276件中 11 - 20件表示
  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た前原誠司

    2010年3月20日、発生から15年となった、東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で慰霊式が開かれ、鳩山由紀夫首相(当時)や前原誠司国交相(当時)らが献花に訪れた。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た阪神・淡路大震災

    麻原は同1月17日の阪神・淡路大震災により警察の強制捜査は一旦遠のいたと考えていたが、同年2月末の公証人役場事務長逮捕監禁致死事件でのオウムの関与が疑われ、麻原ら教団幹部は強制捜査が切迫していると危機感を抱いた。オウム内部では、1994年11月頃から東京の現職警官信者からの情報として強制捜査の噂が流れていた。警視庁公安部内のオウム信者の情報では、薬品の購入ルートが調査されていることが麻原に報告されていた。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た共同通信社

    豊田は、東武伊勢崎線(現・東武スカイツリーライン)直通、東武動物公園行き列車番号「B711T」の先頭車両に始発の中目黒駅から7時59分に乗り込み、恵比寿駅でサリンのパックを刺した(ニュースやワイドショーなどで、当該車両のドア脇に転がったサリンのパックが撮影された写真が用いられている)。六本木駅 - 神谷町駅間で異臭に気付いた乗客が窓を開けたが複数の乗客が倒れた。神谷町駅に到着後、乗客が運転士に通報し、被害者は病院に搬送された。その後、後続列車が六本木駅を出たため、先頭車両の乗客は後方に移動させられ、列車は霞ケ関駅まで走行したのち、運行を取り止めた。この電車では1人が死亡し、532人が重症を負っている(後に、事件翌日に心筋梗塞で死亡した1人についても、サリン中毒死と認定された)。サリンの撒かれた車両には映画プロデューサーのさかはらあつしも乗り合わせていた。また当時共同通信社員の辺見庸が神谷町駅構内におり、外国人1人を救出した。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た帝都高速度交通営団

    宗教団体のオウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスのサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のない事件であり、国内外に大きな衝撃、影響を与えた。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た共同通信

    2010年(平成22年)2月22日、共同通信は、事件当時の警察庁長官だった国松孝次が地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人である高橋シズヱのインタビューに答えて「警察当局は、オウム真理教が3月22日の強制捜査を予期して何らかのかく乱工作に出るという情報を事件の数日前に得ていた」と発言した報道を配信した。国松は「情報に具体性がない」ために予防措置を講じることは不可能だったとの認識を示しているが、共同通信は「当時の捜査があらためて問われそうだ」と報道している。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見たテレビ朝日

    在京キー局の中で、現場映像と同時に事件速報がもっとも早かったのが、テレビ朝日で生放送中だった『スーパーモーニング』であった。事件が発生した日、在京キー局の地上波テレビではNHK教育以外全ての局において8時30分以降の通常番組が報道特別番組に変更された。また、事件発生から2日後の強制捜査の中継も放送された。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た東武鉄道

    列車番号B711T、東武春日部検修区所属20000系第11編成(21811F以下8連・平成29年9月廃車)地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た国松孝次

    2010年(平成22年)2月22日、共同通信は、事件当時の警察庁長官だった国松孝次が地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人である高橋シズヱのインタビューに答えて「警察当局は、オウム真理教が3月22日の強制捜査を予期して何らかのかく乱工作に出るという情報を事件の数日前に得ていた」と発言した報道を配信した。国松は「情報に具体性がない」ために予防措置を講じることは不可能だったとの認識を示しているが、共同通信は「当時の捜査があらためて問われそうだ」と報道している。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た辺見庸

    豊田は、東武伊勢崎線(現・東武スカイツリーライン)直通、東武動物公園行き列車番号「B711T」の先頭車両に始発の中目黒駅から7時59分に乗り込み、恵比寿駅でサリンのパックを刺した(ニュースやワイドショーなどで、当該車両のドア脇に転がったサリンのパックが撮影された写真が用いられている)。六本木駅 - 神谷町駅間で異臭に気付いた乗客が窓を開けたが複数の乗客が倒れた。神谷町駅に到着後、乗客が運転士に通報し、被害者は病院に搬送された。その後、後続列車が六本木駅を出たため、先頭車両の乗客は後方に移動させられ、列車は霞ケ関駅まで走行したのち、運行を取り止めた。この電車では1人が死亡し、532人が重症を負っている(後に、事件翌日に心筋梗塞で死亡した1人についても、サリン中毒死と認定された)。サリンの撒かれた車両には映画プロデューサーのさかはらあつしも乗り合わせていた。また当時共同通信社員の辺見庸が神谷町駅構内におり、外国人1人を救出した。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た強制捜査

    事件から2日後の3月22日に、警視庁はオウム真理教に対する強制捜査を実施し、事件への関与が判明した教団の幹部クラスの信者が逮捕され、林郁夫の自供がきっかけとなって全容が明らかになり、5月16日に教団教祖の麻原彰晃が事件の首謀者として逮捕された。地下鉄サリン事件の逮捕者は40人近くに及んだ。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

276件中 11 - 20件表示