293件中 41 - 50件表示
  • 柳澤信夫

    柳澤信夫から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    専門は神経変性疾患、中枢性運動障害である。松本サリン事件で信州大学医学部附属病院第三内科(神経内科)教授としてサリンによる症状を診療した。その後、地下鉄サリン事件が発生する。テレビで被害者の症状を見た柳澤医師は、松本サリン事件の症状との酷似に気付き、救護に当たっていた聖路加国際病院の日野原重明院長などに連絡し資料を送った。これは早期の同事件における救命体制確立に貢献するものであった。柳澤信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 武装すり団

    武装すり団から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    催涙スプレーのようなものを使用するすり団もおり、車内や駅構内で異臭騒ぎが発生したり(地下鉄サリン事件以来、交通機関は異臭に対しての対策が強化される傾向にある)、数人が病院に搬送される事態に発展したこともある。特に、2006年4月6日、西日暮里駅で韓国人の武装すり団が駅構内で催涙スプレーをまき散らし、22人が病院に運ばれる事件が発生し、日本国内に衝撃を与え、容疑者の本国である韓国でも報道された。武装すり団 フレッシュアイペディアより)

  • 現代用語

    現代用語から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    オウム真理教による松本サリン事件・地下鉄サリン事件をきっかけにその存在及び実態が明らかになった、旧ナチス・ドイツの開発した猛毒の神経系ガス。現代用語 フレッシュアイペディアより)

  • CBIRF

    CBIRFから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年に発生した地下鉄サリン事件を契機に1996年4月1日、チャールス・C・クラークアメリカ海兵隊総司令官の下に組織され、アメリカ合衆国、メリーランド州インディアンヘッド、インディアンヘッド海軍水上戦センターに所在する。CBIRF フレッシュアイペディアより)

  • 約束された場所で

    約束された場所でから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年3月20日、地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の信者、元信者8人に村上春樹自身がインタビューをし、それを中心にまとめた。インタビューは『文藝春秋』1998年4月号から11月号に掲載された。約束された場所で フレッシュアイペディアより)

  • 迷彩服1型

    迷彩服1型から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    迷彩服1型(めいさいふく1がた)は、陸上自衛隊で使用されていた迷彩服である。現在では、迷彩服2型の採用で殆ど姿を消している。迷彩服2型の採用により「旧迷彩服」と呼ばれる場合もある。実戦で使用された事は無いが、地下鉄サリン事件後、オウム真理教の施設への強制捜査の際はサリン等の使用を考慮し、警察がガスマスクと共にこの戦闘服と同じ迷彩パターン状の戦闘防護衣を使用した事は有名。迷彩服1型 フレッシュアイペディアより)

  • 密教21フォーラム

    密教21フォーラムから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教の犯罪で、大量殺人の教義的根拠として悪用された密教の名誉回復のために、日本に展開した正統の密教、つまり弘法大師空海の密教世界を正しく社会に伝えるため、その立場から現代のさまざまな問題、とくに生命倫理の問題に対して発言をしたり、密教や弘法大師空海の知恵や方法を現代の情報技術を駆使して情報教材化したり、各種フォーラムを実施している。密教21フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • ノストラダムスの大予言

    ノストラダムスの大予言から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    宮崎哲弥や山本弘は、ベストセラーになったこの本が1980年代以降の新興宗教に少なからぬ影響を与えたと指摘している。実際、この時期の新興宗教には、自分の教団(もしくは教祖)こそが、上記の世界を救う「別のもの」であると主張するものも見られた。さらにこうした影響がその後のオウム真理教による地下鉄サリン事件発生の遠因になったと指摘する者たちもいる。ノストラダムスの大予言 フレッシュアイペディアより)

  • 外崎清隆

    外崎清隆から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    青森県内の高校を卒業後上京し、ガソリンスタンド店員や土木作業員などをしていた。その後1986年11月にオウム神仙の会に入信し、1987年8月に出家。地下鉄サリン事件の散布役であった横山真人の送迎を担当した。事件後逃走したが、4月に逮捕される。外崎清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 神秘体験

    神秘体験から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    苫米地は、こうした体験は、瞑想や観想、激しい肉体的な宗教的修行によって引き起こされることも多いが、宗教体系の価値とは無関係であるにもかかわらず、多くのカルトやテロリストでは修行の行為に内因的に含まれるものであって、宗教的意味合いがあるとみせかけることが信者獲得や洗脳の常套手段になっている、とした。苫米地によると、こうした体験に特別な意味づけがなされることで脱洗脳が困難となり、非洗脳者(? 被洗脳者?)がテロリストとなり、大きな犯罪を犯すことが知られている、という。日本では、麻原彰晃がオウム真理教でこの手法を使い、地下鉄サリン事件を初めとする数多くの犯罪を起こした。苫米地は、カルトにより神秘体験をさせられ強く洗脳された者をデプログラミング(脱洗脳)させるためには、より強烈な神秘体験、カタルシス体験をさせるしかない、としている。神秘体験 フレッシュアイペディアより)

293件中 41 - 50件表示

「地下鉄サリン事件」のニューストピックワード