136件中 81 - 90件表示
  • 在日米軍

    在日米軍から見たナンバープレート (自動車)

    米軍関係車両専用のナンバープレートは、平仮名の位置に Y (日本国内で調達された私有車両)、E (非課税車両)、A (オートバイ・軽自動車)などのアルファベットが書いてあるのが特徴で、「Yナンバー」と呼ばれている。米軍関係車両の登録台数は60000台弱程度で、そのうちの約27000台が沖縄ナンバーである。その他、八戸ナンバーは空軍三沢基地関係、多摩・八王子ナンバーは空軍横田基地関係、横浜ナンバーは海軍横須賀基地等の関係、相模ナンバーは海軍厚木基地、陸軍キャンプ座間等の関係、山口ナンバーは海兵隊岩国基地関係と推測できる。絶対的な登録台数は少ないが、静岡県御殿場市に駐留する海兵隊キャンプ富士の要員が登録している私有車両は、沼津ナンバーである。平成17年9月より駐留軍要員(米軍人・軍属)にも、基地の外に居住して私有車の登録を希望する際は、車庫証明の取得が義務付けられた。これによって今では湘南・品川・川崎のYナンバーがある。車検証上の所有者の住所欄には、所有者が所属する基地の所在地を記載し、使用の本拠の位置には、実際に住んでいる(駐車している)基地外の日本の住所を記載している。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た日本の降伏

    第二次世界大戦における日本の降伏の後、アメリカ軍が日本の全般的施政権を獲得した。日本の帝国陸軍および帝国海軍は全て解体され、それらの軍事基地は全てアメリカ軍に引き継がれた。連合軍は日本を非軍事化しようと計画し、アメリカは1947年(昭和22年)の日本国憲法において非武装条項を主張した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た帝国陸軍

    第二次世界大戦における日本の降伏の後、アメリカ軍が日本の全般的施政権を獲得した。日本の帝国陸軍および帝国海軍は全て解体され、それらの軍事基地は全てアメリカ軍に引き継がれた。連合軍は日本を非軍事化しようと計画し、アメリカは1947年(昭和22年)の日本国憲法において非武装条項を主張した。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た青山墓地

    また、青山墓地近くに星条旗新聞の極東支社や第五空軍司令部東京管理センター、陸軍東京監理施設、軍情報機関関連施設などが置かれる在日米軍の中枢の一つ「赤坂プレスセンター」(別名ハーディバラックス、麻布米軍ヘリ基地)が所在する。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たマラッカ海峡

    1.については(基地が日本にある以上当然ながら)日本と同じ状況であり、対策としてシーレーンの確保が重要とされる。マラッカ海峡などの要衝が重視されている理由の一つでもある。現在のところ、日本は東アジアから中東にかけての展開拠点となっているため戦略備蓄も手厚く、燃料の不足が問題になった例はない。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た航空自衛隊

    在日米空軍(US Air Force Japan: USAFJ)は、横田飛行場に司令部を有している。在日米空軍司令官は、第5空軍司令官とともに、在日米軍全体の司令官をも兼務している。ただし、在日米空軍司令部は基本的に部隊管理のみを担当し、作戦統制については、太平洋空軍のケニー司令部(ヒッカム空軍基地)が行なう。このため横田基地には、USAFJの部隊や航空自衛隊との調整のため、第13空軍第1分遣隊が設置されていたが、第13空軍の閉隊にともない、その機能も第5空軍が担うことになった。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たウインカー

    軍公用車両のナンバープレート表示については上記の限りではなく、日本の書式と全く異なる米国フォーマットのもの、及びむき出しのプレートに黒にペイントされた簡易プレートを装着している(大まかな書式についてはナンバープレート (日本)を参照)。これらの車両は日本の道路運送車両法、道路交通法の適用外であるため、米国仕様のブレーキ、テールランプとウインカーが兼用(赤色もしくは白色点滅)のものも走行している。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見たトリイステーション

    USARJは、第9戦域支援司令部から改編された第1軍団前方司令部、在日米陸軍基地管理本部、第10地域支援群(沖縄、トリイステーション)などを主要な部隊としている。第1軍団前方司令部は2007年12月に新設されたもので、在日米陸軍司令官は、第1軍団前方司令部の指揮を執るとともに、第1軍団副司令官を兼任している。平時には実戦部隊をほとんど持たないが、有事には、第1軍団本隊が進出し、陸軍/統合任務部隊を構成するものと考えられている。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た大使館

    在日米軍は、在日アメリカ軍、または条約などでは日本国における合衆国軍隊ともいい、日米安全保障条約第6条により日本国内に駐留するアメリカ軍の総称である。なお、日本には、キャンプ座間などに常駐している数十人の国連軍駐日武官や、各国大使館の駐在武官、係争中の領土(竹島、北方領土等)を除き、米軍以外に駐留する外国軍はいない。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た佐世保市

    佐世保基地(Fleet Activities Sasebo FAC5029、長崎県佐世保市):第7艦隊の強襲揚陸艦群の事実上の母港。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「在沖縄米軍」のニューストピックワード

  • 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ

  • 目的外使用は明らか

  • 米本国への麻薬密輸に対処するための訓練をしている。戦争のためだけではない