73件中 31 - 40件表示
  • 吉沢國雄

    吉沢國雄から見た地域医療地域医療

    昭和34 年4 月浅間病院の初代院長として佐久の地に赴任した。当時は、地域住民の健康管理状況は必ずしも良好でなく、脳卒中の死亡率は日本でも最高位であった。このような環境の中で診療と保健予防活動という二本の柱を、地域に密着して住民と共に実践するために、広く地域住民の健康を守る医療、地域医療の推進を提唱し、佐久市立国保浅間病院を中心にその実践活動をした。吉沢國雄 フレッシュアイペディアより)

  • 若月俊一

    若月俊一から見た地域医療地域医療

    1976年には農村医療に尽くした功績により「アジアのノーベル賞」と呼ばれるマグサイサイ賞社会指導者部門で受賞している。他に、朝日賞も受賞。著書『村で病気とたたかう』(1971年刊岩波新書)は地域医療を志す人間のバイブル的存在である。若月俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 宮腰昭男

    宮腰昭男から見た地域医療地域医療

    最適炉などの高効率廃棄物発電技術開発に関する研究のほか、近年は地域医療計画および地域医療実態や老人医療費、病院経営などの調査研究なども幅広く研究対象としている。宮腰昭男 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・ボンネル

    エレーナ・ボンネルから見た地域医療地域医療

    エレーナは、レニングラードの高校卒業後、第二次世界大戦で看護婦に志願し従軍、この間二度に渡って負傷する。1945年中尉で除隊する。戦後、第一レニングラード医大(医学専門学校)に入学し、卒業後、小児科の学位を得る。以後、小児科医、地域医療、執筆活動などに取り組む。医大の同級生と最初の結婚をし、一男一女を儲けるが1965年に離婚した。エレーナ・ボンネル フレッシュアイペディアより)

  • 志田周子

    志田周子から見た地域医療地域医療

    1910年(明治43年)、教員だった父荘次郎、母せいの長女として西村山郡左沢町(現大江町)に生まれる。西村山郡大井沢村(現西川町)の大井沢尋常小学校を経て山形県立山形第一高等女学校(現山形県立山形西高等学校)に進学。村で初めての女学校生と話題になる。1928年(昭和3年)東京女子医学専門学校(現東京女子医科大学)に進学。1935年(昭和10年)「3年でいいから」という父荘次郎の懇請で当時無医村だった大井沢村にもどり唯一の村医となる。その後婦人会長、村会議員などを歴任。20年以上にわたり村の生活向上に尽力する。同時にアララギ派の歌人としても活躍した。1959年(昭和34年)保健文化賞を受賞。その他医師会、県知事から数々の表彰を受賞。1962年(昭和37年)癌を患い死去。享年53。生涯を独身のまま地域医療に捧げた。志田周子 フレッシュアイペディアより)

  • 高山路爛

    高山路爛から見た地域医療地域医療

    現在はメスを置き、地域医療に専心している。高山路爛 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜市民病院

    岐阜市民病院から見た地域医療地域医療

    岐阜市における基幹病院の一つとして地域医療を支える存在となっているが、他の中核病院の例に漏れず本院でも外来診療は非常に混雑した状況が続いており、内科など一部の診療科では予約診療でなければ1?3時間待ちという状況も散見される。本来、一次医療機関(診療所、町医者)が非常に発達している岐阜市ではこういった状況は少ないはずなのであるが、大病院ならではの安心感が(本院を含む中核病院に)患者をひきつけているという面もあり抜本的な解決策は無い。救急医療においては岐阜市民病院は救命救急センターは開設されていないものの、救急診療部を設置して岐阜市病院群輪番制(二次救急)に参加しており、毎年約3,000台もの救急搬送・22,000人にもおよぶ救急外来を受け入れる岐阜医療圏でも最も救急患者数の多い病院の一つである。また小児救急に関しては一次医療を行う岐阜市小児夜間急病センターを院内に併設し運営の支援を行うとともに、本院小児科は二次医療的な症例に対応する病院として岐阜市小児二次救急病院群輪番制に参加している。岐阜市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日大学歯学部附属村上記念病院

    朝日大学歯学部附属村上記念病院から見た地域医療地域医療

    岐阜駅から徒歩10分以内という至便な場所に立地しており、岐阜市中心部の地域医療を担う基幹病院の一つとなっている。本院は村上治朗により岐阜市若宮町に社団医療法人村上外科病院として設立され、地域医療及び医学・歯学教育への貢献のために学校法人である岐阜歯科大学に寄付されるという全国的に見ても稀有な経緯をたどった病院となっている。前身の名前にある通り外科を中心とした病院であったが、大学病院への移行に伴い内科も設置され、岐阜市橋本町への移転や大学の名称変更に伴う改称を経て現在に至っている。朝日大学歯学部附属村上記念病院 フレッシュアイペディアより)

  • 東京医科大学八王子医療センター

    東京医科大学八王子医療センターから見た地域医療地域医療

    東京医科大学八王子医療センターでは、大学病院としての診療、医学教育、医学研究のほか、地域医療の中心として高度先進医療を提供、また多摩地区の第三次救命救急センターとして屋上にはヘリポートを設置、遠隔からの救急患者搬入にも対応できる体制としている。さらに、日本臓器移植ネットワーク腎臓・膵臓移植施設、移殖検査センターや、地域災害拠点中核病院などに指摘されている。また、東海大学医学部付属八王子病院とともに、八王子市による「八王子市中核病院」に指定されている。東京医科大学八王子医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県立中央病院

    鳥取県立中央病院から見た地域医療地域医療

    鳥取県立中央病院(とっとりけんりつちゅうおうびょういん)は、鳥取県鳥取市にあり、鳥取県病院局が運営する病院である。鳥取県東部の中核的な医療機関であり、地域医療の中心的役割を果たしている。災害拠点病院(基幹災害医療センター)に指定されている。鳥取県東部のみならず、兵庫県北部からの患者も多い。鳥取県立中央病院 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「地域医療」のニューストピックワード