136件中 91 - 100件表示
  • 在日米軍

    在日米軍から見た朝鮮戦争

    1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発した後、在日連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーは準軍事的な組織として「警察予備隊」を設立するよう日本政府に指令した。警察予備隊は後に自衛隊へと発展していくこととなる。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た脚本

    2010年(平成22年)8月4日 - 安保条約改定50周年記念として、広報漫画『わたしたちの同盟 - 永続的パートナーシップ』公開開始。日米同盟の意義を説く内容。ホビージャパンが制作を担当し、著者は『魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん』の綾部剛之(シナリオ・文)・ヒライユキオ(漫画)に加え、実左(漫画)、超肉(イラスト)。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たアメリカ空軍

    在日米軍司令官は第5空軍司令官が代々兼務しており、空軍中将が就いている。現任司令官は、サルヴァトーレ・“サム”・アンジェレラ中将。前任者であるバートン・フィールド中将の後任として、2012年7月に就任した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た浅草米兵暴行事件

    1951年、東京浅草国際劇場向かい側にあった在日朝鮮人経営の旅館で、オーナーと口論の末、投石などを受けて米兵数名が死傷する事件が発生した(浅草米兵暴行事件在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た宜野湾市

    これらは、組織図上では別個の組織であるが、同一の司令官によって指揮されることで指揮系統を統一している。在日米海兵隊の各司令部はいずれも沖縄県のキャンプ・バトラー内に設置されており、第3海兵遠征軍司令部はうるま市のキャンプ・コートニー、基地部隊司令部は宜野湾市を中心に周辺自治体にまたがるキャンプ・フォスター(キャンプ瑞慶覧)に設置されている。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たアメリカ陸軍特殊部隊群

    第七艦隊の母港である横須賀海軍施設や空軍の横田飛行場(司令部が駐在する)や嘉手納飛行場(多数の主力戦闘機・輸送機が配備されている)、キャンプ座間やトリイステーション(アメリカ本土以外で唯一グリーンベレーを展開している)など、ロシア・中華人民共和国・北朝鮮にも近い関係上東アジアの要所であり、アジア有事の際には最重要拠点としての役割も持っている。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た太平洋空軍 (アメリカ空軍)

    在日米空軍(US Air Force Japan: USAFJ)は、横田飛行場に司令部を有している。在日米空軍司令官は、第5空軍司令官とともに、在日米軍全体の司令官をも兼務している。ただし、在日米空軍司令部は基本的に部隊管理のみを担当し、作戦統制については、太平洋空軍のケニー司令部(ヒッカム空軍基地)が行なう。このため横田基地には、USAFJの部隊や航空自衛隊との調整のため、第13空軍第1分遣隊が設置されていたが、第13空軍の閉隊にともない、その機能も第5空軍が担うことになった。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た毎日新聞

    2010年5月に、毎日新聞と琉球新報が、沖縄県民を対象に行ったアンケートによると、在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た市ヶ谷駐屯地

    1947年(昭和22年)1月1日 - アメリカ極東軍(FEC)発足。パーシング・ハイツ(現市ヶ谷駐屯地、東京都)に司令部設置。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た防衛施設庁

    在日米軍が起こす事件・事故の数は、防衛施設庁が提出した資料によると、1952年から2007年までに公務内外で在日米軍が起こした事件事故件数は20万件、日本人が巻き込まれて死亡した人数は1,076人である。2010年に公開された外務省文書によれば、復帰前も1965年の時点で年間1000件に上っていた。また、1985年から2004年までに在日米軍の起こした事件・事故で軍法会議にかけられた者は1名で、懲戒処分者は318人である。これについて日本共産党の赤嶺政賢衆院議員は「多数の事件・事故が起きているのに(二十年間で)軍事裁判はたったの一件。米軍の犯罪は野放しにされている」と述べた。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード