276件中 61 - 70件表示
  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見たゴールデンウィーク

    通常の捜査は過去の出来事を調べるものだが、オウム真理教事件では目前で新たな事件が次々に起こっており、新たなテロを食い止める必要があったためにあらゆる法律を駆使したぎりぎりの判断を迫られるような戦争に近いものであった。ゴールデンウィークが迫る頃には政府から警察に対し安全確保の要請が来た。東京ドームや新幹線でサリンを撒かれると大きな被害を出すという理由であった。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た新宿西口バス放火事件

    1980年新宿西口バス放火事件、6人死亡・14人負傷地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た警察庁長官狙撃事件

    3月30日、事件の指揮に当たった、国松孝次警察庁長官(当時)が自宅のマンション前で銃撃される事件が発生(警察庁長官狙撃事件)。オウム捜査との関連が疑われたが、犯人が特定されないまま、2010年3月30日に時効を迎えた。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た都営地下鉄

    この事件後、全国の多くの駅ごみ箱が撤去され、営団地下鉄はこれ以降全車両のドアに「お願い 駅構内または車内等で不審物・不審者を発見した場合は、直ちにお近くの駅係員または乗務員にお知らせ下さい」という文面の警告ステッカーを貼りつけた(その後、東京地下鉄(東京メトロ)への移行に前後して英語版も掲出、同時期に都営地下鉄にも拡大)。同様のステッカーが他の鉄道事業者に波及するようになるのはアメリカ同時多発テロ事件以降である。その後、各鉄道事業者で中身が見えるゴミ箱が設置されるようになり、東京メトロでも2005年4月から設置されている。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た賃貸住宅

    地方自治体や賃貸住宅が信者の居住を拒否したり、商店主が信者への商品の販売を拒否する事例も相次いだ。また、信者への住居の賃貸、土地の販売の拒絶も相次ぎ、一部の自治体では信者の退去に公金を使うこととなった。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た公証人役場事務長逮捕監禁致死事件

    麻原は同1月17日の阪神・淡路大震災により警察の強制捜査は一旦遠のいたと考えていたが、同年2月末の公証人役場事務長逮捕監禁致死事件でのオウムの関与が疑われ、麻原ら教団幹部は強制捜査が切迫していると危機感を抱いた。オウム内部では、1994年11月頃から東京の現職警官信者からの情報として強制捜査の噂が流れていた。警視庁公安部内のオウム信者の情報では、薬品の購入ルートが調査されていることが麻原に報告されていた。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た官公庁

    1995年(平成7年)3月20日は月曜日で、事件は平日朝のラッシュアワーのピーク時に発生した。霞ヶ関の官公庁の公務員は、通常は午前9時30分頃に出勤することが多い。しかし、月曜日だけは朝早くに朝礼があるところが多く、8時という早い時間を狙ったのはそういう官公庁の内部を知っている者が犯人の中にいたからではないかと推測できる。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見たデパート

    正午頃 - 実行役及び杉本と、当初送迎役を指名されていた(後述)平田信らは新宿のタイ料理店で食事、デパートで変装用の眼鏡・かつら・スーツなどを購入。その後在家信者に依頼し犯行用の車を借りる。上九では村井が遠藤に、早くサリン生成をやれと催促地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見た野澤亘伸

    その他、フリーダイビング選手の岡本美鈴やカメラマンの野澤亘伸もこの事件に遭遇している。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄サリン事件

    地下鉄サリン事件から見たペットボトル

    同年6月に起きた全日空857便ハイジャック事件で犯人がオウム教団を名乗り、液体の入ったペットボトル(サリン入りとしていたが実際には水)を見せ「松本を釈放しろ」と要求した。犯人逮捕後、オウムとは無関係の愉快犯によるものであったことが判明した。地下鉄サリン事件 フレッシュアイペディアより)

276件中 61 - 70件表示