293件中 51 - 60件表示
  • 大塚万吉

    大塚万吉から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1989年10月のTBSビデオ問題を取材する関係者は「TBSの元プロデューサーである吉永春子(報道番組の制作プロダクション『現代センター』社長)は大塚万吉と親しく、そのルートやロシア取材での接触などを通じて、TBSは地下鉄サリン事件以前から早川紀代秀などオウム幹部と交渉があった。そこから、村井秀夫刺殺事件の時の徐裕行の追跡撮影や逮捕直前の早川独占インタビュー、オウム裏部隊の潜入取材など、他のメディアがまったく手の出なかった“スクープ”が生まれた」との疑惑を一様に口にする、と指摘された。大塚万吉 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都災害拠点病院

    東京都災害拠点病院から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件の時、聖路加国際病院は礼拝堂に負傷者を収容した東京都災害拠点病院 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラ・システム (ガンダムシリーズ)

    ソーラ・システム (ガンダムシリーズ)から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教が、「恒星反射砲」と言う名でソーラ・システムと同様の構想を抱いていた(当時の朝日新聞の記事による)ソーラ・システム (ガンダムシリーズ) フレッシュアイペディアより)

  • 杉本繁郎

    杉本繁郎から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件の実行犯林泰男の送迎を担当した。他にも教団がらみのリンチ殺人に加担している。杉本繁郎 フレッシュアイペディアより)

  • リスク・コミュニケーション

    リスク・コミュニケーションから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    震災以降、風水害や地下鉄サリン事件などのテロを経験した日本社会はマルチハザード時代に入ったといわれ、また政治行政をとりまく環境も地方分権の流れもあり、行政と専門家、企業が市民が対話し合う土壌が生まれつつある中で、リスクコミュニケーションの取り組みに対する注目が集りつつある。リスク・コミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教男性信者逆さ吊り死亡事件

    オウム真理教男性信者逆さ吊り死亡事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年3月の地下鉄サリン事件以降の警察の捜査において、大内の自供により事件が発覚、隠蔽にかかわったとして石井や山本まゆみらが死体遺棄罪で起訴され、いずれも有罪が確定したが、大内は不起訴となった。オウム真理教男性信者逆さ吊り死亡事件 フレッシュアイペディアより)

  • 三上英昭

    三上英昭から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件・林郁夫被告の一審公判(一審東京地裁裁判長・判決直前に山室惠判事と交代し判決は言い渡さず)三上英昭 フレッシュアイペディアより)

  • 国家的法益

    国家的法益から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    以上の行為を行った場合、死刑とされるのは首謀者だけで、現場指揮者は無期禁錮となることから、浅間山荘事件(1972年)でも地下鉄サリン事件(1995年)でも実行犯が主張した。特別永住者が犯した場合、国外退去の対象になる。一審は高等裁判所。ただし、内乱が成功したら、内乱行為が裁かれることは無い。国家的法益 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木浩

    荒木浩から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    2005年3月、地下鉄サリン事件から10年を迎え東京メトロ霞ケ関駅で行なわれた慰霊式に出席。マスメディアに登場したのは1年ぶりと報じられた。荒木浩 フレッシュアイペディアより)

  • 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律

    無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    日本政府が地下鉄サリン事件等の凶悪事件を起こしたオウム真理教に対して破壊活動防止法の適用を請求したが、1997年1月に公安審査委員会が請求棄却され、既存の法律ではオウム真理教の後継団体に対して団体に対する法規制できないことがきっかけで、作成された。無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律 フレッシュアイペディアより)

293件中 51 - 60件表示

「地下鉄サリン事件」のニューストピックワード