251件中 91 - 100件表示
  • 2児拉致事件

    2児拉致事件から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    1973年12月に埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)在住の渡辺秀子が拉致され、工作員グループによって活動拠点だった朝鮮総連の金炳植第一副議長が設立した東京都品川区の貿易会社ユニバース・トレイディングの内部で工作員の男に絞め殺されるとともに、6歳の長女・敬美と3歳の長男・剛の2人が拉致され、1974年6月に北朝鮮に連行されたとされる事件。渡辺秀子殺害についての警察の事情聴取では、ユニバース・トレイディングの関係者によって「箱に入れ石を詰めて捨てた」「遺棄場所は山形と秋田の県境」などの証言がなされていたが遺体発見にはいたっていない。2児拉致事件 フレッシュアイペディアより)

  • 凍土の共和国

    凍土の共和国から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    かつて、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)は北朝鮮に関するネガティブな報道が行われるたびに、報道機関に対して組織的な抗議運動を繰り広げた。日本社会の「良心的」と評される人々が北朝鮮に共感し、あるいは批判を差し控えようとする風潮も強かった。当事者である在日朝鮮人たちも、日本社会からの孤立や、対立する体制を利するといった意識、周囲との関係や北朝鮮に帰還した係累に災いが及ぶという懸念から、北朝鮮の実情について積極的に語ろうとする者は少なかった。凍土の共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 別冊宝島Real

    別冊宝島Realから見た在日本朝鮮人総連合会在日本朝鮮人総聯合会

    北朝鮮・朝鮮総聯批判を展開した『北朝鮮利権の真相』、“部落問題に絡む利権・汚職などの闇の部分”を取り上げた『同和利権の真相』シリーズ、“行き過ぎたフェミニズム”を批判した『まれに見るバカ女』シリーズ、『男女平等バカ』などが有名。同時に、取り上げられた対象からの批判や反論も多い。別冊宝島Real フレッシュアイペディアより)

  • 角田義一

    角田義一から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    2007年1月、2001年の第19回参議院議員通常選挙の際、角田の選挙対策本部は個人・企業・団体からの献金の一部を政治資金収支報告書に記載していなかったとの疑惑が報じられた。角田の選挙対策本部が作ったとされる会計帳簿が流出、同帳簿には個人や企業・団体から「陣中見舞い」等の名目で総額2517万円の入金があったと記されていた。しかし角田の政治団体や当時角田が会長をつとめていた民主党群馬県連の政治資金収支報告書等にはこの入金が記載されていなかったため、角田に対する闇献金があったのではないかとの疑惑が浮上した。更に朝鮮総連系の団体から50万円の入金があったとの記載もあり、政治資金規正法によって禁止されている外国人からの献金を受けていた疑いも持たれるに至ったが、当時の角田事務所の会計責任者は「会計帳簿が見当たらない。事実関係を確認するすべがない」と述べ、角田本人も「私は金の出入りは知らない」と説明、不正献金疑惑に対して肯定も否定もしないという釈然としない対応に終始した。流出した帳簿の真偽についても言を左右にし、紛失した本物なのか偽物なのか調査もしないという不可解な態度をとる一方で、疑惑を放置したまま参議院副議長の職に留まる意向を示したため、与野党から批判を浴びるに至った。結局角田は疑惑については釈明せぬまま、「参議院副議長の職に留まることは国会全体の運営に影響する」との理由から参議院副議長を辞任した。角田の副議長辞任後は疑惑そのものも事実がはっきりせぬまま終わった。角田義一 フレッシュアイペディアより)

  • 李鍾植

    李鍾植から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    また拉致問題に関して、在日朝鮮人として日本に生まれ育ち、在日韓国諜報部員として働いた著者の目からみて、北朝鮮工作員らの教育係や日本語教師の役目をさせるために、日本人をわざわざ拉致することの不自然さを述べている。日本には、日本語と朝鮮語の両方に堪能な在日朝鮮人・在日韓国人は数多く存在していること。また、朝鮮総連の事務所が日本全国にあり、在日朝鮮人が日本の風習や生活習慣に精通するのは難しいことではなく、「祖国訪問」の名目で北朝鮮へも渡航できたため、日本人拉致は逆にリスクが高いと疑問を投げかけている。この事件の背景について著者は、映画好きで『007シリーズ』ファンでもある金正日が、父親金日成から朝鮮労働党調査部の実権を授けられた頃からジェームズ・ボンドよろしく荒唐無稽な作戦を立案し、それを実行したがために起こってしまった可能性に言及している。李鍾植 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2012年 2月

    訃報 2012年 2月から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    2月19日 - 徐萬述、朝鮮民主主義人民共和国出身(在日朝鮮人)の活動家、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)中央常任委員会議長(* 1924年?)訃報 2012年 2月 フレッシュアイペディアより)

  • 東亜会

    東亜会から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    1957年、アジア主義に共鳴し信奉する町井久之(本名は鄭建永)が、「東洋の声に耳を傾ける」と云う理念のもと、在日朝鮮人連盟(現:朝鮮総連)や在日朝鮮統一民主戦線などへの防波堤として、東京都銀座で反共産主義の思想団体・東声会を結成した。東亜会 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮日報

    朝鮮日報から見た在日本朝鮮人総連合会在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総聯)の機関紙「朝鮮新報」とは無関係。朝鮮日報 フレッシュアイペディアより)

  • 朝堂院大覚

    朝堂院大覚から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    2007年にTSK・CCCターミナルビルのテナントとして所有者と退去問題に付いて交渉を行う(最終的に同ビルは2008年3月に解体された)。 また同年、東京都の不動産会社の元社長より朝鮮総連中央本部の不動産の購入を持ち掛けられる(最終的には「別の買い手が見つかった」として購入はしていない)。朝堂院大覚 フレッシュアイペディアより)

  • 金子哲夫

    金子哲夫から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    2001年12月7日に、当時の社民党副党首である渕上貞雄参議院議員や朝鮮総連副議長らとともに警視庁を訪問し、「朝鮮総聯中央本部に対する強制捜査は不当な政治弾圧」という決議文を伝達した。警察庁の幹部は、朝鮮総連幹部に国会議員が同行したことに「経済事件でバッジ(国会議員)が来るとは何事だ」と激怒し、警察庁は抗議文を内容証明付きで送り返した。金子哲夫 フレッシュアイペディアより)

251件中 91 - 100件表示

「在日本朝鮮人総連合会」のニューストピックワード