139件中 91 - 100件表示
  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見た地価地価

    しかし、1930年代に世界恐慌のために人が離れ始め、地価や家賃が下がり、労働者階級の人々が流れ込み始めた。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 1988年

    1988年から見た地価地価

    地価値上がり続く-都心部以外にも波及1988年 フレッシュアイペディアより)

  • 中内功

    中内功から見た地価地価

    1990年代後半になってバブル景気の崩壊により地価の下落がはじまり、地価上昇を前提として店舗展開をしていたダイエーの経営は傾きはじめた。また、店舗の立地が時代に合わなくなり、業績も低迷。さらに展開していたアメリカ型ディスカウントストアのハイパーマートが失敗、当時の消費者の意識が「安く」から「品質」に変わったこと、家電量販店などの専門店が手広い展開を始めたことなどから、ダイエーは徐々に時代の流れに遅れをとった。中内功 フレッシュアイペディアより)

  • 9月21日

    9月21日から見た地価地価

    1992年 - 国土庁調査で東京圏の地価が初めて下落。9月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 倶知安町

    倶知安町から見た地価地価

    ロス・フィンドレーがニセコに移住したのがきっかけ により、次第に口コミでオーストラリアへと広がった。これが評判となり、南半球が夏季になる時期にニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフのパウダースノーを滑るためにオーストラリアからの観光客が近年多く押し寄せるようになった。2006年(平成18年)には東京・名古屋・大阪の三大都市圏の住宅地をさしおいて住宅地地価上昇率日本一に躍り出た。これはオーストラリア人観光客を見込んだホテルや短期滞在用住宅の需要が原因と見られている。その一方で、地価上昇の原因である建設・買収されたホテルの多くがオーストラリア資本によるものであり、それにより地元に金を落としにくい状態にしているため、観光客増加が今後の地元経済にプラスになるかどうかは未知数である。倶知安町 フレッシュアイペディアより)

  • 泡盛

    泡盛から見た地価地価

    沖縄県内産以外であっても、材料・製法を踏襲すれば「泡盛」や「クース」と表示出来ることを利用し、モンゴルなどの、人件費や地価が極端に安い外国で製造する動きも始まっている。年数を要する貯蔵まで現地で行おうというものである。なお、一般の泡盛の不良在庫(デッドストック)の分を「古酒」として売ることも出来る。この場合、保存状態により品質にばらつきが出るため、味の調整をしてブレンド古酒として商品になる。泡盛 フレッシュアイペディアより)

  • 取手市

    取手市から見た地価地価

    国土交通省発表の平成20年都道府県地価調査によれば、商業地の下落率は東京圏のワースト10位のうち4か所を当市が占め、対前年変動率は商業・住宅地共に当市がワースト3位と地価下落が進んでいる。取手市 フレッシュアイペディアより)

  • 中心業務地区

    中心業務地区から見た地価地価

    中心業務地区(ちゅうしんぎょうむちく, )とは、多数の人口が集中する都市において形成される官庁、企業本社、大規模商店などが集積した地区である。中心業務地区は往々にして、郊外からの交通の便が良い、地価が高い、高層ビルが立ち並ぶ、(特に日本の場合は)地下街が発達している、といった特徴がある。通常、都市であればその規模の大小を問わず中心業務地区の概念が成立する。中心業務地区 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見た地価地価

    地価高騰により住宅地が郊外に集積したことで、高齢化とドーナツ化現象が中心市街地の衰退を招いていたが、1990年代 - 2000年代には地価下落による再開発ラッシュの影響を受け、中心市街地に中層マンションが集積したことで、ドーナツ化は緩やかになっている。しかし、同時期に郊外型商業地の集積も進んだだめ、佐賀駅周辺や城内地区などの商店街型の小売業は長期的に衰退してきている。佐賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島市

    鹿児島市から見た地価地価

    近年まで、鹿児島市やその周辺で「街」と言えば「天文館」と通じる程、市内中心部の天文館地区が絶対的な繁華街であった。これは、鹿児島市がその時間距離のため北部九州の影響を受けにくかったこと、また平地が極端に少なく、地価も同規模の都市と比較して割高で中央資本や大型ロードサイド店舗の進出が遅かったことなどの理由による。鹿児島市 フレッシュアイペディアより)

139件中 91 - 100件表示

「地価」のニューストピックワード