70件中 21 - 30件表示
  • 桐生織

    桐生織から見た地域団体商標地域団体商標

    2006年4月から施行される改正商標法によって、特定の地域名を冠した「地域ブランド」(地域団体商標)も商標権の取得が可能となることを受け、産地でつくられる織物のブランド化を図る一環として「桐生織」の商標登録取得に向けた準備を進めている。2006年10月27日に特許庁が発表した第一弾の52件からは漏れている。桐生織 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡みかん

    蒲郡みかんから見た地域団体商標地域団体商標

    「蒲郡みかん」は愛知県内の農産物で初めて地域団体商標(地域ブランド)に認定されている。みかんでは「三ヶ日みかん」(JAみっかび)や「有田みかん」(JAありだ)などに次いで8番目の登録となった。蒲郡みかん フレッシュアイペディアより)

  • 関さば

    関さばから見た地域団体商標地域団体商標

    高級ブランドとしての認知が高まるにつれ、関あじ・関さばの偽物が出回るようになった。このため、佐賀関町漁協(現大分県漁業協同組合佐賀関支店)では、関あじ・関さばの商標を出願し、1996年に水産品として全国初となる商標登録が認められた。そして、出荷する関あじ・関さばの尾に一匹ずつ商標の入ったタグシールを付け、関あじ・関さば料理を提供している全国の料理店には特約加盟店の看板を掲示する等、ブランドの保護・育成に努めている。また、2006年10月には、地域団体商標(地域ブランド)の第1弾として関さばが登録されている。関さば フレッシュアイペディアより)

  • 北九東部農業協同組合

    北九東部農業協同組合から見た地域団体商標地域団体商標

    一般のJA同様に、JAバンクなどの信用事業、JA共済などの共済事業、資産管理事業、都市農業・経済事業、冠婚葬祭事業の5事業を手がけていたが、もともと農村部を多くエリアに抱えているため、近年は「大地の恵み」のブランドで農産物の直売事業を積極的に展開。また、「合馬たけのこ」と「小倉牛」という2大全国ブランドの販売に力を入れており、「合馬たけのこ」は地域団体商標登録を行っていた。これについても合併により新生JA北九が権利を引き継いだ。北九東部農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 小鹿田焼

    小鹿田焼から見た地域団体商標地域団体商標

    小鹿田焼は、2011年7月22日に大分県で8例目の地域団体商標に登録されている。小鹿田焼 フレッシュアイペディアより)

  • 草加煎餅

    草加煎餅から見た地域団体商標地域団体商標

    草加煎餅(そうかせんべい、又は「草加せんべい」)とは、埼玉県草加市の名産品であり、草加煎餅協同組合・草加地区手焼煎餅協同組合の地域団体商標(商標登録:5053366号)である。草加煎餅 フレッシュアイペディアより)

  • 地域ブランド

    地域ブランドから見た地域団体商標制度地域団体商標

    文字や図形で具体的に表現され、商品やサービスに付される商標を保護する商標制度は、ブランドを法的に保護する代表的な制度である。2006年4月には商標法が改正・施行され、地域団体商標制度が設けられた。従来、全国的に著名である等の特別な場合にのみ認められていた「地域名」と「商品・サービス名」とを組み合わせた商標がより広く認められるようになった。地域ブランド フレッシュアイペディアより)

  • 能登牛

    能登牛から見た地域団体商標地域団体商標

    「能登牛(のとうし)」の名称は平成19年10月に地域団体商標として商標登録されている。能登牛 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県漁業協同組合

    大分県漁業協同組合から見た地域団体商標地域団体商標

    2002年4月に、県内沿岸の27の漁業協同組合が合併し、全国ではじめての県域の漁業協同組合として発足。2006年には、佐賀関(さがのせき)で漁獲されるアジを「関あじ」、サバを「関さば」として地域団体商標登録した。大分県漁業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 南高梅

    南高梅から見た地域団体商標地域団体商標

    南高梅(なんこうばい、なんこううめ)とは、梅の品種のひとつ。主たる生産地が和歌山県の白梅で、その果実は最高級品とされる。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、南高梅は地域ブランドとして認定されるに至った。読みは正式に「なんこううめ」であるが、生産地以外の人間やマスメディアでは「なんこうばい」と呼ばれる事もある。南高梅 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード