139件中 61 - 70件表示
  • 大阪第一生命ビル

    大阪第一生命ビルから見た地価地価

    大阪第一生命ビルとは大阪府大阪市北区梅田一丁目にある超高層ビルである。2006年以降3年連続で大阪府内の地価最高地点となっている。大阪第一生命ビル フレッシュアイペディアより)

  • 大阪マルビル

    大阪マルビルから見た地価地価

    運営会社である「(旧)大阪マルビル」はフジタ工業の関係会社として設立されたが、1987年に吉本晴彦が代表を務める「吉本土地建物」によって株の過半数を買収され、吉本が名実ともオーナーとなる。一棟全てを大阪第一ホテルとして運営されていたが、特徴的なビルの形状ゆえ維持費の負担が重く、地価の下落や収益低下もあって債務超過に陥った。大阪マルビル フレッシュアイペディアより)

  • 国富

    国富から見た地価地価

    国富には、住宅・工場・耐久消費財などの実質資産、土地・森林などの有形資産、そして対外純資産も含まれる。現金や株式などの金融資産は含まれない。日本の国富の半分以上は土地で占められるため、土地の価格(地価)によって国富は大きく変動する。バブル期には地価が急上昇したのに伴い、国富も大幅に増加した。国富 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージズム

    ジョージズムから見た地価地価

    ヘンリー・ジョージは、地代を私的に所有するよりも社会全体に等しく分配すべきとの主張で最も知られており、こうした彼の見解を十全に示したものが自著『進歩と貧困』である。ただ、地代の社会的共有を実行に移すとすれば、一旦土地を国有化した上で賃貸しすることが考えられるが、ジョージは土地所有権が既に個々人の手に委ねられている国においては混乱を招き兼ねないとして地価税を好んだ。この地価税という「単一税」からの収入があれば、国富の増大のほか年金なりベーシック・インカムとして国民への富の再分配が図られ、国富が増大すればやがては如何なる形態の税をも廃絶しうると説いた。なお、高率の地価税が導入されると、それに呼応して地価が下落する恐れがあるものの、ジョージは土地所有者への補償を視野に入れておらず、嘗ての奴隷所有者と同様の対応をとることを主張した。ジョージズム フレッシュアイペディアより)

  • 開発許可制度

    開発許可制度から見た地価地価

    バブル期の地価高騰や小規模な開発行為の増加に対応するため、3大都市圏のうち一定地域の市街化区域において、許可の対象となる面積の基準を500m²に引き下げる開発許可制度 フレッシュアイペディアより)

  • コスモパーク加太

    コスモパーク加太から見た地価地価

    日本がバブル景気に沸いていた時勢においては、土地取得行為を察知されることによって土地投機などを主因とした地価高騰を防ぐため、全国的に公社を利用した開発行為が常態化していた。好景気下においては議会の承認を必要とする自治体とは異なり、迅速に対応が可能であったことも利点でもあったが、結果として過剰な開発を招き、バブルの崩壊によってコスモパーク加太を含めた多くの土地が売却できずに残ってしまった。コスモパーク加太 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド地区

    ダイヤモンド地区から見た地価地価

    四つ橋筋(大阪市道南北線)・御堂筋(国道176号)・曽根崎通(国道2号)に囲まれた五角形の区画がダイヤモンドに似ていることと、大阪で一番地価が高かったことからダイヤモンド地区と呼ばれるようになった。ダイヤモンド地区 フレッシュアイペディアより)

  • 北与野

    北与野から見た地価地価

    また、与野ハウスからさいたま市立下落合小学校の付近には「あさひ銀行与野独身寮」と「明治安田生命与野独身寮」、「JR東日本与野上落合社宅」といった1970年代に竣工した社宅が立ち並んでいたが、さいたま新都心に至近で地価の値上がり益を抱えていた点から、2001年から2004年にかけて各社ともデベロッパーへ土地を売却した。JR社宅の跡地には、住友不動産が大規模な分譲マンション「シティテラスさいたま新都心」(地上19階)、「あさひ銀行与野独身寮」の跡地にはリクルートコスモスと大栄不動産が地上12階のマンション「グリーンフォレストストーリーズ」を建設するなど、与野ハウスを発端とした埼玉県内有数の高層マンション地域になっている。北与野 フレッシュアイペディアより)

  • 北郷 (札幌市)

    北郷 (札幌市)から見た地価地価

    1977年(昭和52年) 北郷地区の住宅地地価上昇率が全国2位となる。北郷 (札幌市) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル高速鉄道

    ブラジル高速鉄道から見た地価地価

    現行案でリオデジャネロ - サンパウロ間に鉄道を敷く場合、リオデジャネイロを出てすぐに高低差800mの急斜面を登り、2つの山脈の間を川に沿って走る形を余儀なくされている。その区間に必要とされているトンネルや高架は合わせて200kmにも上り、建設費用の増大が考えられる。また沿線の半分程度の区間は工場地帯を走るため、地価が高く用地買収の困難さも予想される。ブラジル高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

139件中 61 - 70件表示

「地価」のニューストピックワード