612件中 21 - 30件表示
  • 築城基地

    築城基地から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍の再編に伴い、米軍による飛行機訓練が移転される事となった基地の一つである。築城基地 フレッシュアイペディアより)

  • 百里飛行場

    百里飛行場から見た在日米軍在日米軍

    民間施設()として名称は茨城空港(いばらきくうこう)。滑走路は航空自衛隊百里基地との共用(ただし、滑走路は2本ある)であるため、航空自衛隊のほか、在日アメリカ空軍機が飛来する事もある。百里飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た在日米軍在日米軍

    2002年に発生した日本大震災によって本州が近畿地方〜北陸地方に位置する日本列島大断層を境に分裂した。南関東、東海地方、近畿は水没、九州地方、四国地方も二分された。その後、震災復興支援においてそれぞれ軍を派兵させていた米中両国による「分割復興決議案」が国連で採択され、日本は南日本地域(サウスエリア:アメリカ合衆国管理下)と北日本地域(ノースエリア:中華人民共和国管理下)に分割され、その後の日本政府分裂に伴い日本は事実上の分断国家となった。日米中三国による復興委員会も北日本は中国主導、南日本はアメリカ主導で再編され、それぞれ本国の意向を反映させた復興政策を行い南北日本政府は米中の傀儡政権と化してゆく。自衛隊の場合は陸上自衛隊が南北に分割された反面、米軍とつながりの深い海上自衛隊、航空自衛隊は全部隊が南日本に帰属。また在日米軍は三沢飛行場・横田飛行場・横須賀海軍施設・厚木飛行場・キャンプ座間など北日本領内の基地からは撤退している。南北間の往来は当初は自由に行われたものの米中の対立や治安の悪化などを理由に次第に規制され(渡航許可証→ビザ・パスポート)、両政府により相互承認された分離独立の動きが進むにつれ統一を求める声が強まってゆく。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 忌み数

    忌み数から見た在日米軍在日米軍

    日本では、42(四十二)の「し・に」の読みが「死に」に聞こえるとして、忌み数とされる。このため、下二桁が 42 となる自動車用ナンバープレートは、希望があった場合と在日米軍向けを除き、交付されない。また、日本プロ野球の背番号としても同様の理由で敬遠されている。なお、外国人選手にはこの迷信が通用しない他、メジャーリーグでは黒人初のメジャーリーガーとして全球団で永久欠番になっている、ジャッキー・ロビンソンの背番号と言うことで「背番号42」付与を歓迎する外国人選手も多い。近年では日本人選手にもこの迷信が通用しないことがほとんどになる。忌み数 フレッシュアイペディアより)

  • 安保闘争

    安保闘争から見た在日米軍在日米軍

    1951年(昭和26年)9月8日に、アメリカのサンフランシスコにおいて、アメリカやイギリスをはじめとする第二次世界大戦の連合国47ヶ国と日本の間で、日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が締結されたが、主席全権委員であった吉田茂は、同時に「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」(旧日米安全保障条約)に署名した。この条約によって日本を占領していた連合国軍の1国であるアメリカ軍は、「在日米軍」となり、継続して日本に駐留する事が可能となった。安保闘争 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍再編

    在日米軍再編から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍再編(ざいにち べいぐん さいへん)とは、米国が、米軍配置を再検討し軍事戦略の転換を図る世界規模のトランスフォーメーション(米軍再編)の一環として、在日米軍の態勢や基地機能を再編成することである。在日米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • 仲井眞弘多

    仲井眞弘多から見た在日米軍在日米軍

    仲井眞は県内保守派に基盤を置くが、沖縄特有の問題(基地問題や歴史問題など)については前任者の稲嶺惠一同様、政府とは一線を画して地元の立場を強く主張し、譲れないものは譲れないという姿勢を見せている。『産經新聞』や『日本経済新聞』が選挙後の社説で、仲井眞の当選を喜ぶとともに仲井眞に在日米軍基地問題で政府に従うよう釘を刺したが、仲井眞は辺野古基地問題に関して、「(掃海母艦を出すのは)銃剣を突きつけているような連想をさせ、強烈な誤解を生む。防衛省のやり方はデリカシーに欠ける」と発言し、政府の強硬策を牽制した。仲井眞弘多 フレッシュアイペディアより)

  • 国公関連労働組合連合会

    国公関連労働組合連合会から見た在日米軍在日米軍

    2011年11月以降、直加盟している労働組合(加盟単位組合)の数は13、うち国会職連はオブ加盟である。主な単位加盟組合は国税労組(組織対象:国税庁)、政労連(独法、特殊法人など)、全農林(農林水産省)、全駐労(在日米軍)など。これらの加盟単位組合を通して2010年6月現在、86の単一労働組合、約1,300の単位労働組合を組織している。国公関連労働組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県金子村B29墜落事故

    埼玉県金子村B29墜落事故から見た在日米軍在日米軍

    埼玉県金子村B29墜落事故(さいたまけんかねこむらビー29ついらくじこ)とは、1952年(昭和27年)2月7日に爆弾を満載した米軍のB29爆撃機が、埼玉県入間郡金子村(現在の入間市)寺竹に墜落・炎上した後に爆発を繰り返したことで、村民4名と乗員13名が死亡した事故である。埼玉県金子村B29墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜線

    横浜線から見た在日米軍在日米軍

    町田駅を出ると小田急小田原線の高架を潜り、ここから先橋本駅の先まで駅構内以外はほぼ直線の緩やかな上り勾配となる。高架を潜ると右側に町田市役所がある。この後しばらく境川と併走する。町田市側は町田市民ホール付近までは商業施設や予備校などが見受けられるが、並行して通っている境川沿いにはサイクリングロードや林、ちょっとした畑などが見える。都道52号線を潜ったあたりからは住宅街となる。一方、相模原市側は崖の上に市街地が広がっているため、境川べりは緑地となっている。そして境川を渡り、相模原市内に入ると住宅街の中の切り通しを進み、古淵駅に着く。古淵駅を過ぎると地表面とほぼ同じ高さを走行する。住宅街を進み、カルピス相模工場、青山学院大学相模原キャンパスを横目に進むと在日米軍相模総合補給廠へ続いていた側線などの遺構が残る淵野辺駅に着く。淵野辺を出ると陸橋2本をくぐってすぐに矢部駅に着く。この区間は800mと横浜線の中で最も駅間が短い。矢部駅から相模原駅までの間は南側が市街地、北側が相模総合補給廠となり、しばらくすると相模原駅に着く。相模原駅を出るとしばらくして工業地帯となり、そして北側に橋本駅の電留線が、西側にアリオ橋本が見える。相模線が合流し、京王相模原線の高架をくぐると橋本駅に着く。駅周辺には超高層マンションが林立する。横浜線 フレッシュアイペディアより)

612件中 21 - 30件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード