70件中 11 - 20件表示
  • 長崎半島

    長崎半島から見た地域団体商標地域団体商標

    沿岸漁業ではマアジ、ボラ(カラスミ用)、イセエビ、サザエ、アワビなど多くの魚介類が漁獲される。傾斜地を切り開いた段々畑ではビワやミカンの栽培が盛んで、「茂木びわ」は日本産ビワを代表する地域団体商標の一つである。長崎半島 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾茶

    西尾茶から見た地域団体商標地域団体商標

    抹茶生産では全国1、2を争うシェアを占めるが、全国的な知名度が低いのが課題とされる。2005年(平成17年)に電通東日本が行った「全国の茶の知名度ランキング」ではランキング外となり、1位の静岡茶・2位の宇治茶・3位の八女茶などブランドが確立されている産地との差が浮き彫りになった。このため、2005年から特許庁が認証する「地域ブランド」の取得を目指し、4年後の2009年(平成21年)2月に認定された。西尾市と安城市で生産された茶葉を原料とし、同地域で精製されて茶臼で挽かれた抹茶がブランドの対象となる。茶の地域ブランドは「宇治茶」「伊勢茶」などがあるが、抹茶に限定した地域ブランドは全国初。西尾茶 フレッシュアイペディアより)

  • 松輪サバ

    松輪サバから見た地域団体商標地域団体商標

    2006年10月27日には特許庁により「地域ブランド」(地域団体商標)として認定された。松輪サバ フレッシュアイペディアより)

  • 江丹別そば

    江丹別そばから見た地域団体商標地域団体商標

    2)あさひかわ農業協同組合(旭川市):地域団体商標として商標出願中江丹別そば フレッシュアイペディアより)

  • 三州瓦

    三州瓦から見た地域団体商標地域団体商標

    2006年10月27日に「地域ブランド」(地域団体商標)として認定されている。三州瓦 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た地域団体商標制度地域団体商標

    地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)とは、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2005年(平成17年)の商標法の一部改正により、地域団体商標制度が導入され、2006年4月1日から商標登録の出願の受付が開始された。2006年10月27日に第一弾として52件が登録され、その後も登録件数は増加している。登録された地域団体商標の一覧については、「地域団体商標の一覧」を参照のこと。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 京人形 (人形)

    京人形 (人形)から見た地域団体商標地域団体商標

    その精巧さから制作工程は細分化されており、各工程が分業化されている。経済産業大臣指定伝統的工芸品であり、地域団体商標にも登録されている。京人形 (人形) フレッシュアイペディアより)

  • 有田みかん

    有田みかんから見た地域団体商標地域団体商標

    有田みかん(ありだみかん)は、和歌山県で生産されているみかんの代表的なブランド。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、有田みかんが地域ブランドとして認定された。有田みかん フレッシュアイペディアより)

  • 関あじ

    関あじから見た地域団体商標地域団体商標

    高級ブランドとしての認知が高まるにつれ、関あじ・関さばの偽物が出回るようになった。このため、佐賀関町漁協(現大分県漁業協同組合佐賀関支店)では、関あじ・関さばの商標を出願し、1996年に水産品として全国初となる商標登録が認められた。そして、出荷する関あじ・関さばの尾に一匹ずつタグシールを付け、関あじ・関さば料理を提供している全国の料理店には特約加盟店の看板を掲示する等、ブランドの保護・育成に努めている。また、2006年10月には、地域団体商標(地域ブランド)の第1弾として関あじが登録されている。関あじ フレッシュアイペディアより)

  • 合馬たけのこ

    合馬たけのこから見た地域団体商標地域団体商標

    合馬たけのこ(おうまたけのこ)とは、日本有数の竹林面積(1,400ha)を誇る福岡県北九州市小倉南区の合馬(おうま)地区で採れる高級筍。地元を管轄するJA北九の地域団体商標でもある。合馬たけのこ フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード