353件中 21 - 30件表示
  • 林郁夫

    林郁夫から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    林 郁夫(はやし いくお、1947年1月23日 - )は元オウム真理教幹部。元医師。教団が省庁制を採用した後は治療省大臣だった。地下鉄サリン事件の実行犯。ホーリーネームはクリシュナナンダ。林郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平田信

    平田信から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    平田は「島田裕巳宅爆弾事件」で爆発物取締罰則違反で1995年5月31日に特別指名手配されたが、後に「公証人役場事務長逮捕監禁致死事件」でも逮捕監禁致死罪も指名手配容疑に追加された。後に平田はオウム真理教による「地下鉄サリン事件」に関わった高橋克也・菊地直子らとともに、7人の「オウム真理教特別手配被疑者」の1人に指定された。全国規模での捜査対象となり特別指名手配被疑者として広く周知された平田であったが、その逃亡生活は長期にわたった。平田信 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋克也 (オウム真理教)

    高橋克也 (オウム真理教)から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    公証人役場事務長逮捕監禁致死事件では拉致と遺体焼却の実行犯、地下鉄サリン事件ではサリンを散布した豊田亨の送迎役を務めたとして警察から特別指名手配された。上記の指名手配容疑以外にも会社員VX殺害事件における運転役、被害者の会会長VX襲撃事件における実行役の補佐役、東京都庁小包爆弾事件における爆弾の起爆装置製造の容疑で起訴された。高橋克也 (オウム真理教) フレッシュアイペディアより)

  • 菊地直子

    菊地直子から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件に使われたサリン製造に何らかの形でかかわっていたかの報道が逮捕までなされていたが、裁判の過程で無関係であることが明らかにされ、逮捕容疑であった地下鉄サリン事件、VX殺人事件ともに処分保留となり、最後に逮捕された東京都庁小包爆弾事件では起訴されたものの、裁判員裁判の東京地方裁判所では殺人未遂幇助罪で懲役5年の判決が出たが、東京高等裁判所では無罪となった。その後、最高裁判所で検察の上告が棄却され、無罪の確定判決。一連のオウム真理教事件で起訴された教団関係者193人のうち、無罪判決を得たのは、菊地と杉浦実(ピアニスト監禁事件、1997年判決)のみである。菊地直子 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教

    オウム真理教から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    当初はヨーガのサークルに過ぎなかったものの次第に常軌を逸した行動が見え始め、出家信者に全財産を布施させたり、麻原の頭髪や血、麻原の入った風呂の残り湯などの奇怪な商品を高価で販売するなどして、多額の金品を得て教団を拡大させた。内部では懐疑的になって逃走を図った信者を拘束したり殺害するなどして、1988年から1994年の6年間に脱会の意向を示した信者が判明しているだけでも5名が殺害され、死者・行方不明者は30名以上に及び、恐怖政治で教祖への絶対服従を強いていた。当初より奇抜、不審な行動が目立ったため、信者の親などで構成される「オウム真理教被害者の会」(のちに「オウム真理教家族の会」に改称)により、司法、行政、警察など関係官庁に対する訴えが繰り返されたが、全く取り上げられることなく、その結果、坂本堤弁護士一家殺害事件をはじめ松本サリン事件、地下鉄サリン事件などのテロを含む多くの反社会的活動(「オウム真理教事件」)を起こしたほか、自動小銃や化学兵器、生物兵器、麻薬、爆弾類といった教団の兵器や違法薬物の生産を行っていた。オウム真理教 フレッシュアイペディアより)

  • 新実智光

    新実智光から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    新実 智光(にいみ ともみつ、または新實智光、1964年3月9日 - )は元オウム真理教幹部。ホーリーネームはミラレパ。教団内でのステージは正大師で、教団が省庁制を採用した後は自治省大臣だった。1986年のオウム真理教の最初に開かれたセミナーから出席し、宮前一明や大内利裕と並ぶ古株。坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件の実行犯。地下鉄サリン事件では運転手役。2010年2月に死刑が確定。新実智光 フレッシュアイペディアより)

  • 横山真人

    横山真人から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    教団内でのステージは師長だったが、地下鉄サリン事件3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。教団が省庁制を採用した後は科学技術省次官の一人となる。横山真人 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教の兵器

    オウム真理教の兵器から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    池田大作サリン襲撃未遂事件、滝本太郎弁護士サリン襲撃事件(1993年)、松本サリン事件(1994年)や地下鉄サリン事件(1995年)で使われた毒ガスで、1993年8月に土谷正実が製造に成功する。サリン70t製造を目指してサリンプラントの建設も試みた。教団内の隠語は魔法使いサリーからとられた「魔法」「魔法使い」「サッチャン」「サリーちゃん」または「妖術」「S」「チャチャ」。麻原は、サリンは原爆と違って建造物が残るため「省エネ原爆」だと説明していた。オウム真理教の兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 頑丈人間スパルタカス

    頑丈人間スパルタカスから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    時事ネタが多く、主にスポーツ関連の醜聞や地下鉄サリン事件を起こす以前のオウム真理教がネタにされている。また、随所に作者の過去作品のキャラクターが登場している。頑丈人間スパルタカス フレッシュアイペディアより)

  • M256A1

    M256A1から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    G剤(サリン、タブン、ソマン)、V剤(VXガス)、糜爛剤(マスタードガス)を検知することが出来る。日本で地下鉄サリン事件の時に使用された。キットにはM8検知紙が入っており、サリンなどの神経ガスに検知紙が触れると薄茶色の紙が黄土色に変化する。M256A1 フレッシュアイペディアより)

353件中 21 - 30件表示