前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • 大篠津町

    大篠津町から見た地価地価

    大正元年(1912年)12月『山陰実業名鑑』によると、地価三百円の土地所有者数は三十一人、所得税納入者は十五人、国税営業税納入者は十五人である。次に示すのは営業税納入者と税額であるが、◎印は地価、所得税共に記載があるもの、○印は所得税、△印は地価のみの記載があるものである。大篠津町 フレッシュアイペディアより)

  • ロードサイド店舗

    ロードサイド店舗から見た地価地価

    また、バイパス道路の開通当初はまだ地価も比較的低いことから、広めの店舗開設がしやすい。このためフランチャイズを含む全国チェーンのロードサイド店が軒を並べる現象がみられる。ロードサイド店舗 フレッシュアイペディアより)

  • 風塵抄

    風塵抄から見た地価地価

    熱いフライパン ? 地価急騰風塵抄 フレッシュアイペディアより)

  • 地価公示法

    地価公示法から見た地価地価

    地価公示法(ちかこうじほう)とは、地価の公示に関し規定した日本の法律である。地価公示法 フレッシュアイペディアより)

  • 名島嘉吉郎

    名島嘉吉郎から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町の地価一万円以上の大地主をみると、坂口平兵衛(七万二千八百一円)を筆頭に、三好栄太郎(五万六千二百六円)、名島嘉吉郎(四万七千六百七十七円)、益尾吉太郎(四万七千七百五十四円)、松村吉太郎(三万六千百四十六円)、木村吉兵衛(二万四千五百九十六円)、野坂茂三郎(一万五千七十八円)となっている。次に『郡勢一斑』から見積り所得額三千円以上の人々の名を掲げる。年度は大正4年(1915年)である。坂口平兵衛(三万四千五百五十九円)、名島嘉吉郎(二万千九百二十八円)、三好栄次郎(一万二千五百十四円)、野坂茂三郎(一万二千二円)。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。名島嘉吉郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野坂寛治

    野坂寛治から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町の地価1万円以上の大地主をみる。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。初代坂口平兵衛(七万二千八百一円)を筆頭に、三好栄太郎(五万六千二百六円)、名島嘉吉郎(四万七千六百七十七円)、益尾吉太郎(四万七千七百五十四円)、松村吉太郎(三万六千百四十六円)、木村吉兵衛(二万四千五百九十六円)が続き、第7位に野坂茂三郎(一万五千七十八円)がある。次に『郡勢一斑』から見積り所得額三千円以上の人々の名を掲げる。年度は大正4年(1915年)である。坂口平兵衛 (初代)(三万四千五百五十九円)、名島嘉吉郎(二万千九百二十八円)、三好栄次郎(一万二千五百十四円)、第4位に野坂茂三郎(一万二千二円)がある。野坂寛治 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市都心部

    仙台市都心部から見た地価地価

    ここに、東京で盛んな不動産投資信託 (REIT) が、利幅が減った東京から地方に投資先を振り向けたため、都心部の東二番丁通り沿いや仙台駅周辺に次々と供給されている大型空き地(東北学院中学・高等学校跡地、JT跡地、仙台中央警察署跡地など)を県外資本が高額で買収しており、オフィスビルやホテル、高層マンションなどの計画を打ち出している。そのため、楽天イーグルスが進出した仙台駅東口の地価がまず上昇に転じ、その後、都心部全体が地価上昇に転じた。仙台市都心部 フレッシュアイペディアより)

  • スタンフォード (コネチカット州)

    スタンフォード (コネチカット州)から見た地価地価

    スタンフォードはニューヨークに近く、治安も良いことから、住宅地としての人気が高く、そのため複雑な住宅事情を抱えている。ダウンタウンの北側、特にストロベリーヒル通り(Strawberry Hill Avenue)沿いには高層アパートやコンドミニアムが多く建っている。グレンブルック地区(Glenbrook)やコーブ地区(The Cove)にもコンドミニアムが多い。一方、ウェストオーバー(Westover)、シッパン(Shippan)、ノース・スタンフォードの各地区には一戸建ての高級住宅が並ぶ。地価が高いため、北東部の他の主要都市で見られるようなダウンタウンの荒廃はスタンフォードではほとんど見られない。しかし、サウス・エンド地区やインナーシティのウェスト・サイド地区(West Side)、ウォーターサイド地区(Waterside)の一部には地価の高いダウンタウンや市内の他地区に住めない貧民が集中し、過密状態に陥ったスラムが広がっており、スタンフォードにおける貧富の差の大きさを物語っている。スタンフォード (コネチカット州) フレッシュアイペディアより)

  • 都心

    都心から見た地価地価

    ただし、高級デパートや高級ブランド店など、高額商品を扱う小売店も単位床面積あたりの売上額が大きいため、それらが集中する地区も富の中心として都心と見なされることもある。地価または賃料に見合う売り上げがなければビジネスは成り立たないが、地価の変動や建築物の高層化などにより単位床面積あたりの賃料が変化し、都心の機能が変化することもある。都心 フレッシュアイペディアより)

  • 都心回帰

    都心回帰から見た地価地価

    都心回帰(としんかいき)とは、地価の下落などによって都心部の居住人口などが回復する現象で、日本においては東京・大阪など主要都市圏で見られる。都心回帰 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「地価」のニューストピックワード