105件中 31 - 40件表示
  • 関さば

    関さばから見た地域団体商標地域団体商標

    高級ブランドとしての認知が高まるにつれ、関あじ・関さばの偽物が出回るようになった。このため、佐賀関町漁協(現大分県漁業協同組合佐賀関支店)では、関あじ・関さばの商標を出願し、1996年に水産品として全国初となる商標登録が認められた。そして、出荷する関あじ・関さばの尾に一匹ずつ商標の入ったタグシールを付け、関あじ・関さば料理を提供している全国の料理店には特約加盟店の看板を掲示する等、ブランドの保護・育成に努めている。また、2006年10月には、地域団体商標(地域ブランド)の第1弾として関さばが登録されている。関さば フレッシュアイペディアより)

  • 豊後別府湾ちりめん

    豊後別府湾ちりめんから見た地域団体商標地域団体商標

    2007年6月には、大分県漁業協同組合が「豊後別府湾ちりめん」で大分県の産品として4番目の地域団体商標の認定を受けている。豊後別府湾ちりめん フレッシュアイペディアより)

  • 紀州備長炭

    紀州備長炭から見た地域団体商標地域団体商標

    和歌山県は紀州備長炭製炭技術を昭和49年4月9日に和歌山県無形民俗文化財に指定すること等を行っていたが、備長炭の定義が広がってしまい、かつ、偽物の流通もあるため、和歌山県産の備長炭を特に紀州備長炭と呼んで差別化をはかり、備長炭の品質・伝統を維持している。その様な中、2006年10月27日に地域団体商標制度の認定第一弾として、地域ブランドとして認定されるに至った。2008年の和歌山県における生産量は約1,700t。紀州備長炭 フレッシュアイペディアより)

  • 草加煎餅

    草加煎餅から見た地域団体商標地域団体商標

    草加煎餅(そうかせんべい、又は「草加せんべい」)とは、日本の煎餅であり、埼玉県草加市の名産品である。また草加煎餅協同組合・草加地区手焼煎餅協同組合の地域団体商標(商標登録:5053366号)である。草加煎餅 フレッシュアイペディアより)

  • 一位一刀彫

    一位一刀彫から見た地域団体商標地域団体商標

    2006年(平成18年)10月27日:飛騨一位一刀彫として地域ブランド(地域団体商標)に指定される。一位一刀彫 フレッシュアイペディアより)

  • 石州瓦

    石州瓦から見た地域団体商標地域団体商標

    2007年4月に島根県内で初めて地域団体商標として登録されている。石州瓦 フレッシュアイペディアより)

  • 大分麦焼酎

    大分麦焼酎から見た地域団体商標地域団体商標

    大分麦焼酎(おおいたむぎじょうちゅう)は、大分県酒造組合の地域団体商標(登録商標第5027126号)。原料がこうじを含めて麦100%で、大分県で瓶詰・出荷される麦焼酎に使用できる商標である。大分麦焼酎 フレッシュアイペディアより)

  • 商標法

    商標法から見た地域団体商標地域団体商標

    地域団体商標制度を導入(第7条の2)。商標法 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄赤瓦

    沖縄赤瓦から見た地域団体商標地域団体商標

    沖縄赤瓦は、近年では島尻郡与那原町を中心に生産されており、2009年2月20日に特許庁により地域団体商標として登録されている。商標権者は沖縄赤瓦事業協同組合である。沖縄赤瓦 フレッシュアイペディアより)

  • 気仙沼ホルモン

    気仙沼ホルモンから見た地域団体商標地域団体商標

    2006年(平成18年)、気仙沼でのホルモン焼きに他地域にない特色があることに気づいた地元の街づくりサークル「気楽会」が市内のホルモン焼きの実態調査を開始し、「気仙沼ホルモン」の名称統一と定義づけを行った。また、「気仙沼ホルモン」が食べられる店の一覧地図や「気仙沼ホルモン」の応援歌「もんx2気仙沼ホルモン」を作成し、PRも始めた。これに触発された気仙沼市役所産業部商工課が、市の物産・特産品のウェブサイトにおいて「気仙沼ホルモン」のPRを始め、気仙沼商工会議所も七輪を20台購入し、「気仙沼ホルモン」専用として無料でイベント等に貸し出し始めた。因みに2006年は、地域団体商標が始まり、食に関する地域ブランド確立を目指す動きが各地で起きた年でもあり、B-1グランプリが始まった年でもある。気仙沼ホルモン フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード