612件中 51 - 60件表示
  • 下地島空港

    下地島空港から見た在日米軍在日米軍

    4月28日 - フィリピン合同軍事演習へ向かう途上の米軍ヘリコプターが飛来して給油。自治体には事前に通達。下地島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人登録制度

    外国人登録制度から見た在日米軍在日米軍

    作成は外国人本人の申請に基づいて行われる。各市区町村ごとに、その管内に居住する外国人の外国人登録原票が保管され、現住所の証明、人口の調査などに利用されている。日本に連続90日を超えて滞在しようとする外国人(無国籍者を含む)は、在日米軍将兵や外交官などの一部例外を除いてかならず登録する義務がある。詳細は外国人登録法で規定されている。外国人登録制度 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国市

    岩国市から見た在日米軍在日米軍

    山口県の最東部に位置し、小瀬川を挟んで広島県と接している。広島県広島市と山口県周南市の中間地点に位置する。名勝・錦帯橋や国の天然記念物・白蛇(岩国のシロヘビ)生息地で知られる。また、広島市(広島県西部)や周南市などと同様に、瀬戸内工業地域の一角を担っている。中国山地に端を発し、広島湾に注ぐ錦川の作った三角州上の岩国飛行場には、在日米軍(海兵隊)と自衛隊(海上自衛隊)の基地が存在する。岩国市 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た在日米軍在日米軍

    冷戦期は専守防衛の枠内で日米安全保障条約に従って在日米軍の日本防衛機能を補完する役割を担った。ポスト冷戦期の1990年代からは国連平和維持活動などのため、海外派遣が行われている。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た在日米軍在日米軍

    2010年度の国勢調査結果より前回の2005年度と比較して、沖縄県の人口は2.3%増加し、都道府県別で全国第4位の人口増加率となった。国立社会保障・人口問題研究所は、2025年に143万3千人まで増加すると予測している。2010年の自然増加率は人口千人あたり5.0人増と全国最高であるが、社会増加率は各年により増減が変動する。また2010年度の合計特殊出生率は1.87人と1975年度以来連続で全国1位を維持している。年齢構成に関しては、14歳以下の人口(年少人口)の割合が17.8%と全都道府県で最も高く、また65歳以上の人口(老年人口)は17.4%と最も低い。老年人口割合が20%以下の都道府県は本県のみで、年少人口が老年人口を上回った唯一の都道府県である。粗死亡率は男女ともに全国で最も低いが、年齢調整死亡率は全国平均に近く、特に成人男性は全国3位以上の年齢調整死亡率となっている。沖縄県在住の外国人は、国籍別で2010年現在アメリカ(米軍とその関係者は含まれない。)が最も多いが、中国・韓国籍の外国人も増加傾向にある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 方向指示器

    方向指示器から見た在日米軍在日米軍

    日本の現在の車両保安基準では、方向指示器の灯光の色は橙(とう)色でなくてはならない。ただし、現行の保安基準が施行される以前に登録(製造)された車両についてはこの限りでなく(1960年代までに製造された車の多くは赤色のテールランプ(尾灯)が方向指示器を兼用していたが、1970年代からフルモデルチェンジやマイナーチェンジを経て赤色のテールランプと橙色の方向指示器が別々になっていった)、また在日米軍の車両については、日本の車両法、道路交通法が適用されないため、前部は車幅灯と兼用、後部はブレーキランプやテールランプとの兼用という車両がある。方向指示器 フレッシュアイペディアより)

  • ジラード事件

    ジラード事件から見た在日米軍在日米軍

    ジラード事件(ジラードじけん)とは、1957年(昭和32年)1月30日、群馬県群馬郡相馬村(現・榛東村)で在日米軍兵士・ウィリアム・S・ジラードが日本人主婦を射殺した事件。ジラード事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見た在日米軍在日米軍

    軍事・経済・政治すべてにおいて緊密な関係にある。黒船来航から始まる経済関係は、アメリカ合衆国の経済力を背景に大きなものであり続け、2006年(平成18年)まで最大の貿易相手国だった。太平洋戦争(第二次世界大戦)では、東アジア・西太平洋地域で4年間戦った末に降伏し、アメリカ合衆国を中心とする連合国軍に占領された。占領後は米軍将兵による殺人・暴行・強姦などの犯罪が多発し、殺害された日本国民は2500名以上にのぼる。7年の占領時代を経て主権を回復したあとも、日米安保条約に基づき基地用地および予算を提供し、日本は冷戦終結後の現在もアメリカ合衆国の軍事的影響下にあるが、これについて沖縄などで米軍の事故やレイプ・強盗などの重大犯罪も頻発するため縮小運動が起きることがあり、しばしば政治的な課題として浮上する。日米地位協定第二十四条において、米軍の維持経費は「日本国に負担をかけないで合衆国が負担する」と規定されているが、2010年度の在日米軍活動経費の日本の負担分総額は7146億円。日本国内では日米安保条約が日本の安全保障や外交の自主性を損なっていると批判されることもあるが、日本政府は中華人民共和国の軍事力に対する警戒感から日米関係の強化をはかる考えであるが、冷戦終結時期前後より、ジャパンバッシングや対日要望書、慰安婦問題謝罪を要求するアメリカ合衆国下院121号決議、日本の国連常任理事国入り潰しなど日本への圧力が強まっている。アメリカ合衆国の意向は、日本の経済政策や規制改革などの内政にも「外圧」として大きな影響力をもつ。また、犯罪人引渡し条約を結ぶ数少ない国の一つである。日本 フレッシュアイペディアより)

  • 横田村 (東京府)

    横田村 (東京府)から見た在日米軍在日米軍

    横田村(よこたむら)とは、神奈川県、東京府、東京都北多摩郡にかつて存在した村である。現在の武蔵村山市の北部に位置する。武蔵村山市の地名として現存せず、村域外の在日米軍横田飛行場にその名をとどめる(由来は横田飛行場を参照)。横田村 (東京府) フレッシュアイペディアより)

  • 火口親幸

    火口親幸から見た在日米軍在日米軍

    ヴォードヴィルのダンサーとなり、米軍基地やナイトクラブなどでダンスを踊る。火口親幸 フレッシュアイペディアより)

612件中 51 - 60件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード