193件中 11 - 20件表示
  • 所得倍増計画

    所得倍増計画から見た地価地価

    しかし、開発拠点の指定をめぐり激しい陳情合戦が起こり、結果、地元政治家を中心とした自民党の「利益誘導政治の始まり」、「大企業による土地買占めによる地価高騰をもたらしただけで、富と人口の分散による国土の均衡ある発展というテーマは実現されずに終わった」、「効率性を重視して大都市圏とその周辺地域に優先的に配分されただけ」、「それは1969年の『新全国総合開発計画(新全総)』に受け継がれ、1972年の田中内閣における『日本列島改造論』につながって、ますます地価の高騰をもたらした」、「わが国の産業構造および地域構造を激変させた」などの批判も多い。所得倍増計画 フレッシュアイペディアより)

  • 都心回帰

    都心回帰から見た地価地価

    都心回帰(としんかいき)とは、地価の下落などによって都心部の居住人口などが回復する現象で、日本においては東京・大阪など主要都市圏で見られる。都心回帰 フレッシュアイペディアより)

  • バブル景気

    バブル景気から見た地価地価

    企業は設備投資を積極的に行っていたが、その資金は銀行の長期融資に依存せず、エクイティファイナンスでまかなっていたため、金融機関の融資は不動産に向かった。日本では投機熱が加速、特に株と土地への投機が盛んになった。なかでも「土地は必ず値上がりする」「土地の値段は決して下がらない」といういわゆる土地神話に支えられ、転売目的の売買が増加した。地価は高騰し、数字の上では東京23区の地価でアメリカ全土を購入できるといわれるほどとなり、銀行はその土地を担保に貸し付けを拡大した。1985年3月末から1993年3月末にかけて、全国銀行の貸出は251兆円から482兆円へと増加している。資産価格高騰は資産保有者に含み益をもたらし、心理的に財布のひもを緩める資産効果によって消費が刺激され、景気の過熱感を高める効果もあった。また、1986年から日本企業の欧米企業に対するM&Aが進められた。企業収益の向上と共に個人所得も増加し、消費需要が上昇する乗数効果を生んだ。バブル景気 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口平兵衛 (初代)

    坂口平兵衛 (初代)から見た地価地価

    平兵衛は企業精神がおう盛だっただけでなく、蓄財の才に長じていた。株式投資をかなり大規模にやったし、不動産投資のやり方は一そう有名である。明治10年代(1877年〜1886年)不景気で、耕地の時価が地価の半値以下に下がったとき将来の値上がりを見込んで買い入れたのが最初だという。坂口平兵衛 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市都心部

    仙台市都心部から見た地価地価

    ここに、東京で盛んな不動産投資信託 (REIT) が、利幅が減った東京から地方に投資先を振り向けたため、都心部の東二番丁通り沿いや仙台駅周辺に次々と供給されている大型空き地(東北学院中学・高等学校跡地、JT跡地、仙台中央警察署跡地など)を県外資本が高額で買収しており、オフィスビルやホテル、高層マンションなどの計画を打ち出している。そのため、楽天が進出した仙台駅東口の地価がまず上昇に転じ、その後、都心部全体が地価上昇に転じた。仙台市都心部 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た地価地価

    日本有数の繁華街であり下町の一つでもある。東京屈指の高級な商店街として、日本国外においても戦前よりフジヤマ、ゲイシャ、ミキモト、赤坂などとともに知られる。「銀座」の名は一種のブランドになっており全国各地の商店街には「○○銀座」と呼ばれる所がそこかしこに見受けられる。銀座の地名の由来は、江戸時代に設立された銀貨幣の鋳造所のことで、1601年(慶長6年)に京都の伏見に創設されたのが始まり。1606年(慶長11年)に駿府(現・静岡市)の置かれていた幕府の銀座鋳造所(銀座役所)が、1612年(慶長17年)に江戸に移され、その後1800年に東京の蛎殻町に移転して以来、元の「新両替町」の名称に代わって「銀座」として親しまれるようになり、銀座役所が日本橋に移転されたあともこの地名が定着した。また、銀座四丁目交差点周辺は商業地として日本一地価の高い場所としても知られる。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 先前儀三郎

    先前儀三郎から見た地価地価

    鳥取県西伯郡中浜村大字佐斐神(現境港市)に居住した。大正元年(1912年)12月『山陰実業名鑑』によれば、地価額は「四百三十九円七十七銭」である。先前儀三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 資産デフレ

    資産デフレから見た地価地価

    保有している株式や不動産の価格が下落して、そこから企業や家庭の投資や消費が抑制されるようになったことから発生するというデフレーション。日本では1990年代のバブル崩壊にから地価や株価の大幅下落を記録し、そこから所得から消費分を除いた金銭が含み損を回避するために貯蓄に回されるようになり、投資されるという形で金が回らなくなるという状態になり、これが景気回復しない原因であった。日本国の土地の資産価格は1990年には2455兆円であったのに対し、2000年には1535兆円にまで下落しており、このような急激で大規模な価格下落により不良債権が発生し、デフレ不況というバブル崩壊後にも続いている価格下落の原因なのである。資産デフレ フレッシュアイペディアより)

  • 食の砂漠

    食の砂漠から見た地価地価

    20世紀後半、先進国ではサービス経済化が進展するにつれ、都市の中心部において業務機能の集積が進行し、地価の上昇と居住人口の減少をもたらした。一方、自動車交通の発達・普及により、消費者は長距離を移動しての購買行動が可能となり、その結果地価の安い都市郊外に大型店舗(ロードサイド店舗)が立地するようになった。食の砂漠 フレッシュアイペディアより)

  • 石原以波保

    石原以波保から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。石原以波保 フレッシュアイペディアより)

193件中 11 - 20件表示

「地価」のニューストピックワード