612件中 81 - 90件表示
  • 国鉄シキ180形貨車 (初代)

    国鉄シキ180形貨車 (初代)から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍の戦車を輸送するために製造された。重量が大きい戦車は、それまでシキ60形にしか搭載できず積車時の最高速度が制限されたことから、本形式が開発された。外見上は魚腹式台枠を備えた長物車である。国鉄シキ180形貨車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年沖縄県知事選挙

    2002年沖縄県知事選挙から見た在日米軍在日米軍

    選挙は、現職の稲嶺惠一と元副知事の吉元政矩、共産党推薦の新垣繁信による事実上の三つ巴の選挙戦となった。共産党が独自の推薦候補を擁立したことで、1968年の琉球政府主席公選以来続いてきた「革新共闘」が崩れた。在日米軍普天間基地移設の是非や、高い失業率の改善など経済振興策を争点に争われた選挙の結果、現職の稲嶺が再選を果たした。2002年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見貯油施設

    鶴見貯油施設から見た在日米軍在日米軍

    吾妻倉庫地区からタンカーで輸送された航空燃料を貯蔵する。吾妻倉庫地区と鶴見貯油施設の貯油能力は約570万バレルあり、在日米軍の貯油施設としては最大の規模を誇り、全アメリカ軍の貯油施設としても最大級である。ここからさらに、タンク車やタンクローリーを使用し、横田飛行場や厚木海軍飛行場まで航空燃料を輸送する。鶴見貯油施設 フレッシュアイペディアより)

  • 由木通信所

    由木通信所から見た在日米軍在日米軍

    由木通信所(ゆぎつうしんじょ、Yugi Communication Site)は、東京都八王子市別所にある、在日米軍施設である。由木通信所 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・ビーチ地区

    ホワイト・ビーチ地区から見た在日米軍在日米軍

    ホワイト・ビーチ地区とは、沖縄県うるま市(沖縄本島)に所在する在日アメリカ海軍の港湾施設である。ホワイト・ビーチ地区 フレッシュアイペディアより)

  • 島袋宗康

    島袋宗康から見た在日米軍在日米軍

    国会では第二院クラブと統一会派「二院クラブ・革新共闘」を組み、1995年 - 1998年は二院クラブ代表を兼務した。1997年、政府は沖縄の米軍用地特別措置法(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用等に関する特別措置法)改定案を出した。米軍基地の地主が、契約期限切れ後の更新を拒否した場合でも、収用委員会の審理中は補償を行うことで「暫定使用」を引き続き可能とするもので、さらに委員会が使用を却下しても、防衛施設局長が審査請求を行う間は引き続き使用を可能にした。島袋は同法案に強く反対し、橋本龍太郎内閣総理大臣と激しく論戦を交わした(法案は自民、新進、民主、太陽、さきがけの賛成で成立)。1998年の第18回参院選では無所属として立候補し、再選。二院クラブが議席を失った98年以降は無所属の会およびその系列会派「国会改革連絡会」に所属。島袋宗康 フレッシュアイペディアより)

  • 米軍再編

    米軍再編から見た在日米軍在日米軍

    在日米軍の再編計画の課題とするところは、まずワシントン州フォートルイスにあるアメリカ陸軍第1軍団司令部の神奈川県キャンプ座間への移転と統合作戦部隊、指揮統制機能の効率化を図ることにある。この統合作戦部隊は直接戦闘部隊などは持っていないが、有事の際に必要な部隊を組み込んで戦闘を行える構造になっており、再編を象徴するような存在である。米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • 麻溝台

    麻溝台から見た在日米軍在日米軍

    神奈川県立相模原公園 - 旧陸軍士官学校射撃場、在日米軍座間小銃射撃場跡地麻溝台 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥浜町

    鳥浜町から見た在日米軍在日米軍

    埋立計画段階では隣接する金沢区昭和町および富岡東の埋立部と合わせて根岸湾第2期ハ地区と呼ばれ、1961年から1966年にかけての第一次港湾整備5カ年計画および1961年4月に運輸省より承認を受けた横浜港改定港湾計画によると、面積1,426,000m2、工期は1963年4月-1968年3月、事業費は80億円であった。1965年に、完工時期を1970年3月、事業費91億円に変更された。埋立には根岸湾の浚渫土砂のほか富岡の在日米軍富岡倉庫地区として接収されていた土地の土砂の使用が考えられていたが、接収解除後に自衛隊駐屯地として利用することを検討していた防衛庁(当時)との間で交渉が難航した。そのため、称名寺裏の丘の西武鉄道不動産部開発地からプッシャーバージで輸送された土砂が使われている。土砂採取地跡は金沢区西柴の地名が付き、西武グループにより宅地化された。埋立地は、当初は大型車両工場や精密機械工場を誘致するための交渉が進められていたが、1963年に飛鳥田一雄が横浜市長に就任し、従来の市街地からの工場移転の促進を図るため、中小企業団地を設けるよう方針転換がなされた。しかし、分譲地の1軒あたりの面積に制約があったことや、移転跡地を市に優先的に売却する条項がなかったことから、旧市街地の再生には目立った効果が上がらなかった。鳥浜町 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴繁町

    鈴繁町から見た在日米軍在日米軍

    神奈川区臨海部の港湾地区に位置し、瑞穂町に隣接する。鈴繁町および瑞穂町一帯は関係者以外の立ち入りはできない。町内には在日米軍施設の横浜ノースドック、横浜倉庫および関連会社である東京国際埠頭の倉庫・サイロ、横浜倉庫専用岸壁である鈴繁埠頭がある。東高島駅から横浜倉庫へ貨物専用側線が設けられているが、現在は使用されていない。2007年には横浜市風力発電所(愛称・ハマウィング)が完成した。面積は0.441km2で、人口は0人。鈴繁町 フレッシュアイペディアより)

612件中 81 - 90件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード