87件中 51 - 60件表示
  • 自治医科大学

    自治医科大学から見た地域医療地域医療

    1972年(昭和47年)、僻地医療と地域医療の充実を目的に設立された。全寮制で密度の高い教育を行い、近年の医師国家試験の合格率は、全国公私立の医学部・医科大学において1位を重ねている。2016年度の合格率は100%である。自治医科大学 フレッシュアイペディアより)

  • 山形大学医学部・大学院医学系研究科

    山形大学医学部・大学院医学系研究科から見た地域医療地域医療

    2004年に設置。全国の地方自治体と関係機関と連携して、医師の生涯教育支援と医師や看護師のリフレッシュ(再教育)支援を行っている。具体的には、専門医として長年勤務した医師や基礎医学・社会医学を専門としてきた医師に対して、総合診療を研修する場を提供し、地域医療を担うgeneral physicianとして活躍するための支援を行っている。また、あわせて、出産や子育て、介護を終えた女性医師や看護師の復職支援も行っている。山形大学医学部・大学院医学系研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜市民病院

    岐阜市民病院から見た地域医療地域医療

    岐阜市における基幹病院の一つとして地域医療を支える存在となっているが、他の中核病院の例に漏れず本院でも外来診療は非常に混雑した状況が続いており、内科など一部の診療科では予約診療でなければ1?3時間待ちという状況も散見される。本来、一次医療機関(診療所、町医者)が非常に発達している岐阜市ではこういった状況は少ないはずなのであるが、大病院ならではの安心感が(本院を含む中核病院に)患者をひきつけているという面もあり抜本的な解決策は無い。救急医療においては岐阜市民病院は救命救急センターは開設されていないものの、救急診療部を設置して岐阜市病院群輪番制(二次救急)に参加しており、毎年約3,000台もの救急搬送・22,000人にもおよぶ救急外来を受け入れる岐阜医療圏でも最も救急患者数の多い病院の一つである。また小児救急に関しては一次医療を行う岐阜市小児夜間急病センターを院内に併設し運営の支援を行うとともに、本院小児科は二次医療的な症例に対応する病院として岐阜市小児二次救急病院群輪番制に参加している。岐阜市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 西垣克

    西垣克から見た地域医療地域医療

    西垣 克(にしがき まさる、1945年2月14日 - )は、日本の保健学者(国際保健学・地域医療・病院管理)。学位は保健学博士(東京大学)。静岡県立大学名誉教授。西垣克 フレッシュアイペディアより)

  • 村上智彦

    村上智彦から見た地域医療地域医療

    村上智彦(むらかみ ともひこ、1961年(昭和36年)3月13日 - 2017年(平成29年)5月11日)は、北海道出身の医師、NPO法人ささえる医療研究所の理事長。専門分野は地域医療、予防医学、地域包括ケア、チーム医療。2012年まで医療法人財団夕張希望の杜理事長および夕張医療センター(旧夕張市立総合病院)センター長を務めた。村上智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 富山赤十字病院

    富山赤十字病院から見た地域医療地域医療

    富山赤十字病院(とやませきじゅうじびょういん)は、富山県富山市にある医療機関である。日本赤十字社富山県支部が設置する病院である。富山県東部の中核的な医療機関の1つであり、地域医療の中心的役割を果たしている。富山赤十字病院 フレッシュアイペディアより)

  • 日本医療団

    日本医療団から見た無医村地域医療

    当時の医療は開業医制度を基盤としたものであった。開業医は医療の需要の多い都市部に集中する傾向があり、無医村の問題も発生していた。医療団の設立は、これらの問題を是正し、公的診療所を配置し、併せて上部組織として公的総合病院を各道府県に設置しようとするものであった。公的医療機関に開業医を従属させようとした医療団の設立に際しては開業医制度の否定であるとして反対論が強く、これについて厚生省は「公的医療機関と開業医制度の二本建て」と軌道修正をした上で整備を進めた。日本医療団 フレッシュアイペディアより)

  • サマーレスキュー〜天空の診療所〜

    サマーレスキュー〜天空の診療所〜から見た地域医療地域医療

    遥の恋人。慈倫会野村総合病院経営者。自らが経営する病院が中心となって地域医療を充実させて行きたいと語り、看護師に復帰する考えがないなら妻という立場で支えて欲しいと遥に突然、プロポーズする。サマーレスキュー〜天空の診療所〜 フレッシュアイペディアより)

  • 若月俊一

    若月俊一から見た地域医療地域医療

    1976年には農村医療に尽くした功績により「アジアのノーベル賞」と呼ばれるマグサイサイ賞社会指導者部門で受賞している。他に、朝日社会福祉賞も受賞。著書『村で病気とたたかう』(1971年刊岩波新書)は地域医療を志す人間のバイブル的存在である。若月俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤三矢

    佐藤三矢から見た地域医療地域医療

    佐藤 三矢(さとう みつや、1971年11月11日 -)は、広島県広島市出身の保健学者、介護予防研究家。吉備国際大学准教授【佐藤三矢研究室のホームページ→ http://www.sato38.com/ 】。資格は理学療法士と保健体育教諭免許(第一種中学校、第一種高等学校)。学位は保健学博士(広島大学大学院 保健学研究科 博士課程修了)。専門は高齢者を対象とした介護予防、地域医療(予防)、予防医学(三次予防)。佐藤三矢 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「地域医療」のニューストピックワード