293件中 21 - 30件表示
  • 高橋克也 (オウム真理教)

    高橋克也 (オウム真理教)から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    公証人役場事務長逮捕監禁致死事件では拉致の実行犯、地下鉄サリン事件ではサリンを散布した豊田亨の送迎役を務めたとして警察から指名手配された。上記の指名手配容疑以外にも会社員VX殺害事件、被害者の会会長VX襲撃事件、東京都庁小包爆弾事件への関与嫌疑がかけられている。高橋克也 (オウム真理教) フレッシュアイペディアより)

  • サリン

    サリンから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    上述した様に、日本ではオウム真理教が製造・使用し、松本サリン事件(1994年)と地下鉄サリン事件(1995年)では多数の死傷者を出した。これを受けて、政府はサリン等による人身被害の防止に関する法律(平成7年4月21日法律第78号)を成立させ、現在では所持や生産などが禁止されている。サリン フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年(平成7年)3月20日には、地下鉄サリン事件が発生した。当日は営団地下鉄全線で一時運休、中でもサリンを散布された日比谷線は終日運休した。霞ケ関駅などの事件現場となった駅は、3-6日間営業を中止した。東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    NHKではテレビは総合テレビ、教育テレビ、衛星第1、衛星第2、BS-hi(当時はアナログ試験放送)の5局、ラジオはNHK第1、NHK第2、NHK FMの3局でのサイマル放送が実施された。このNHKの「全局サイマル放送」は、湾岸戦争、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、後に東日本大震災の際にも実施されたが、東日本大震災以外はBS-hiは未開局だったので、この事件では空前の規模のものとなった。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 上祐史浩

    上祐史浩から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年、地下鉄サリン事件が発生して間もなく麻原から「広報活動をしてほしい」との電話が届き帰国する。上祐史浩 フレッシュアイペディアより)

  • 報道特別番組

    報道特別番組から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    テロリズムやハイジャック、大量殺人など、多数の死傷者が出ていると見られる、もしくは多数の市民の生命が危険に晒されるような事件が発生した場合。1970年3月のよど号ハイジャック事件、1972年2月のあさま山荘事件、1974年8月30日の三菱重工爆破事件、1979年1月26日の三菱銀行人質事件、1989年8月の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、1994年6月の松本サリン事件、1995年3月の地下鉄サリン事件、1997年5月の神戸連続児童殺傷事件、1998年7月の和歌山毒物カレー事件、2000年5月の西鉄バスジャック事件、2008年6月8日の秋葉原無差別殺傷事件がその前例。特にあさま山荘事件や地下鉄サリン事件では、終日実施された。なお、NHKで放送されたあさま山荘事件の人質救出日の報道特別番組は視聴率50.8%を記録し、現在も報道特別番組の視聴率としては、歴代最高の数値である。報道特別番組 フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    3月には「オウム真理教」幹部による地下鉄サリン事件が起こった(後述)。その後、公安調査庁の調査結果を尊重し、オウム真理教への破壊活動防止法適用を公安審査委員会に申請した。村山富市 フレッシュアイペディアより)

  • ハルマゲドン

    ハルマゲドンから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    日本では、1972年に連載の始まった永井豪の漫画「デビルマン」がハルマゲドンを扱っていたものの、当時はあまりこの言葉の意味を知る人は少なかったようだ(永井談)。しかし1983年に角川春樹制作による『アニメーション映画『幻魔大戦』』が公開された際、「ハルマゲドン接近」というキャッチコピーがテレビや雑誌で多用され、キリスト教信者でない日本の若者にもこの単語が普及する。やがて五島勉らによるノストラダムスの大予言ブームや、1995年の地下鉄サリン事件以降、オウム真理教がその教義においてハルマゲドンの到来を主張していたことがワイドショーでたびたび報じられ、幅広い年代にまでこの単語が広く知られるようになった。ハルマゲドン フレッシュアイペディアより)

  • 聖路加国際病院

    聖路加国際病院から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    また、新病院は大規模災害など大量の被災者発生の際には、機能を臨時拡張して医療処置を遂行できるよう設計されている。具体的には、施設内のあらゆる壁面に酸素供給口が設けられており、チャペル(礼拝堂)・ロビー・ホール・廊下などでの救急救命医療処置が可能になっているが、これは当時の常務理事である日野原重明が、スウェーデンの病院に同様の設計があることから提言して実現したものである日野原がこの設計を取り入れたのは、東京大空襲の経験による。建設当時は無駄との批判もあったこの機能は、新病院完成から3年後の1995年に発生した地下鉄サリン事件の被害者診療時に活用されることになった。聖路加国際病院 フレッシュアイペディアより)

  • 麻原彰晃

    麻原彰晃から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年(平成7年)5月16日(40歳)に山梨県西八代郡上九一色村(現・南都留郡富士河口湖町)のオウム真理教の教団施設で地下鉄サリン事件の首謀者として逮捕された。麻原は現金960万円の札束と寝袋を抱えて、第6サティアンの南側入り口1階から2階への階段天井部分に造られた隠し部屋に隠れており、逮捕された際は失禁していたと伝えられている。逮捕後警視庁への護送は、迅速かつ安全を考え当初警視庁が当時保有していた大型ヘリコプターで護送させる予定だったが、当日は悪天候のため飛べず、警察車両での護送に切り替えられた。麻原彰晃 フレッシュアイペディアより)

293件中 21 - 30件表示

「地下鉄サリン事件」のニューストピックワード