56件中 11 - 20件表示
  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た埼玉西武ライオンズ

    1997年のドラフトで西武ライオンズに4位で指名され、入団。背番号は35。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た東京ヤクルトスワローズ

    一方巨人以外の球団には総じて分が悪く、特に巨人キラーの名が定着した2005年は、巨人戦とセ・パ交流戦での古巣西武戦以外は1勝10敗で、その1勝はシーズン終盤の10月8日のヤクルトスワローズ戦であった。なお、土肥は先発初勝利をヤクルト戦で挙げている。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た山内泰幸

    移籍1年目の2004年から5勝中3勝を巨人戦で挙げると、2005年は必ず巨人戦で投げるように登板機会が調整されたこともあり、この年だけで7勝を挙げた。8月24日に小久保裕紀から3打席連続でホームランを打たれて初黒星を喫するまで、前年からの通算で8連勝をマークした。巨人戦初登板からの8連勝は1979年の小林繁(当時阪神タイガース)と並ぶ歴代2位タイの数字である(1位は山内泰幸の10連勝。また初登板からに限らなければ権藤博が巨人戦11連勝を記録している)。この年は初完投勝利・初完封勝利も共に巨人戦で記録している。翌年以降は土肥自身が不調や故障で登板機会が減ったこともあり、横浜退団までの3年間で3勝3敗であった。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た東和政

    、先発転向を希望したが西武ではあくまでも中継ぎ要員としての評価で、一軍出場のないままシーズン途中に田崎昌弘・東和政とのトレードで横浜ベイスターズに移籍。横浜移籍は結果的にその年から読売ジャイアンツへ移籍したローズを追いかけるような形となったが、移籍初勝利は7月7日の巨人戦で、そのローズを併殺打に打ち取って挙げた1球勝利であった。その後左の先発投手が不足していたチーム事情から先発に転向し、この年は5勝を挙げる。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た田崎昌弘

    、先発転向を希望したが西武ではあくまでも中継ぎ要員としての評価で、一軍出場のないままシーズン途中に田崎昌弘・東和政とのトレードで横浜ベイスターズに移籍。横浜移籍は結果的にその年から読売ジャイアンツへ移籍したローズを追いかけるような形となったが、移籍初勝利は7月7日の巨人戦で、そのローズを併殺打に打ち取って挙げた1球勝利であった。その後左の先発投手が不足していたチーム事情から先発に転向し、この年は5勝を挙げる。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た金澤健人

    初安打・初打点:2004年7月21日、対阪神タイガース15回戦(横浜スタジアム)、4回裏に金澤健人から左前適時打土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た野口寿浩

    初奪三振:同上、4回裏に野口寿浩から土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た全国高校野球選手権大会

    1993年、第75回全国高校野球選手権大会に出場し準優勝を果たす。高校卒業後は社会人野球のプリンスホテルに入社。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た川口市

    土肥 義弘(どい よしひろ、1976年9月1日 - )は、埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)出身の元プロ野球選手(投手)。現役引退後の2013年からは、文化放送の野球解説者を務めている。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たカリフォルニア州

    は一軍でスタートするものの、開幕3試合目に救援で打ち込まれてしまう。その後も「投げれば打たれる状態」が続き、最も酷い時には防御率が30点台後半にまで悪化した。しかし7月後半以降は持ち直し、同28日以降の20試合で防御率1.42と好成績を挙げる。星野智樹が不調で抜けた投手陣にあってほぼ唯一の左腕リリーフとして活躍した。10月25日、同年に取得した海外FA権を行使し、MLB挑戦を表明。球団も本人の希望を尊重し、慰留しなかった。11月28日(日本時間11月29日)、12月1日(日本時間12月2日)にカリフォルニア州にて行われた合同トライアウトに参加した。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「土肥義弘」のニューストピックワード