87件中 71 - 80件表示
  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度から見た地域医療地域医療

    また日本の高速道路が未整備の県もあり、全国隅々まで高速道路等の幹線道路網をしっかりと建設し国土の均衡ある発展を目指すことこそが、格差解消につながるのだという主張がなされている。とくに県庁所在地の中で唯一高速道路の通っていない鳥取県や、全通する見込みのない東九州自動車道沿線の各地域(福岡県北九州市 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県加治木町)の危機感は強く、高速道路という社会インフラがないと企業誘致や、地域医療の面で他地域に比べ大きなハンディを背負うこととなり、ますます中央との格差が拡大すると主張している。道路特定財源制度 フレッシュアイペディアより)

  • 富山市立富山市民病院

    富山市立富山市民病院から見た地域医療地域医療

    富山市立富山市民病院(とやましりつとやましみんびょういん、Toyama City Hospital)は、富山県富山市今泉北部町にあり、富山市が運営する病院である。富山県東部の中核的な医療機関の1つであり、地域医療の中心的役割を果たしている。地域医療支援病院の承認を受ける。富山市立富山市民病院 フレッシュアイペディアより)

  • 病理診断科

    病理診断科から見た地域医療地域医療

    病理診断科医師不足は地域医療における病理診断科の位置づけ、病理診断診療報酬、後継病理医育成などから検討すべき緊急課題である。行政のあり方とともに病理学会等の関連団体に病理研究や病理診断の戦略も問われている。病理診断科 フレッシュアイペディアより)

  • 八尾市立病院

    八尾市立病院から見た地域医療地域医療

    地域医療機関との機能分担をし、電子カルテシステムを導入している。八尾市立病院 フレッシュアイペディアより)

  • 無医村に花は微笑む

    無医村に花は微笑むから見た無医村地域医療

    無医村だった岩手県田野畑村に赴任し国民健康保険直営診療所医師として地域医療に尽力した実在の医師・将基面誠(しょうぎめん・まこと)の実話のドラマ化である。無医村に花は微笑む フレッシュアイペディアより)

  • 反精神医学

    反精神医学から見た地域医療地域医療

    反精神医学運動は、伝統的な形態に取って代わる一連のアプローチと処置を提示した。その根本的提案は、既存のアサイラムと精神病棟を閉鎖して、<地域医療(community medicine)>を選好することであった。この運動にはアメリカのトーマス・サス(T.Szasz,1971)、フランスのミシェル・フーコー(M.Foucault,1961)、イギリスのロナルド・D・レイン(R.D.Laing,1959)などが参画している。アサイラムが<全制的施設/全面的収容施設(totalinstitution)>であるとするアーヴィング・ゴッフマン(E.Goffman,1961b)の批判は、社会学の領域で影響力をもった。1960年代以降では精神病院からの退出が進み、外来診療の利用が増大しているので、現代では精神医学に対する批判はそれほど強いものではない。この脱施設化(de-institutionalization)あるいは脱監禁化(decarceration)が可能となったのは、一つには向精神薬が改良されたからであらう。しかし、精神医学の批判者からは、この政策がもたらされたのは、それ以上に入院加療費の増大によるものである、と主張する。反精神医学 フレッシュアイペディアより)

  • 村中璃子

    村中璃子から見た地域医療地域医療

    とりわけ、池田修一信州大学第三内科(脳神経内科)教授兼医学部長兼副学長(特命戦略(地域医療・地域貢献担当))らが厚生労働省の依頼を受けて、2016年3月16日に発表した研究成果に不正があったとして、雑誌記事上で批判した。村中璃子 フレッシュアイペディアより)

  • プライマリ・ケア

    プライマリ・ケアから見た地域医療地域医療

    具体的には、内科および救急医療は必須、加えて外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科のうちから2科を選択する必要がある。また、一ヶ月以上の地域医療研修が必須である。プライマリ・ケア フレッシュアイペディアより)

  • 医科大学

    医科大学から見た無医村地域医療

    戦後、厚生省の「人口10万当たり医師100人」との目安に沿った医師数とするため、各医学部・医科大学の定員合計は約2,800人とされ、1955年(昭和30年)でも2,820人であったが、1961年(昭和36年)の国民皆保険達成などで患者数が増加し、また、無医村解消などの政策目標もあって1960年代初頭から医学部定員合計の増員議論が始まった。結果、1969年(昭和44年)には医学部定員合計が4,040人にまで増員された。医科大学 フレッシュアイペディアより)

  • 医科大学

    医科大学から見た地域医療地域医療

    このうち自治医科大学と防衛医科大学校は、大学側が学費を負担する。防衛医科大学校は自衛隊医官、自治医科大学は僻地医療および地域医療の育成といずれも特定の職業に就く医師の養成を目的としているためである。学生は卒後に特定の分野への就職が義務付けられているため、それを拒否すると在学中にかかった費用を返還しなくてはならない。なお、その義務年限はいずれの大学でも9年間となっており、以降は自分の進みたい分野に進んでも学費を返還する必要はなくなる。医科大学 フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「地域医療」のニューストピックワード