251件中 71 - 80件表示
  • 新潟日赤センター爆破未遂事件

    新潟日赤センター爆破未遂事件から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    一方、北朝鮮は、1955年に在日朝鮮人が極左急進主義を弱めて設立した在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)と緊密な連携をとるようになった(朝鮮総連の前身の在日本朝鮮人連盟は日本国内にておこなっていた大規模な武装闘争(日本の裁判所や検察庁へ襲撃など)などで解散させられている)。また、北朝鮮は共産圏諸国の支援を受けることによって復興を遂げつつあり、在日朝鮮人にも在日朝鮮学校への支援などの資金援助をおこなった。韓国政府は北朝鮮に対し教育費の援助を止めるよう抗議を行ったが、韓国政府自身は支援を行わず、在日本大韓民国居留民団(現:在日本大韓民国民団)からの抗議を受けて支援を行ったものの、その額は北朝鮮の10分の1にとどまった。新潟日赤センター爆破未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • 結社の自由

    結社の自由から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    1974年、文世光事件で狙撃され夫人を失った大韓民国の朴正煕大統領は、朝鮮総聯が事件の黒幕であるとして、日本政府に朝鮮総聯への団体規制を強く求めたが、日本政府は、日本には結社の自由があるとし、また朝鮮総聯の事件への関与も認めずこれを拒否した。結社の自由 フレッシュアイペディアより)

  • 対日有害活動

    対日有害活動から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    北朝鮮による日本に対する非難声明や、朝鮮総連の活動についても対日工作としてみなしている。対日有害活動 フレッシュアイペディアより)

  • 西野瑠美子

    西野瑠美子から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    2000年8月に、第29回ピースボート「アジア未来航海」(北朝鮮クルーズ)の水先案内人(船上講師)として、同会がチャーターした北朝鮮船籍の万景峰号に同乗し平壌を訪問した。このとき西野らメンバーは、平壌で大歓迎を受けている。そのため北朝鮮・朝鮮総連とつながりがある人物とされている。西野瑠美子 フレッシュアイペディアより)

  • 犯行声明

    犯行声明から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    単なる自己顕示欲が目的なもの(神戸連続児童殺傷事件、てるくはのる事件など)から、社会的な問題を提起したいがための行動(朝鮮総連に対する抗議など)、またテロ集団としての自分たちの名を売るための行為(連続企業爆破事件、反米爆破テロなど)、わざと本来の動機とは異なる動機を表明して捜査を混乱させ時効を迎えやすくするなど、動機はさまざまである。犯行声明 フレッシュアイペディアより)

  • 学習組

    学習組から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    学習組(がくしゅうそ、ko:???)とは、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)とその傘下団体等の中に組織された非公然組織で、「偉大な首領、金日成元帥が組織し、親愛なる指導者、金正日同志が指導する在日朝鮮人金日成主義者の革命組織」。学習組 フレッシュアイペディアより)

  • 本田雅和

    本田雅和から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    かつて「差別者」だったことを自ら告白し、「被差別者」との連帯を標榜。部落解放同盟や朝鮮総連などと太いパイプを持って取材活動をおこなった。また、「差別の原因は、経済・社会構造そのもの。差別意識は単なる偏見や心の問題ではない」として<差別=金儲け説>を唱えた。本田雅和 フレッシュアイペディアより)

  • 金正男

    金正男から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    観光や密輸資金の回収などを目的に、日本に偽造パスポートを使い何度か密入国しているとされ、「東京ディズニーランド」にも出入りしていたと伝えられている。また来日時に赤坂の韓国バーなどで朝鮮総連関係者や暴力団関係者と接触していたと伝えるメディアもある。金正男 フレッシュアイペディアより)

  • 日朝文化交流協会

    日朝文化交流協会から見た在日本朝鮮人総聯合会在日本朝鮮人総聯合会

    1972年9月5日設立。「朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会」「朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会」「日朝学術教育交流協会」とともに「日朝連帯運動4団体」と呼ばれ、朝鮮総連と連携して北朝鮮の政策を支持してきた。日朝文化交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎朋子

    山崎朋子から見た朝鮮総連在日本朝鮮人総聯合会

    長崎県佐世保市生まれ、広島県呉市と広島市で育つ。本籍地は福井県。父は海軍士官の大畑正、母は三冊の歌集を持つ大畑晴子。1940年、父が艦長を務める伊号第六十七潜水艦が沈没し、父を喪う。1945年、広島市への原子爆弾投下前に母親の郷里福井県に移り終戦を迎える。1952年、福井大学教育学部二部を2年修了。福井県で小学校の教師をした後、54年、女優となることを夢見て上京、再度小学校教諭を務めるが一年で辞め、演劇の勉強をするうち、知り合った東京大学院生・金光澤と事実婚。しかし金は朝鮮総連学生部の委員長であり、ナショナリズムのゆえに日本人妻を忌避する風潮が現れ、金の許を去る。その後喫茶店で働きつつ、写真のモデルなどをしていたが、58年、一方的に朋子に執着した男に顔を傷つけられ、女優の夢を断たれる。同年、新宿の風月堂でウェイトレスをしていて、児童文化研究者・上笙一郎と知り合い、59年、結婚。上の本名である山崎を姓とする。(以上は自伝『サンダカンまで』に詳しい)山崎朋子 フレッシュアイペディアより)

251件中 71 - 80件表示

「在日本朝鮮人総連合会」のニューストピックワード

  • メモリーカードストアリニューアルセール開催中、SANDISKが全品200FF

  • あの位置では命取りに

  • アイントラハト・フランクフルト