前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たタフィ・ローズ

    ルーキーイヤーのは1試合のみの登板だった。からは、主に対左打者のワンポイントとして一軍に定着、先発、リリーフとも左投手不足だった当時の西武では貴重な存在でタフィ・ローズ(当時大阪近鉄バファローズに在籍)キラーとして名を挙げた。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た菊池雄星

    、母校春日部共栄で臨時コーチを務め、9年ぶりの夏の甲子園出場に貢献、同年、10月11日に西武の一軍投手コーチへの就任が発表された。菊池雄星の投球フォームの迷いを克服するのに一役買った。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た金本知憲

    は4月1日の開幕第2戦の巨人戦に登板。小久保のソロ本塁打の1失点に抑え、勝利投手となり2006年チーム初勝利をもたらした。しかし、5月6日の阪神タイガース戦で金本知憲の打球を手に受けて登録抹消となり、その後首も痛めたこともあって3勝7敗防御率6.02の成績で終わった。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た星野智樹

    4月28日に一軍昇格したが、不調で5月18日に二軍落ち。シーズン終盤の9月27日に再昇格を果たした。しかし、最終成績は12試合の登板に終わった。前年取得した国内FA権は行使せずに残留。翌は一軍でスタートするものの、開幕3試合目に救援で打ち込まれ、最も酷い時には防御率が30点台後半にまで悪化した。しかし7月後半以降は持ち直し、同28日以降の20試合で防御率1.42と好成績で、星野智樹が不調で抜けた投手陣にあってほぼ唯一の左腕リリーフとして活躍した。ロッテとのクライマックスシリーズでは、第1戦の延長11回に福浦和也に決勝ソロ本塁打を打たれ、敗戦投手となった。翌日もチームは敗れ、CS敗退となった。10月25日、同年に取得した海外FA権を行使し、MLB挑戦を表明。球団も本人の希望を尊重し、慰留しなかった。11月28日(日本時間11月29日)、12月1日(日本時間12月2日)にカリフォルニア州にて行われた合同トライアウトに参加した。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た福浦和也

    4月28日に一軍昇格したが、不調で5月18日に二軍落ち。シーズン終盤の9月27日に再昇格を果たした。しかし、最終成績は12試合の登板に終わった。前年取得した国内FA権は行使せずに残留。翌は一軍でスタートするものの、開幕3試合目に救援で打ち込まれ、最も酷い時には防御率が30点台後半にまで悪化した。しかし7月後半以降は持ち直し、同28日以降の20試合で防御率1.42と好成績で、星野智樹が不調で抜けた投手陣にあってほぼ唯一の左腕リリーフとして活躍した。ロッテとのクライマックスシリーズでは、第1戦の延長11回に福浦和也に決勝ソロ本塁打を打たれ、敗戦投手となった。翌日もチームは敗れ、CS敗退となった。10月25日、同年に取得した海外FA権を行使し、MLB挑戦を表明。球団も本人の希望を尊重し、慰留しなかった。11月28日(日本時間11月29日)、12月1日(日本時間12月2日)にカリフォルニア州にて行われた合同トライアウトに参加した。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た小久保裕紀

    には先発投手として初めて1年間投げ抜き規定投球回数をクリア、初の二桁勝利となる10勝を挙げた。特に巨人戦は7勝1敗の成績を挙げ交流戦でも古巣西武から2勝0敗の成績だった、一方残りの球団からは1勝10敗と極端な成績に終わり被本塁打もリーグトップの30本を記録。尚、得意の巨人戦で初黒星を喫した8月24日には巨人の4番小久保裕紀に3打席連続本塁打を打たれた。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た埼玉西武ライオンズ

    土肥 義弘(どい よしひろ、1976年9月1日 - )は、埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。2015年より埼玉西武ライオンズの一軍投手コーチを務める。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たプリンスホテル

    、第75回全国高等学校野球選手権大会に出場し準優勝を果たす。高校卒業後は社会人野球のプリンスホテルに入社。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た読売ジャイアンツ

    同年7月7日の対巨人戦で、タフィ・ローズを併殺打に打ち取り1球勝利で移籍後初勝利をあげた。その後左の先発投手が不足していたチーム事情から先発に転向し、この年は5勝を挙げる。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たカリフォルニア州

    4月28日に一軍昇格したが、不調で5月18日に二軍落ち。シーズン終盤の9月27日に再昇格を果たした。しかし、最終成績は12試合の登板に終わった。前年取得した国内FA権は行使せずに残留。翌は一軍でスタートするものの、開幕3試合目に救援で打ち込まれ、最も酷い時には防御率が30点台後半にまで悪化した。しかし7月後半以降は持ち直し、同28日以降の20試合で防御率1.42と好成績で、星野智樹が不調で抜けた投手陣にあってほぼ唯一の左腕リリーフとして活躍した。ロッテとのクライマックスシリーズでは、第1戦の延長11回に福浦和也に決勝ソロ本塁打を打たれ、敗戦投手となった。翌日もチームは敗れ、CS敗退となった。10月25日、同年に取得した海外FA権を行使し、MLB挑戦を表明。球団も本人の希望を尊重し、慰留しなかった。11月28日(日本時間11月29日)、12月1日(日本時間12月2日)にカリフォルニア州にて行われた合同トライアウトに参加した。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「土肥義弘」のニューストピックワード