58件中 41 - 50件表示
  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た投手

    土肥 義弘(どい よしひろ、1976年9月1日 - )は、埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。2015年より埼玉西武ライオンズの一軍投手コーチを務める。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たプロ野球選手

    土肥 義弘(どい よしひろ、1976年9月1日 - )は、埼玉県鳩ヶ谷市(現・川口市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。2015年より埼玉西武ライオンズの一軍投手コーチを務める。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たサマーリーグ

    からはテレビ埼玉・文化放送・テレ朝チャンネルの野球解説者として活動。また『TVSライオンズアワー』(テレビ埼玉)ではリポーターを務める。6月15日にカリフォルニア州サンディエゴに本拠地をおくサマーリーグ球団「サムライ サンディエゴ」の投手コーチとして入団することが発表された。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たランカスター・バーンストーマーズ

    6月、アメリカの独立リーグであるアトランティックリーグのランカスター・バーンストーマーズと契約合意したが、就労ビザを取得できなかったため、公式戦登板はなかった。1月、ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ。しかし、3月31日に高年齢を理由に解雇。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た横浜DeNAベイスターズ

    、先発転向を希望したが西武ではあくまでも中継ぎ要員としての評価で、一軍出場のないままシーズン途中に田崎昌弘・東和政との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た併殺打

    同年7月7日の対巨人戦で、タフィ・ローズを併殺打に打ち取り1球勝利で移籍後初勝利をあげた。その後左の先発投手が不足していたチーム事情から先発に転向し、この年は5勝を挙げる。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見たリリーフ

    ルーキーイヤーのは1試合のみの登板だった。からは、主に対左打者のワンポイントとして一軍に定着、先発、リリーフとも左投手不足だった当時の西武では貴重な存在でタフィ・ローズ(当時大阪近鉄バファローズに在籍)キラーとして名を挙げた。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た防御率

    4月28日に一軍昇格したが、不調で5月18日に二軍落ち。シーズン終盤の9月27日に再昇格を果たした。しかし、最終成績は12試合の登板に終わった。前年取得した国内FA権は行使せずに残留。翌は一軍でスタートするものの、開幕3試合目に救援で打ち込まれ、最も酷い時には防御率が30点台後半にまで悪化した。しかし7月後半以降は持ち直し、同28日以降の20試合で防御率1.42と好成績で、星野智樹が不調で抜けた投手陣にあってほぼ唯一の左腕リリーフとして活躍した。ロッテとのクライマックスシリーズでは、第1戦の延長11回に福浦和也に決勝ソロ本塁打を打たれ、敗戦投手となった。翌日もチームは敗れ、CS敗退となった。10月25日、同年に取得した海外FA権を行使し、MLB挑戦を表明。球団も本人の希望を尊重し、慰留しなかった。11月28日(日本時間11月29日)、12月1日(日本時間12月2日)にカリフォルニア州にて行われた合同トライアウトに参加した。土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た西武ドーム

    初ホールド:2009年4月28日、対福岡ソフトバンクホークス4回戦(西武ドーム)、7回表に2番手で救援登板、1回無失点土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥義弘

    土肥義弘から見た神戸総合運動公園野球場

    初セーブ:2003年9月15日、対オリックス・ブルーウェーブ24回戦(Yahoo! BBスタジアム)、9回裏2死に4番手で救援登板・完了、1/3回を無失点土肥義弘 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「土肥義弘」のニューストピックワード