139件中 11 - 20件表示
  • 坂口平兵衛 (初代)

    坂口平兵衛 (初代)から見た地価地価

    平兵衛は企業精神がおう盛だっただけでなく、蓄財の才に長じていた。株式投資をかなり大規模にやったし、不動産投資のやり方は一そう有名である。明治10年代(1877年?1886年)不景気で、耕地の時価が地価の半値以下に下がったとき将来の値上がりを見込んで買い入れたのが最初だという。坂口平兵衛 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 野坂茂三郎

    野坂茂三郎から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。野坂茂三郎 フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ化現象

    ドーナツ化現象から見た地価地価

    日本の場合、この現象は郊外でのニュータウン建設などが盛んであった高度経済成長期から見られるようになり、地価が高騰するバブル景気の時期には、より顕著になった。特に東京、大阪、名古屋の三大都市圏においては、隣接県への急激な人口流出としても現れている。ドーナツ化現象 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た地価地価

    日本最大の繁華街であり下町の一つでもある。東京屈指の高級な商店街として、日本国外においても戦前よりフジヤマ、ゲイシャ、ミキモト、赤坂などとともに知られる。「銀座」の名は一種のブランドになっており全国各地の商店街には「○○銀座」と呼ばれる所がそこかしこに見受けられる。銀座の地名の由来は江戸時代に設立された貨幣の鋳造所のことで、慶長6年(1601年)に京都の伏見に創設されたのが始まり。後1800年に東京の蛎殻町に移転して以来、元の「新両替町」の名称に代わり「銀座」として親しまれるようになり、この地名が定着した。また、銀座四丁目交差点周辺は商業地として日本一地価の高い場所としても知られる。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 商業地

    商業地から見た地価地価

    商業地の地価は、上記の分類により異なるが、概ね、交通条件、繁華性、背後地、店舗の連たん性、高度利用の可能性等により左右される。つまり、来店者、勤務者の利便性、集客力、賃料収入といった収益性である。商業地 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ダム

    朝日ダムから見た地価地価

    朝日ダム建設が開始された当時は、現在の水源地域対策特別措置法や電源三法といった補償対策のための法整備が全くされておらず、補償対策は事業者の努力によらなければならなかった。朝日ダムと秋神ダムは一対で一事業をなしており、飛騨川流域と秋神川流域の補償交渉が妥結しなければ建設工事には着手できなかった。だが1951年の計画変更で朝日ダムの高さを当初の72.0メートルから現在の87.0メートルにかさ上げすることになったため新たに大野郡高根村(現在の高山市高根町)33戸が水没対象になり、住民は挙ってダム計画に反対の姿勢を取った。また土地ブローカーが地価吊り上げにうごめくなど予断を許さない状況であった。朝日ダム フレッシュアイペディアより)

  • 公示地価

    公示地価から見た地価地価

    公示地価(こうじちか)とは、法令に基づき国家機関等により定期的に評価されている公的地価のうち、個別の地点、適正な価格が一般に公表されているもので、日本では地価公示法の公示価格を指す。公示地価 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地理学会

    東北地理学会から見た地価地価

    口頭発表の場合、発表時間15分・質疑応答4分の19分で構成され、1人につき1題とする。ポスター発表との重複や連盟発表との重複は可能。発表例としては、「大都市圏の地価変動現象に見られる近年の特徴」(2000,季刊地理学52-3,214)、「地下分布の空間的特徴による地方都市の類似化」(2001,季刊地理学53-1,68-69)などが挙げられる。東北地理学会 フレッシュアイペディアより)

  • 支店経済都市

    支店経済都市から見た地価地価

    バブル景気となると、実業部門での収益の他に、土地を担保とした金融部門が企業の収益の柱となり始めた。東京は地価が最も高く、「東京23区の全ての土地代でアメリカ合衆国全土が買える」と言われた程であったため、多くの企業が東京に本社を移すようになり、東京の支店経済の面は薄れて「本社集中都市」となっていった。支店経済都市 フレッシュアイペディアより)

  • しらとり台

    しらとり台から見た地価地価

    かつては丘と雑木林だけの農村地区だったが、東急グループ主導の多摩田園都市開発構想によって当時の鉄道新線(田園都市線)沿線のニュータウン化が計画され、昭和40年代始めからは開墾が進み、都心方面への通勤者のベッドタウンとして宅地化が進んだ。また、都心から至近距離ということもあって昭和末期のバブル期には地価が上昇した。しらとり台を東西に分けるかのように北から南に「しらとり川」が流れており、地形的には川を中心に河岸段丘を形成している。しらとり台 フレッシュアイペディアより)

139件中 11 - 20件表示

「地価」のニューストピックワード