139件中 81 - 90件表示
  • 家賃

    家賃から見た地価地価

    家賃の額は物件の構造や立地条件、地価、需要などに基づいて周囲の物件と相対的に設定されることが一般的である。ただ、国や自治体などが管理する公営住宅は若干家賃が低めに設定されているが、入居に何らかの条件を要することがある。家賃 フレッシュアイペディアより)

  • 庄司廉

    庄司廉から見た地価地価

    明治35年(1902年)2月の『鳥取県伯耆国一円地価所得税詳覧』によって、米子町を含む西伯郡の地価一万円以上の大地主をみると以下のとおりである。彼等は当時の経済的実力者で、その多くは、質屋を営み、銀行に投資し、商業に従事し、あるいは各種会社の役員を兼ねるなど多面的な経済活動をしていた。庄司廉 フレッシュアイペディアより)

  • 古物

    古物から見た地価地価

    逆に古くから、自動車と住宅は、簡単に買う事が出来ない価格であるため、現在でも極めて活発に売り買いされている。ただ住宅に際しては、日本に於いては地価の下落が起きた事から価格の低下が見られ、特に地価の高騰期(バブル景気)に住宅を購入した場合では、購入価格よりかなり安い値段でしか売れない事もあって、現在それらを所有している人が手放したがらないなどの問題も見られる。古物 フレッシュアイペディアより)

  • Zepp

    Zeppから見た地価地価

    Zepp Nagoyaを除く施設は、2002年(平成14年)2月から始まるいざなみ景気の前の「失われた10年」と呼ばれる不景気の時期に設置された。この時期は地価が低かった代わりに企業の投資意欲が低く、土地を購入することなく事業用定期借地契約を結んで土地使用する方法が流行した。いくつかのZeppも同様の方法で設置されたが、複数の施設は期限を10年程度で結んだことから起因する存廃問題に直面している。Zepp フレッシュアイペディアより)

  • 都心の荒廃

    都心の荒廃から見た地価地価

    通常、都市が発展していく場合、都市の中心部に人が集まり、その地価が上昇する。そして、そのようにして形成されていく大都市圏の周辺に貧民街(スラム)が形成されていく傾向が強い。しかし都心の荒廃は、その流れに逆行する。北アメリカの都市では、「ホワイト・フライト(white flight)」と呼ばれる黒人との混住を嫌う白人たちの転居などが起こり、都市郊外地域や準郊外(exburb)地域への人口流出が生ずる。これが結果として、都心部における住居の不法占有につながっていく。都心の荒廃 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道311号環状八号線

    東京都道311号環状八号線から見た地価地価

    1965年(昭和40年)に第三京浜道路が開通し、瀬田交差点から玉川ICまで(何れも世田谷区)が重複区間とされた頃から、沿線が急速に住宅地化されて自家用車が普及し交通需要が急増した。更に、以降次々に開通する東名高速道路(1968年(昭和43年))、中央自動車道(1976年(昭和51年))、東京川越道路(1971年、後の関越自動車道)の各起点を、渋滞が激しく線形も悪い首都高速道路に代わって短絡するルートとなり、大型車をはじめとする通過需要も加わったため整備が急がれることになった。しかし、もはや過密化した土地利用と急上昇した地価に対して用地取得は一向に進まず、一部を建設費や工期のかさむ地下ルートとせざるを得なくなるなど、全線開通は遅れに遅れることとなった。東京都道311号環状八号線 フレッシュアイペディアより)

  • つつじが丘 (横浜市)

    つつじが丘 (横浜市)から見た地価地価

    昭和50年代には町内の児童の数が急速に増加したため、横浜市立つつじが丘小学校では就学児童の人数が定員を大幅に超え、校庭にプレハブの臨時校舎を建てて児童を受け入れていた時期もあった。また、都心から至近距離ということもあって昭和末期のバブル期には地価が上昇した。バブル期以降は比較的所得の高い世帯が流入しはじめ、急速にビバリーヒルズ化が進んだ。 元は丘陵地帯だったところを宅地造成したため平坦な地は少なく、坂道が多い。町内には、緑に囲まれたつつじが丘公園(通称・ロケット公園)や、つつじが丘第四公園があり、地域の人々の憩いの場になっている。つつじが丘 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の農業

    日本の農業から見た地価地価

    しかし新規就農のためには制度的な課題も散見される。特に重大な課題は新規就農者の農地確保の壁である。日本の農地は農地法により農家以外への売却や多用途への転用が厳しく管理されている。田圃や畑、雑種地などの地目を持つ土地は固定資産税が宅地に比べて安価で、地価自体も極めて低い傾向があるために、実際に耕作する能力を持つもの以外への売却は脱税や資産隠し、或いは不正な土地利用の防止の観点から認められていない。農地法の管理下にある農地を購入するには農家資格を有することが絶対条件とされているが、この農家資格は一定以上の規模の農地を継続的に耕作している実績が認められなければ取得できないため、農家の家庭出身または婚姻などの手段で先代の農地を世襲で引き継ぐなどの方法以外では、まったくの新規就農者が生活を成り立たせるためのまとまった規模の農地を自己所有することは極めて難しいということにもなる。そもそも、新卒者や失業者にはまとまった土地を購入するだけの資金を工面することが困難である。日本の農業 フレッシュアイペディアより)

  • 古町 (新潟市)

    古町 (新潟市)から見た地価地価

    そして県下で最も地価の高かった大和百貨店前は、やがて新潟駅前にその地位を譲り、1990年代初頭には大和前の柾谷小路交差点(通称:古町十字路)は通行量の面でも下降が顕著になる。古町 (新潟市) フレッシュアイペディアより)

  • 東京都区部

    東京都区部から見た地価地価

    都心の区は、主に中心業務地区に利用されているため、居住地が少なく人口も少ない。また、地価が高いだけでなく、面積が狭いことも人口の少ない要因のひとつである。周辺の区ほど人口が多いが、面積最大の大田区より面積第2位の世田谷区の方が人口は多く(大田区は羽田空港の沖合展開による埋め立ての結果、世田谷区を抜き最大の区となった)、面積第4位の練馬区は人口第2位である。東京湾沿岸の区は、東京港港湾施設や広大な工場・流通地区を持つため、内陸の周辺区よりも人口密度が低いが、江東区などは超高層住宅の建設が進められており、一部そうでもない場所もある。東京都区部 フレッシュアイペディアより)

139件中 81 - 90件表示

「地価」のニューストピックワード