314件中 11 - 20件表示
  • 朝銀信用組合

    朝銀信用組合から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    1967年、国税当局(関東国税局)の査察を実力で拒否した結果、同局の職員が機動隊に守られて職務を遂行するという前代未聞の事件(同和信用組合事件)を起し、後に国税庁との五項目の合意事項の締結に発展した。また、バブル崩壊後に破綻が相次いだ際は、その原因の不明瞭さとそれに関連した朝鮮総連中央本部への強制捜査に伴う一部の在日朝鮮人による組織的な反発活動、および破綻処理に伴う1兆円以上の公的資金導入などから朝銀事件とも呼ばれた。朝銀信用組合 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮総連本部ビル売却問題

    朝鮮総連本部ビル売却問題から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    朝鮮総聯本部ビル売却問題(ちょうせんそうれんほんぶビルばいきゃくもんだい)とは、2007年6月に発覚した、朝鮮総聯本部ビルの建物及び敷地の不透明な売買に関する問題のことを指す。朝鮮総連の利権を守るために複数の国会議員や政府関係者が関与したとされる。朝鮮総連本部ビル売却問題 フレッシュアイペディアより)

  • 五項目の合意事項

    五項目の合意事項から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    五項目の合意事項(ごこうもくのごういじこう)とは、1976年(昭和51年)10月に朝鮮総連系の在日本朝鮮人商工連合会(朝鮮商工連)と国税庁との間に取り交わされたとされる五項目の協定である。通称は「五箇条の御誓文」である。五項目の合意事項 フレッシュアイペディアより)

  • 祖国

    祖国から見た在日本朝鮮人総連合会在日本朝鮮人総聯合会

    在日本朝鮮人総連合会は、在日は日本在住の朝鮮公民であり、日本社会に同化すべきではないとの立場を取る。そのため、朝鮮学校で民族的アイデンティティーを養い、異国でも朝鮮人として生きていけるよう教育している。在日本朝鮮人総連合会の行う体系的な民族教育は、北朝鮮の独裁体制を賛美し、日本政府を敵視するなど、親北イデオロギー色が強いものとなっており、教育関係者の間ではしばしば批判の対象となっている。祖国 フレッシュアイペディアより)

  • 韓徳銖

    韓徳銖から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    韓 徳銖(ハン・ドクス、? ??、1907年2月18日 - 2001年2月21日)は、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)の初代議長。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)最高人民会議代議員を務めた。韓徳銖 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮労働党第7次大会

    朝鮮労働党第7次大会から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    2016年3月中旬になってようやく党大会に向けた正式な手続きが始まり、党大会に出席する候補者の選考が始まった。4月12日から13日にかけて朝鮮人民軍の代表会が開催され、党大会に出席する軍代表に金正恩が選出され、またこの時期には出席者の選出はほぼ終わった。4月30日には、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)の総連大阪府本部委員長である夫永旭を団長とした在日本朝鮮人祝賀団が党大会に参加するため平壌入りしている。5月2日に党大会参加者は平壌に到着し、市内のホテルに滞在を開始。牡丹峰楽団などの公演や、新規に建設された施設の見学、金正恩の名義の贈り物を受けるなど特別待遇を受けた。こうしたプレゼントは過去の党大会でも行われている。朝鮮労働党第7次大会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日本朝鮮人連盟

    在日本朝鮮人連盟から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    1945年(昭和20年)10月15日、日比谷公会堂で、在日本朝鮮人連盟が結成された。全国各地の代表4000人が集まった。結成時の綱領は「新朝建設に献身的努力を期す」「世界平和の恒常的維持を期す」「在日同胞の生活安定を期す」「帰国同胞の便宜と秩序を期す」「日本国民との互譲友誼を期す」「目的達成のために大同団結を期す」の6項目だった。金天海が、最高顧問に韓徳銖(後の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)議長)が、神奈川県本部委員長に就任した。東京駅八重洲口に在日本朝鮮人聯盟中央本部(朝聯会館)が設置された。在日本朝鮮人連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 在日韓国民主統一連合

    在日韓国民主統一連合から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    韓国では大法院の判決により、北朝鮮政府、及び朝鮮総連と共に「反国家団体」との判断が確定している。在日韓国民主統一連合 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋公献

    土屋公献から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    2007年6月に朝鮮総連が東京都千代田区の中央本部の土地および建物を緒方重威元公安調査庁 長官が代表取締役である投資顧問会社に売却する契約を締結した問題について、緒方は「この件は土屋公献から依頼された」と発言している。また売買において朝鮮総連の代理人であることを明らかにしている。その後、土屋は警察に任意で事情聴取されている。「資金提供者は一名で日本人、支払い前の登記は問題ない」「契約書は第三者向けに見せるものと2通作った」「現在は報道で名前を明かせない資金提供者がためらっているが、資金がでれば契約は実行される」と合法性を主張している。また訴訟そのものについても「整理回収機構の訴訟は総連組織の壊滅を狙うことが目的。これを許すことは日朝の国交回復の大きな障害となる」と主張している。土屋公献 フレッシュアイペディアより)

  • 在日朝鮮人の帰還事業

    在日朝鮮人の帰還事業から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    北朝鮮では帰国事業(きこくじぎょう、????)と呼び、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)が推進した運動という側面からは帰国運動(きこくうんどう、????)または帰還運動(きかんうんどう、????)と呼ばれる。朝鮮総連と対立関係にあった在日本大韓民国居留民団の立場からは、北送事業(ほくそうじぎょう、????)と呼び、「在日韓国(朝鮮)人の追放を計画した日本の政策に北朝鮮が便乗したもの」との主張がある。在日朝鮮人の帰還事業 フレッシュアイペディアより)

314件中 11 - 20件表示

「在日本朝鮮人総連合会」のニューストピックワード