んだものの、本人は大学時代のような速球で空振りを奪う投球を理想に掲げ、速球を中心としたスタイルを維持している。投手コーチの土肥義弘は大石のストレートが独特な球筋を持つことを指摘し、球速がなくても打者を詰まらせることができると評価した。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • LIONS CHANNEL

    LIONS CHANNELから見た土肥義弘土肥義弘

    土肥義弘(2012年12月31日 - 2014年10月20日)LIONS CHANNEL フレッシュアイペディアより)

  • 金子誠

    金子誠から見た土肥義弘土肥義弘

    常総学院高校で甲子園には春夏合わせて3回出場。高校時代は遊撃手をしていた。3年夏(・第75回選手権大会)は、準決勝で土肥義弘を擁する春日部共栄高校に敗退。同大会では全試合で安打を記録した。同年秋のドラフト会議で日本ハムに3位指名されて入団した。金子誠 フレッシュアイペディアより)

  • 今永昇太

    今永昇太から見た土肥義弘土肥義弘

    ''、チームの本拠地開幕戦だった4月4日の対巨人戦に、先発投手としてシーズン初登板。同点で迎えた7回表に、小林誠司への投球中(通算104球目)に左脚を痛めたため、緊急降板を余儀なくされた。翌5日には練習へ復帰したものの、当初の予定通りに先発した12日の対阪神戦(横浜)では、プロ入り後自己ワーストの8失点でシーズン初黒星を喫した。次に先発した4月19日の対広島戦(マツダ)では、1回裏無死から2番打者・菊池涼介に単打を許したものの、1被安打・4与四球という内容でシーズン初勝利をプロ初完投・初完封で記録。NPBの一軍公式戦に先発した投手が、初回無死に1安打を許しただけで9回完封勝利を収めた事例は、川村丈夫が1998年4月3日に対阪神戦(横浜)で記録して以来19年振りであった。その後8月10日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で前年を上回る9勝目、次に登板した17日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)で10勝目を挙げた。球団の左投手による一軍公式戦でのシーズン2桁勝利は、土肥義弘が横浜時代のに達成して以来13年振り。生え抜きの左投手に限れば、吉見祐治が横浜時代のに達成して以来15年振りであった。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦でチームトップの11勝をマーク。セ・リーグの最終規定投球回に到達した左投手では1位(右投手を含めればリーグ5位)となる2.98を記録するなど、先発陣の一角で安定した投球を続け、チームの2年連続CS進出に貢献した。今永昇太 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山巧

    栗山巧から見た土肥義弘土肥義弘

    初盗塁:2005年5月21日、対横浜ベイスターズ2回戦(横浜スタジアム)、3回表に二盗(投手:土肥義弘、捕手:相川亮二)栗山巧 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「土肥義弘」のニューストピックワード