136件中 41 - 50件表示
  • 在日米軍

    在日米軍から見たキャンプ座間

    在日米軍は、在日アメリカ軍、または条約などでは日本国における合衆国軍隊ともいい、日米安全保障条約第6条により日本国内に駐留するアメリカ軍の総称である。なお、日本には、キャンプ座間などに常駐している数十人の国連軍駐日武官や、各国大使館の駐在武官、係争中の領土(竹島、北方領土等)を除き、米軍以外に駐留する外国軍はいない。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た第7艦隊 (アメリカ軍)

    第七艦隊の母港である横須賀海軍施設や空軍の横田飛行場(司令部が駐在する)や嘉手納飛行場(多数の主力戦闘機・輸送機が配備されている)、キャンプ座間やトリイステーション(アメリカ本土以外で唯一グリーンベレーを展開している)など、ロシア・中華人民共和国・北朝鮮にも近い関係上東アジアの要所であり、アジア有事の際には最重要拠点としての役割も持っている。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たトモダチ作戦

    2011年(平成23年)の東北地方太平洋沖地震の直後は、在日米軍各部隊はトモダチ作戦(Operation Tomodachi)を展開した一方、日本におけるアメリカ軍人や軍の文民従業員の家族9,720人が日本から主にアメリカへ脱出した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た第5空軍 (アメリカ軍)

    在日米軍司令官は第5空軍司令官が代々兼務しており、空軍中将が就いている。現任司令官は、サルヴァトーレ・“サム”・アンジェレラ中将。前任者であるバートン・フィールド中将の後任として、2012年7月に就任した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約

    1951年(昭和26年)にサンフランシスコ講和条約が連合国と日本の間で署名され、これにより小笠原諸島と沖縄以外の主権が正式に日本に返還された。それと同時に日本とアメリカは日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧日米安保条約)に署名した。この条約により、在日米軍は日本の防衛に関して法的責任を負い、その見返りとして、日本政府は軍事基地、資金、および日米行政協定で規定される様々な特権を提供する事となった。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た日本国との平和条約

    1951年(昭和26年)にサンフランシスコ講和条約が連合国と日本の間で署名され、これにより小笠原諸島と沖縄以外の主権が正式に日本に返還された。それと同時に日本とアメリカは日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧日米安保条約)に署名した。この条約により、在日米軍は日本の防衛に関して法的責任を負い、その見返りとして、日本政府は軍事基地、資金、および日米行政協定で規定される様々な特権を提供する事となった。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たアメリカ軍

    在日米軍(ざいにちべいぐん、United States Forces Japan、略称USFJ)は、日本国内に駐留するアメリカ合衆国軍である。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た神奈川県

    在日米陸軍(US Army Japan: USARJ)は、キャンプ座間(神奈川県座間市・相模原市)に司令部を有している。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た府中通信施設

    1957年(昭和32年)6月30日 - アメリカ極東軍廃止。翌7月1日、在日米軍発足。府中空軍施設(東京都)に司令部設置。8月1日にはアメリカ国防総省が地上戦闘部隊の撤退を発表。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た治外法権

    米軍関係車両が交通事故を起こした場合、日本の警察だけではなく在日米軍の憲兵隊も検分に現れる。この事故が公務中であったことが米軍によって“証明”された場合、加害者軍人の身柄は米軍に移るため、それに対する日本の警察権・司法権・裁判権行使は日米地位協定第十七条に基づいて行われる(治外法権)。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

136件中 41 - 50件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード