353件中 41 - 50件表示
  • 坂本堤弁護士一家殺害事件

    坂本堤弁護士一家殺害事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    結果的にオウムは相変わらず活動を続けることができ、松本サリン事件、地下鉄サリン事件など多くの事件を起こすこととなる。坂本堤弁護士一家殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 報道特別番組

    報道特別番組から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    テロリズムやハイジャック、大量殺人など、多数の死傷者が出ていると見られる、もしくは多数の市民の生命が危険に晒されるような事件が発生した場合。1970年3月31日のよど号ハイジャック事件、1972年2月のあさま山荘事件、1974年8月30日の三菱重工爆破事件、1979年1月26日の三菱銀行人質事件、1989年8月の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、1994年6月の松本サリン事件、1995年3月20日の地下鉄サリン事件、1997年5月の神戸連続児童殺傷事件、1998年7月の和歌山毒物カレー事件、2000年5月の西鉄バスジャック事件、2008年6月8日の秋葉原無差別殺傷事件、2016年7月26日の相模原障害者施設殺傷事件がその実例。特にあさま山荘事件や地下鉄サリン事件では、終日実施された。なお、NHKで放送されたあさま山荘事件の人質救出日の報道特別番組は視聴率50.8%を記録し、現在も報道特別番組の視聴率としては、歴代最高の数値である。報道特別番組 フレッシュアイペディアより)

  • 聖路加国際病院

    聖路加国際病院から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    また、新病院は大規模災害など大量の被災者発生の際には、機能を臨時拡張して医療処置を遂行できるよう設計されている。具体的には、施設内のあらゆる壁面に酸素供給口が設けられており、チャペル(礼拝堂)・ロビー・ホール・廊下などでの救急救命医療処置が可能になっているが、これは当時の常務理事である日野原重明が、スウェーデンの病院に同様の設計があることから提言して実現したものである日野原がこの設計を取り入れたのは、東京大空襲の経験による。建設当時は無駄との批判もあったこの機能は、新病院完成から3年後の1995年に発生した地下鉄サリン事件の被害者診療時で大いに活用され、他の大病院でも採用されるようになった。聖路加国際病院 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田亨

    豊田亨から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    教団内でのステージは師長だったが、地下鉄サリン事件3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。教団が省庁制を採用した後は科学技術省次官の一人となる。東京大学准教授の伊東乾は大学時代の同級生で友人。元オウム車両省大臣・アレフ幹部だった野田成人は高校・大学の先輩にあたる。豊田亨 フレッシュアイペディアより)

  • 帝都高速度交通営団

    帝都高速度交通営団から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年(平成7年)3月20日、「地下鉄サリン事件」が発生した。日比谷線・丸ノ内線・千代田線などに、化学兵器として使用される神経ガスサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、5,510人が重軽傷を負った。銀座線・東西線・半蔵門線も当日午前中は運休した。詳細は「地下鉄サリン事件」を参照のこと。帝都高速度交通営団 フレッシュアイペディアより)

  • 石川公一

    石川公一から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    石川 公一(いしかわ こういち)は、オウム真理教の元幹部。ホーリーネームはサルヴァニー・ヴァラナヴィシュカンビン。徳島県出身。省庁制が採用された後は、「法皇官房」の実質的な責任者であった。教団内でのステージは師長だったが、地下鉄サリン事件3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。石川公一 フレッシュアイペディアより)

  • 永岡弘行

    永岡弘行から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件以降、法廷での傍聴や東京拘置所での幹部信者との面会を続けた。VX事件や坂本弁護士事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件などの加害者であり麻原信仰を貫いている新実智光にも面会を重ね、新実について「とても礼儀正しい男」であるとしている。またVXを製造した土谷正実の両親とも交友がある。永岡はオウムの信者を見て、かつて会社のセミナーでホテルに缶詰めにされ研修させられた自分と似ていると感じたという。永岡弘行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の救急車

    日本の救急車から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    2006年(平成18年)、引退。この間、地下鉄サリン事件、営団日比谷線脱線衝突事故、歌舞伎町ビル火災等に出動した。日本の救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 永山則夫連続射殺事件

    永山則夫連続射殺事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    この判例以降、4人以上殺害した殺人犯に対しては、裁判所が被告人の犯行時の心神耗弱・自首・従犯・未必の故意・無理心中に対する情状酌量などを認定して無期懲役に減軽して判決を言い渡した事例(1980年の新宿西口バス放火事件〈6人殺害、心神耗弱〉や1981年の深川通り魔殺人事件〈4人殺害、心神耗弱〉、1982年の西成区麻薬中毒者殺人事件〈4人殺害、心神耗弱〉、2000年のテレホンクラブ放火殺人事件〈4人殺害、未必の故意〉、2002年の北九州監禁殺人事件〈6人殺害、1人傷害致死。犯人2人のうち1人。従犯〉、2005年の中津川一家6人殺傷事件〈5人殺害、無理心中に対する情状酌量〉等の例)を除けば、裁判所は原則としては死刑判決を適用している。なお、1989年の熊谷養鶏場宿舎放火殺人事件は、殺人の前科があったものの、共犯者が無期懲役が確定していたため、刑の均衡を失するとして、第一審の死刑判決を破棄・無期懲役判決が言い渡されたが、上告中に被告人が病死し、最高裁で公訴棄却となった。また、1995年の地下鉄サリン事件(オウム真理教事件)の林郁夫(散布した車両では2人死亡)は、本来ならば死刑が求刑されてもおかしくないケースだったが、自首を有利な情状と認定した検察側が死刑求刑を見送り、求刑通り無期懲役判決が確定した。永山則夫連続射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 約束された場所で

    約束された場所でから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年3月20日、地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の信者、元信者8人に村上自身がインタビューをし、それを中心にまとめた書籍である。インタビューの初出は『文藝春秋』1998年4月号から11月号に掲載された「ポスト・アンダーグラウンド」。あとがきは、『本の話』(文藝春秋)1998年10月号に掲載されたエッセイ「時代の精神の記録 林郁夫『オウムと私』について」をもとにしたものである。約束された場所で フレッシュアイペディアより)

353件中 41 - 50件表示