前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
353件中 1 - 10件表示
  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中川智正

    中川智正から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    教団が1994年に省庁制を採用すると、法皇内庁長官になり、側近として活動した。地下鉄サリン事件の3日前の尊師通達で正悟師に昇格。中川智正 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤誠一

    遠藤誠一から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    松本サリン事件、滝本弁護士サリン襲撃事件、 駐車場経営者VX襲撃事件、池田大作サリン襲撃未遂事件の実行犯、地下鉄サリン事件のサリン製造係として事件に関わった他、生物兵器培養、化学兵器製造、違法薬物製造などを行った。遠藤誠一 フレッシュアイペディアより)

  • サリン

    サリンから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1993年、オウム真理教の土谷正実が合成に成功。サリンを用いて、池田大作サリン襲撃未遂事件、滝本太郎弁護士サリン襲撃事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件を起こした。また、サリン70トンのを生産を目指して、山梨県旧上九一色村の教団施設第7サティアンにおいてサリンプラントを建設していた(サリンプラント建設事件)。サリン フレッシュアイペディアより)

  • 村井秀夫

    村井秀夫から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1994年6月27日、省庁制が発足し村井は科学技術省大臣(筆頭次官は渡部和実)となる。科学技術省は翌年の地下鉄サリン事件の実行役となる林泰男、横山真人、広瀬健一、豊田亨らも所属する巨大部署であった。同日、部下と共に製造したサリン噴霧車で松本サリン事件を実行した。村井秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教事件

    オウム真理教事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    特に注目される事件として、教団と対立する弁護士とその家族を殺害した1989年11月の坂本堤弁護士一家殺害事件、教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的としてサリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件、教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に5両の地下鉄車両にサリンを散布して計12人の死者と数千人の負傷者を出した1995年3月20日の地下鉄サリン事件が挙げられる。毎日新聞ではこれら3つの事件に対してオウム「3大事件」(オウムさんだいじけん)と表現している。オウム真理教事件 フレッシュアイペディアより)

  • 井上嘉浩

    井上嘉浩から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1990年の石垣島セミナーの頃からヴァジラヤーナの非合法路線に関与する。私立探偵の目川重治から盗聴技術を教わったこともあるとされ、教団が省庁制を採用した後は諜報省(CHS)長官として盗聴や誘拐、不法侵入などを実行、駐車場経営者VX襲撃事件、会社員VX殺害事件、被害者の会会長VX襲撃事件、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件、地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件に関与する。新宿駅青酸ガス事件、東京都庁小包爆弾事件には首謀者として関わった。地下鉄サリン事件の3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。井上嘉浩 フレッシュアイペディアより)

  • 土谷正実

    土谷正実から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    土谷 正実(つちや まさみ、1965年1月6日 - )は元オウム真理教幹部の確定死刑囚。東京都出身。筑波大学大学院化学研究科修士課程修了、博士課程中退。化学(物理化学と有機化学)を専攻。ホーリーネームはクシティガルバ。教団では第二厚生省大臣をつとめた。教団の化学者として化学兵器や薬物を生成し、マスコミから化学班キャップと呼ばれた。ステージは菩師長であったが、地下鉄サリン事件直前に正悟師に昇格した。土谷正実 フレッシュアイペディアより)

  • 麻原彰晃

    麻原彰晃から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    40歳を迎えた1995年(平成7年)の3月18日、村井秀夫、井上嘉浩らと強制捜査の延期方法をリムジン内で謀議、地下鉄にサリンを撒くという提案に賛同、20日に地下鉄サリン事件が起きる。麻原彰晃 フレッシュアイペディアより)

  • 前野大興

    前野大興から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    兵庫県立播磨農業高等学校卒業後、父方の親戚のある徳島県吉野川市鴨島町に滞在して、アルバイトの後、1992年7月に陸上自衛隊(善通寺)に入隊し、第32普通科連隊(市ヶ谷駐屯地。現在は大宮駐屯地に駐屯している)に入隊するため上京。自衛隊時代、レンジャー訓練や阪神大震災・地下鉄サリン事件への災害派遣にも出動した。2任期(4年間)自衛隊にいて除隊後、日本獣医畜産大学に進学。その後獣医師として、神奈川県自然環境保全センターにて鳥獣保護やアライグマの捕獲業務に従事した後、人獣共通感染症(特にサルモネラ菌の感染予防)の研究のため、杏林大学医学部に編入した。(2008年卒業。同年、医師国家試験に合格)前野大興 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
353件中 1 - 10件表示