353件中 81 - 90件表示
  • 緒方重威

    緒方重威から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    最高検察庁公安部長、公安調査庁長官を歴任。公安調査庁長官在任中に1995年3月にオウム真理教による地下鉄サリン事件が発生した際には、長官として一連の凶悪事件を起こしたオウム真理教に対する情報収集を強化した。緒方重威 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグレスキュー

    ビッグレスキューから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年1月の阪神淡路大震災、3月の地下鉄サリン事件発生を受け、近年中に発災が危惧される首都圏直下型地震とそれに付随する不測事態の対処能力を検証するために2000年9月3日、東京都総合防災訓練「ビッグレスキュー東京2000」として東京都で開催された。訓練は約2万5000人が参加して、葛西・晴海・銀座など都内の計10会場で行われた。都内の主要官公庁のほかNTTや東京電力、帝都高速度交通営団(現東京メトロ)・都営地下鉄なども参加する大規模な訓練となった(志方はこのときも石原慎太郎東京都知事の要請により参与として訓練に参加)。ビッグレスキュー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木和宏

    鈴木和宏から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件直後の1995年3月に東京地方検察庁検事に就任。刑事部の本部係でオウム真理教事件の主任検事として捜査を指揮し、宗教法人オウム真理教の代表麻原彰晃の起訴も行った。麻原が起訴されるまで一度もひげをそらなかったエピソードが知られている。1996年4月東京地方検察庁刑事部副部長。鈴木和宏 フレッシュアイペディアより)

  • リスク・コミュニケーション

    リスク・コミュニケーションから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    震災以降、風水害や地下鉄サリン事件などのテロを経験した日本社会はマルチハザード時代に入ったといわれ、また政治行政をとりまく環境も地方分権の流れもあり、行政と専門家、企業が市民が対話し合う土壌が生まれつつある中で、リスクコミュニケーションの取り組みに対する注目が集まりつつある。リスク・コミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • 井の頭公園バラバラ殺人事件

    井の頭公園バラバラ殺人事件から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    また、事件の約11ヵ月後にはオウム真理教による地下鉄サリン事件が起きたことから、警視庁捜査1課の本事件の捜査員もオウム真理教事件に招集され捜査本部は解散となり、三鷹署に単独で引き継がれた。その後、捜査一課が本事件を担当することはなかった。井の頭公園バラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣危機管理監

    内閣危機管理監から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    かつては内閣官房に内閣安全保障室(後に内閣安全保障・危機管理室)が、内閣総理大臣官房(総理府の大臣官房)に安全保障室(後に安全保障・危機管理室)が設置され、警察庁・防衛庁とは別に政府中枢の組織として国防を含めた危機管理の対応に当たっていたが、地下鉄サリン事件のような驚異的事態の発生により、内政的な危機管理の対応強化を求める世論が高まった。これを受け、国防部分を除く危機管理対策に特化して内閣安全保障・危機管理室(総理府の安全保障・危機管理室は対象外)の指揮監督をする高官として新設されたのが内閣危機管理監である。内閣危機管理監 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎忠昭

    山崎忠昭から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    1995年の地下鉄サリン事件後、事件の参考試写で『殺人狂時代』を見た公安警察がその内容を不審がり、脚本を務めた山崎の元を訪ねてきたことがあったという。山崎忠昭 フレッシュアイペディアより)

  • シェー教の崩壊

    シェー教の崩壊から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件で一躍有名となった宗教団体オウム真理教を元ネタに、宗教団体シェー教の教祖となったイヤミを主人公として、赤塚キャラ総出演の大作となった。シェー教の崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • わいど!ウォッチャー

    わいど!ウォッチャーから見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    この番組の放送期間中には北海道南西沖地震、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件など様々な事件や事故が起きたため、特番体制での放送を行ったこともある。わいど!ウォッチャー フレッシュアイペディアより)

  • 芹沢俊介

    芹沢俊介から見た地下鉄サリン事件地下鉄サリン事件

    東京府出身。上智大学経済学部卒業。吉本隆明に師事し、文学論などから、教育論、宗教論などに論陣を張る。吉本の弟子のうち小浜逸郎が、フェミニズム批判などの右派部分を受け継いだのに対して左派的な部分を受け継ぎ、小浜を「吉本右派」、芹沢を「吉本左派」と呼ぶ。90年代は吉本隆明と同じくオウム真理教に対して常に好意的な論調であり、地下鉄サリン事件がオウムの犯行であると発覚した以降も擁護を続けたためメディアから激しいバッシングを受けた。近年は家族、教育に関する著作が中心で、家族や教育が関係する犯罪についても言及も多い。また、グループホーム(養護施設)との関係から生まれた新たな視点から家族を分析し、近代に失われつつある原点の家族を追求している。不登校・引きこもりの若者の集まるNPOシューレ大学のアドバイザー。芹沢俊介 フレッシュアイペディアより)

353件中 81 - 90件表示