前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示
  • 島田裕巳

    島田裕巳から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    オウム真理教(現アーレフ)に対して終始好意的な評価をし、地下鉄サリン事件発生後もオウム真理教の関与を否定するコメントをマスコミに発表し、警察の強制捜査を批判するなどして擁護をした。これらの言動が毀誉褒貶を招き、批判や中傷を受けることとなった。島田裕巳 フレッシュアイペディアより)

  • オレグ・ロボフ

    オレグ・ロボフから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1992年にロボフはロシア・日本大学構想の実現のために来日。この時オウム真理教教組の麻原彰晃が資金援助を申し出、それ以降ロボフはオウム真理教に便宜を図る様になる。オウムのラジオ放送枠の獲得や特殊部隊施設を使った軍事訓練・ヘリコプターなどの軍事物資の輸入にあたっては、ロボフの意向が働いたと言われ、地下鉄サリン事件などの捜査でも諸外国の情報機関などからクローズアップされた。オレグ・ロボフ フレッシュアイペディアより)

  • 前野大興

    前野大興から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    兵庫県立播磨農業高等学校卒業後、父方の親戚のある徳島県吉野川市鴨島町に滞在して、アルバイトの後、1992年7月に陸上自衛隊(善通寺)に入隊し、第32普通科連隊(市ヶ谷駐屯地。現在は大宮駐屯地に駐屯している)に入隊するため上京。自衛隊時代、レンジャー訓練や阪神大震災・地下鉄サリン事件への災害派遣にも出動した。2任期(4年間)自衛隊にいて除隊後、日本獣医畜産大学に進学。その後獣医師として、神奈川県自然環境保全センターにて鳥獣保護やアライグマの捕獲業務に従事した後、人獣共通感染症(特にサルモネラ菌の感染予防)の研究のため、杏林大学医学部に編入した。(2008年卒業。同年、医師国家試験に合格)前野大興 フレッシュアイペディアより)

  • 林郁夫

    林郁夫から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    林 郁夫(はやし いくお、1947年1月23日 - )は元オウム真理教幹部。元医師。教団が省庁制を採用した後は治療省大臣だった。地下鉄サリン事件の実行犯。無期懲役判決を受け服役中。ホーリーネームはクリシュナナンダ。林郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教事件

    オウム真理教事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    特に注目される事件として、教団と対立する弁護士とその家族を殺害した1989年11月の坂本堤弁護士一家殺害事件、教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的としてサリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件、教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に5両の地下鉄車両にサリンを散布して計12人の死者と数千人の負傷者を出した1995年3月20日の地下鉄サリン事件が挙げられ、これら3つの事件を合わせてオウム三大事件(-さんだいじけん)と呼ばれている。オウム真理教事件 フレッシュアイペディアより)

  • マインドコントロール

    マインドコントロールから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    日本では、1992年の統一教会の合同結婚式に参加した山崎浩子が、翌1993年に婚約の解消と統一教会から脱会を表明した記者会見で、「マインドコントロールされていました。」と発言したことと、同日、発売された、元統一教会員のスティーヴン・ハッサン の『マインド・コントロールの恐怖』という本がベストセラーとなったことから、“マインドコントロール”という言葉が広く認知されるようになった 。また、 サリンを使った無差別テロである地下鉄サリン事件は、オウム真理教という宗教団体の教祖の指示で行われたということ自体が衝撃であったが、その団体に多くの高学歴の青年たちが出家して所属していたこと、事件が明らかになってからも教団を離れない多くの信者の姿などが「マインドコントロール」というものの威力を印象づけるものとなった(もっとも後述する厳密な定義に従えば、オウム真理教事件の場合は、マインドコントロールと洗脳(ブレイン・ウォッシング)の双方を行っていた)。マインドコントロール フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄丸ノ内線

    東京地下鉄丸ノ内線から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年3月20日に霞ケ関駅などで発生した無差別テロ事件「地下鉄サリン事件」の現場となった路線の一つであり、多数の死傷者を出している。東京地下鉄丸ノ内線 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神・淡路大震災

    阪神・淡路大震災から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    企業以外の団体による支援活動としては、一番乗りの救世軍、神戸に総本部を置く日本最大の暴力団組織・山口組、阪神地域で強い影響力を有する宗教団体の崇教真光・PL教団・天理教・創価学会・金光教・2か月後に地下鉄サリン事件を起こすオウム真理教といった組織・団体が、食料や飲用水の供給・便所・風呂・避難場所の提供などの積極的な支援を行った。阪神・淡路大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年

    1995年から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件などが発生し、日本の安全保障、危機管理に大きな影響を与えた年でもある。1995年 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    日本国内では、不動産や証券への投機熱でバブル景気が起こった。昭和から平成に年号が改元された1989年(平成元年)にはベルリンの壁が崩壊した。東ヨーロッパでは次々と革命が起こって共産党政権が倒された。マルタ会談で米ソ首脳が冷戦終結を宣言して、第二次世界大戦後に44年間も続いた冷戦は終結した。1990年(平成2年)には湾岸戦争が勃発した。翌年の1991年(平成3年)には冷戦の盟主国の一角であったソ連が崩壊して、日本ではバブル経済が崩壊した。湾岸戦争の勃発・ソ連崩壊・バブル経済の崩壊によりアメリカナイゼーションとグローバル資本主義が世界を席巻した。アメリカ一極体制の時代が到来した。日本の社会は失われた10年と呼ばれた不況の時代が続き、団塊ジュニア世代の学生は就職氷河期に見舞われた。政界では55年体制が崩壊して、政界再編による新党の結成が活発化した。1995年(平成7年)は戦後50周年の節目として村山談話があり、1月17日には阪神・淡路大震災が発生、3月20日にはオウム真理教の地下鉄サリン事件が発生して、戦後体制の崩壊が叫ばれた。世紀末の不安が叫ばれるようになり、日本政府と企業の護送船団方式が崩壊して、内需縮小とデフレが始まる。平成 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示

「地下鉄サリン事件」のニューストピックワード