139件中 21 - 30件表示
  • 淀江町

    淀江町から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。淀江町 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢暴動

    伊勢暴動から見た地価地価

    1873年(明治6年)7月28日、政府は財源確保などを目的に地租改正条例を制定、コメの豊凶に関わらず税率を地価の3%とし、金納とすることを定めた。現在の三重県に相当する地域は、北部の三重県と南部の度会県に分かれており、地租改正事業の実施に差が生じていた。具体的には、戸長が官選で上意下達がうまくいった旧・三重県では1873年(明治6年)9月より公量人の選出が行われ、1876年(明治9年)4月には821村のうち761村で地租改正事業が完了した。一方で、戸長が民選であった度会県では民衆の意向を無視できなかったため、1874年(明治7年)3月から事業に着手し、1877年(明治10年)11月に市街地を除いて完了するという遅れが見られた。このずれが後の伊勢暴動に影響を与えることになるのであった。伊勢暴動 フレッシュアイペディアより)

  • 花屋敷駅

    花屋敷駅から見た地価地価

    1916年(大正5年)に当駅の隣に雲雀丘駅が開業しているが、当駅とは0.6kmの至近距離にあり、戦後に入り宝塚線の輸送力増強に取り組んでいた京阪神急行電鉄は雲雀ヶ丘駅と当駅との統合を検討し始めた。京阪神急行は川西市および花屋敷駅存続運動委員会との対話の場を設け、駅の東側が踏切である上に勾配があり、西側はカーブしているため乗降の際の安全確保が難しいとして駅統合の理解を求めたが、駅付近の住民は新駅の不便さ、地価の下落、商店の営業への影響などの見地から統合に反対した。花屋敷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 地上げ屋

    地上げ屋から見た地価地価

    1980年代後半のバブル景気の時には、地価が右肩上がりで上昇を続けた。こうした中で、暴力団が関わっての暴力的手段による立ち退きや、金に糸目を付けない買い取りなど、強引な手法で土地の売買を行う業者が目立つようになり、地上げ屋はネガティブな表現として用いられることが多かった。地上げ屋 フレッシュアイペディアより)

  • 後背湿地

    後背湿地から見た地価地価

    一方、東京や大阪、名古屋など、日本の都市の多くが沖積平野に立地することから、これらの都市の膨張とともに隣接する後背湿地の市街地化が急速に進行している。比較的に地価が安いことから、工場や新興住宅団地が造成されることで市街地化することが多いが、その地形的な条件から洪水の際に浸水の被害を受けやすい地域でもある。後背湿地 フレッシュアイペディアより)

  • 4丁目プラザ

    4丁目プラザから見た地価地価

    当施設の一帯は、ポールタウン、ピヴォ、三越、パルコ、丸ヨ池内、丸井今井、狸小路商店街といった商業施設が集積しており賑やかである。また当施設は、札幌における交通の拠点である大通駅や札幌駅前通のスクランブル交差点にも面しており、立地条件に非常に恵まれた場所に位置している。それ故、当施設の地価は、これまで四半世紀にわたり道内で最も高くなっている。4丁目プラザ フレッシュアイペディアより)

  • 住田呉服店

    住田呉服店から見た地価地価

    当時、商工業の有力者は同時に地主でもあった。この年度における米子町の地価1000円以上の地主名を挙げると次の通りである。1000円?2000円の部に住田半三郎の名前がみえる。住田呉服店 フレッシュアイペディアより)

  • 前進社

    前進社から見た地価地価

    かつては豊島区千早に存在しており、その鉄筋コンクリート5階建ての威容から、楠木正成の居城に擬えて「千早城」の異名をとった。豊島区の前進社は国際興業(国際興業バス池袋営業所)に活動費捻出のために売却され、比較的地価の安い江戸川区へ移転した。敵対する革マル派から「ブクロ派」と蔑称されるのは、千早移転以前に豊島区東池袋(ひがしいけぶくろ)にあったためである。前進社 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線通勤

    新幹線通勤から見た地価地価

    さらに1980年代後半のバブル景気と地価高騰はフレックスやフレックスパルの利用者増加に寄与し、新幹線通勤は徐々に定着していった。しかし、バブル崩壊後の不況などにより、その拡大にはかげりも見られる(下記参照)。新幹線通勤 フレッシュアイペディアより)

  • イーストロサンゼルス

    イーストロサンゼルスから見た地価地価

    1990年代後半に入ると、イーストロサンゼルスの北に広がる中流層の住宅地を中心にジェントリフィケーションが始まった。グレンデールとパサディナの間に位置するイーグルロック(Eagle Rock)には、非ラテン系白人の中流層・上位中流層が流入し、高級住宅地が形成されている。そのほか、イーストロサンゼルスに近接するロサンゼルス市内北東部の地域でも軒並み地価が上がってきている。イーストロサンゼルス フレッシュアイペディアより)

139件中 21 - 30件表示

「地価」のニューストピックワード