前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • チェイス〜国税査察官〜

    チェイス〜国税査察官〜から見た地下銀行地下銀行

    第1話では、基一から租税回避の依頼を受け、基一に租税回避スキーム「レバレッジドリース」を行い、40億の飛行機を購入し東アジア航空へとリースする。圭介と歌織をヴァージン諸島へと呼び、タックス・ヘイブンを利用する。財津のストックしてある20億の資産を消す依頼を受け「Zaiccレンタカー」の資金を架空の会社である「サジタリウス」に流し、圭介を社長にさせる。彼の死亡により「サジタリウス」は清算され、20億を消すことに成功する。その後、飛行機が墜落したことによって合理的に節税にも成功する。第2話では「イミテーションゴールド」を行い、隠し金を戻すために歌織たちと共に香港へ向かい、18億相当のニセモノの貴金属を香港で捨て、地下銀行にある18億で本物の貴金属を購入して帰国し、リャオと財津を切り捨て税関突破に成功する。第3話で基一の父・正道の資産の相続税を消す依頼を受け、歌織と基一を結婚させ、相続税のない国で子供を出産し、国籍を取らせた後に資産を相続させる計画を考える。第4話で国税局が「ライトキャスト」について調べているのを知り、闇社会の力を使って新谷の不祥事を暴き、調査を中止させる。同時に「コーポレイトインバージョン」を行い、不動産資産を除いた5800億円で株を購入し、相続税納付に合わせて株価を暴落させ、株価が100分の1になれば資産価値が下がり、額も100分の1になり、納税後に株価を元に戻すスキームを実行することにし、檜山家の5800億円を使ってボリビアの炭酸リチウム採掘場の株を購入し爆発させる計画を行い、ウォンの死を代償に成功する。第5話でウォンの死に大きなショックと正道に対しての復讐が達成するも大きな喪失感を同時に受け、取り付かれたかのように計画を行っていく中で、暴落していた株価が回復し、資産は戻って株券は現金化され、基一の口座に振り込むも名義を変更させ、檜山家の財産を全て奪い、歌織と光と共にヴァージン諸島に移り住み、一年後に草輔に接触し、品田の命令によって来た草輔と再会する。地下で焼身自殺を図ろうとしたが車で逃亡するも事故で大怪我を負い、命がけで助けようとしながら説得する相手の言葉に心を動かされ、共に日本へと帰国する中で基一に刺された傷のまま、文子の元へと向かうときに静かに息を引き取る。最後に草輔に文子のスイス銀行の番号を教える。チェイス〜国税査察官〜 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁特別捜査官

    警視庁特別捜査官から見た地下銀行地下銀行

    犯罪に関する財務分析、資金の解明等である。捜査範囲は経済犯罪、企業犯罪、フロント企業、粉飾決算、経済詐欺、地下銀行、旅券不正取得などにおよぶ。警視庁特別捜査官 フレッシュアイペディアより)

  • 組織犯罪

    組織犯罪から見た地下銀行地下銀行

    地下銀行 - 犯罪団体が得た金銭を密かに別の金融機関に送金する(マネーロンダリング。集める事で金の出所を分からなくする)。組織犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル銀行

    ブラジル銀行から見た地下銀行地下銀行

    2004年12月16日、長年にわたり不法就労者の送金を請け負う地下銀行との取引を続けていたことや、行員による預金の横領等の不祥事件を金融庁に届け出なかったなど、多数の法令違反が発覚したとして、金融庁は同24日から外国為替送金を伴う法人顧客との新規取引業務を停止する行政処分が行なわれ、2006年6月30日に解除されている。ブラジル銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 黒社会

    黒社会から見た地下銀行地下銀行

    正規の送金でかかる15%の税金を逃れるための不正送金にも黒社会が関与しているとされる。警察庁によると1992年から2001年までに摘発された不正送金(地下銀行)グループによる中国への不正送金は11件、総額1200億円である。また、2008年に不正送金グループが45口座を日本の金融機関に所有し、5年間に24億円を不正送金していた事件が摘発されている。黒社会 フレッシュアイペディアより)

  • 匿名通報ダイヤル

    匿名通報ダイヤルから見た地下銀行地下銀行

    銀行業を営む資格がないのに国外送金等を代行(地下銀行匿名通報ダイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 外国人犯罪

    外国人犯罪から見た地下銀行地下銀行

    犯罪インフラには不法滞在の外国人が犯罪を目的とする地下銀行と不法就労や不法滞在を目的とする偽装結婚の犯罪組織のほかに、三大都市圏(東京・名古屋・大阪)と政令指定都市および県庁所在地を含む地方の「ヤード」などと呼ばれている自動車解体施設(解体屋)なども挙げられる。東京都を管轄する警視庁および道府県警察本部の捜査員は2010年(平成22年)6月に全国で合計400箇所以上の「ヤード」に一斉立ち入りを行ったが、グローバルに展開する日本国内の外国人犯罪の拠点になっていないか実態を解明する目的も大きかった。外国人犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 地下

    地下から見た地下銀行地下銀行

    地下銀行は、銀行法の免許を持たず、不正に海外に送金する(銀行法違反)業者。本人確認が必ずしも必要でなく、また、正規の銀行よりも格安、迅速なので、おもに不法残留外国人が利用し、不法就労や犯罪で入手したカネを母国に送る。地下 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国外換銀行

    韓国外換銀行から見た地下銀行地下銀行

    在日3店は、2005年12月の金融庁検査の際に、2001年-2005年の間、銀行法違反の無免許営業を行ういわゆる「地下銀行」と取引していたとして、2006年3月10日-6月9日の3ヶ月間、新規の法人海外送金業務を禁止する業務停止命令を受けた。韓国外換銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 華凰会

    華凰会から見た地下銀行地下銀行

    正規の送金でかかる15%の税金を逃れるための不正送金にも黒社会が関与しているとされる。警察庁によると1992年から2001年までに摘発された不正送金(地下銀行)グループによる中国への不正送金は11件、総額1200億円である。また、2008年に不正送金グループが45口座を日本の金融機関に所有し、5年間に24億円を不正送金していた事件が摘発されている。華凰会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示