前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
612件中 1 - 10件表示
  • 上矢部 (相模原市)

    上矢部 (相模原市)から見た在日米軍在日米軍

    上矢部(かみやべ)は、神奈川県相模原市中央区の地名である。境川に沿った上矢部一丁目〜上矢部五丁目と、在日米陸軍相模総合補給廠の一部で住居表示未実施の大字上矢部とからなる。上矢部 (相模原市) フレッシュアイペディアより)

  • 青山公園

    青山公園から見た在日米軍在日米軍

    1958年に在日米軍が接収解除した旧日本陸軍歩兵第3連隊兵舎敷地の西側(旧裏門・射撃場跡)を東京都が公園として整備し、1970年に開園した。園内の「麻布台懐古碑」は、かつて同地に駐留していた歩兵第3連隊と近衛歩兵第5連隊の関係者有志により1987年8月13日に建立された。なお、現在は旧兵舎敷地の東側(旧正門・兵舎跡)に国立新美術館と政策研究大学院大学が建ち、旧兵舎の一部が「国立新美術館別館」として保存されている。青山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 警察予備隊

    警察予備隊から見た在日米軍在日米軍

    1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争において、アメリカ軍は日本駐留部隊を朝鮮半島に出動させることとなった。その時点で日本駐留陸軍部隊は第8軍の4個師団(第1騎兵・第7歩兵・第24歩兵・第25歩兵)であり、九州駐留の第24歩兵師団は直ちに移動を開始している。その後、7月上旬には第8軍全部隊が朝鮮半島に移動することとなり、日本における防衛兵力・治安維持兵力が存在しないこととなった。警察予備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 府中通信施設

    府中通信施設から見た在日米軍在日米軍

    府中通信施設(ふちゅうつうしんしせつ、 Fuchu Communications Station、施設番号:FAC 3016)は、東京都府中市浅間町にあるアメリカ第5空軍374空輸航空団に所属する在日米軍通信施設。府中通信施設 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊急襲部隊

    特殊急襲部隊から見た在日米軍在日米軍

    2005年9月6日には沖縄県警察にSATが編成され、沖縄県警察学校において隊旗授与式が行われた。また他の部隊も増員されたことにより、SATは総員250名体制となり、翌2006年にはさらに部隊が増員され、総員300名体制となった。なお各報道機関は沖縄県警察にSATが新設された理由について「米軍基地へのテロ対策である」と報道した。一方、沖縄県警察は報道機関の取材に対して「島嶼県で事件発生時に、本土からの部隊派遣に時間がかかることが新設理由。米軍基地の集中をめぐる『対テロ重点配置』ではない」と述べている。特殊急襲部隊 フレッシュアイペディアより)

  • トモダチ作戦

    トモダチ作戦から見た在日米軍在日米軍

    本作戦では主要な在日米軍基地 (cf.) の多くが救助活動に活用された。トモダチ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球新報

    琉球新報から見た在日米軍在日米軍

    その論調は地方紙の中では左派的・進歩的で、非武装中立を主張し日米安全保障条約にも批判的である。歴史認識も進歩的な観点での主張に終始している。在日米軍の駐留そのものにも軍事行動以外の事柄に対しても批判的で、東日本大震災の際のトモダチ作戦と称した救援活動に対しても、最前線で活動する兵士の活動を含めて売名目的と厳しく批判したほぼ唯一の新聞である(トモダチ作戦を同じ論調で非難していた沖縄タイムズですら、最前線で活動する兵士を賞賛している)。また東日本大震災発生後も、その直前に報じられた「沖縄はゆすり・ごまかしの名人」と発言したとされるメア氏に対するバッシングを続けた。琉球新報 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

    日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約から見た在日米軍在日米軍

    Japan、昭和35年条約第6号)は、日本国とアメリカ合衆国の安全保障のため、日本にアメリカ軍(在日米軍)を駐留することなどを定めた二国間条約のことである。日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍のNHK受信料問題

    在日米軍のNHK受信料問題から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍のNHK受信料問題(ざいにちべいぐんのNHKじゅしんりょうもんだい)とは、在日米軍がNHK受信契約を拒否している問題である。在日米軍のNHK受信料問題 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部 (相模原市)

    矢部 (相模原市)から見た在日米軍在日米軍

    ほぼ全域が住宅地となっているが、矢部駅南口の周辺には通勤客や周辺住民を対象とする商店が集まっている。横浜線北側の広大な敷地を占める在日米陸軍相模総合補給廠の西門前から国道16号にかけての大通り沿いの区域は、通りをはさんだ相模原六丁目にまたがって西門商店街が形成され、国道16号沿いには多くのロードサイド店舗が立地している。当区域への中規模以上の工場の進出は見られない。矢部 (相模原市) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
612件中 1 - 10件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード

  • 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ

  • 目的外使用は明らか

  • 米本国への麻薬密輸に対処するための訓練をしている。戦争のためだけではない