612件中 91 - 100件表示
  • 並木 (所沢市)

    並木 (所沢市)から見た在日米軍在日米軍

    所沢市中央部に位置する。北原町・若松町・こぶし町・東新井町・西新井町・北有楽町・喜多町・弥生町・美原町・中新井と隣接している。かつては一帯が陸軍所沢飛行場であり、戦後はアメリカ軍に接収され基地となっていた。1971年(昭和46年)に6割、1978年(昭和53年)にさらに1割は返還されたものの、現在も在日米軍所沢通信基地として町内に残っている。返還された跡地には所沢航空記念公園を筆頭に、公団住宅や官公庁が作られ市役所も移転し、整然とした街並となっている。並木 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 井田正孝

    井田正孝から見た在日米軍在日米軍

    終戦後は在日米軍司令部戦史課に勤務した後、電通に入社し、総務部長及び関連会社電通映画社の常務を勤めた。1955年になり、離婚して姓を岩田に復姓している。井田正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋のマイアミビーチ

    東洋のマイアミビーチから見た在日米軍在日米軍

    1951年、朝鮮戦争が山場を越すと、神奈川県北部の米軍施設から休日になると米兵たちが浜辺でバーベキューやサーフィンを楽しむためジープで乗り付けるようになり、地元では「GIビーチ」と呼ぶようになった。彼らがこの海岸を「マイアミ」と呼んだことから、後に藤沢市が「東洋のマイアミ」として売り出すきっかけになったと伝えられる。東洋のマイアミビーチ フレッシュアイペディアより)

  • 終戦処理費

    終戦処理費から見た在日米軍在日米軍

    占領の遂行やドッジラインによるGHQ主導の緊縮財政路線とともに終戦処理費は減少に向かい、1952年4月28日以後は日米地位協定に基づく在日米軍の防衛支出金(防衛施設庁→防衛省所管)へと継承されていった。終戦処理費 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍裁判権放棄密約事件

    在日米軍裁判権放棄密約事件から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍裁判権放棄密約事件(ざいにちべいぐんさいばんけんほうきみつやくじけん)とは、日本が在日米軍の裁判権について、「重要な案件以外」放棄していることが、アメリカ合衆国の公文書公開で明らかにされた事件のことである。歴代の自由民主党政権は、密約の存在を否定していた。在日米軍裁判権放棄密約事件 フレッシュアイペディアより)

  • 駐留軍用地特措法

    駐留軍用地特措法から見た在日米軍在日米軍

    駐留軍用地特措法(ちゅうりゅうぐんようちとくそほう)とは、日米安保条約に基づき、在日米軍基地に土地を提供するために定めた特別措置法である。正式名称は「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法」。駐留軍用地特措法 フレッシュアイペディアより)

  • 漢那福地川

    漢那福地川から見た在日米軍在日米軍

    上流部は支流が樹枝状に細かく分かれており、谷が深くV字谷の様相を呈している。また、流域の大部分は在日米軍基地キャンプハンセンの敷地となっており、一般市民の立ち入りが制限されている。漢那福地川 フレッシュアイペディアより)

  • 満艦飾

    満艦飾から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍の所属艦は、アメリカ独立記念日、クリスマスに加え、天皇誕生日にも満艦飾と電灯艦飾を行なう。満艦飾 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ペース

    ピーター・ペースから見た在日米軍在日米軍

    1994年:海兵少将に昇進、在日米軍参謀長に就任。ピーター・ペース フレッシュアイペディアより)

  • 地位協定

    地位協定から見た在日米軍在日米軍

    日本は第二次世界大戦の結果、在日米軍が駐留することとなり、長らく受け身の立場の地位協定を結んできた。しかし1990年代以降、自衛隊が海外へ行く機会が増え、逆の立場で地位協定を締結する例も増えている。地位協定 フレッシュアイペディアより)

612件中 91 - 100件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード

  • 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ

  • 目的外使用は明らか

  • 米本国への麻薬密輸に対処するための訓練をしている。戦争のためだけではない