105件中 41 - 50件表示
  • 北九東部農業協同組合

    北九東部農業協同組合から見た地域団体商標地域団体商標

    一般のJA同様に、JAバンクなどの信用事業、JA共済などの共済事業、資産管理事業、都市農業・経済事業、冠婚葬祭事業の5事業を手がけていたが、もともと農村部を多くエリアに抱えているため、近年は「大地の恵み」のブランドで農産物の直売事業を積極的に展開。また、「合馬たけのこ」と「小倉牛」という2大全国ブランドの販売に力を入れており、「合馬たけのこ」は地域団体商標登録を行っていた。これについても合併により新生JA北九が権利を引き継いだ。北九東部農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 十勝川温泉

    十勝川温泉から見た地域団体商標地域団体商標

    温泉の記録は1874年(明治7年)の『北海道地誌要領』が最も古く、「音更川湯、河東郡ニアリ、泉質未詳」と記されている。当時、一帯は葦の生い茂る湿地帯で小さな沼が点在して常に生ぬるい湯が湧き出しており、周辺は冬でも凍らないことから鳥や獣の休憩場になったほか、アイヌの人々の間では「薬の湯」という言い伝えもあった。1900年(明治33年)に依馬嘉平が自然に湧いているぬるま湯を1m四方の箱に引き、加熱した湯を近所の人々と利用したことを和人による温泉の始まりとしている(幕別町史では嘉平の弟である依馬五兵衛が第一発見者と記している)。1913年(大正2年)に前田友三郎が手掘り工事で掘削すると30℃ - 36℃の温泉が吹き出したため、2階建ての旅館を建設し本格的な温泉経営に乗り出した(笹井ホテルの前身)。1928年(昭和3年)には雨宮駒平が機械工法によるボーリング調査を行い、湯量豊富な42℃の温泉掘削に成功。温泉名は「下士幌温泉」や「雨宮温泉」などと呼ばれていたが、温泉掘削に努めた林豊洲(十勝毎日新聞社創業者)が1933年(昭和8年)に当時の代議士であった三井徳宝に名付けを依頼し「十勝川温泉」となった。その後、温泉街も形成されて帯広からバスの運行や渡し船で十勝川の対岸からでも行き来できるようになった。1988年(昭和63年)には十勝中央大橋が開通した。1989年(平成元年)、「十勝川温泉集中管理推進協議会」を立ち上げて温泉の保護と有効利用を計り、1993年(平成5年)から温泉集中管理事業を開始した。2004年(平成16年)に「モール温泉」として「北海道遺産」に選定。2008年(平成20年)には地域団体商標制度を受けて出願していた「十勝川温泉」の商標登録が「地域団体商標」になった。2016年(平成28年)にはスパ&マルシェ「ガーデンスパ十勝川温泉」がオープンした。十勝川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 十勝川温泉

    十勝川温泉から見た地域団体商標制度地域団体商標

    温泉の記録は1874年(明治7年)の『北海道地誌要領』が最も古く、「音更川湯、河東郡ニアリ、泉質未詳」と記されている。当時、一帯は葦の生い茂る湿地帯で小さな沼が点在して常に生ぬるい湯が湧き出しており、周辺は冬でも凍らないことから鳥や獣の休憩場になったほか、アイヌの人々の間では「薬の湯」という言い伝えもあった。1900年(明治33年)に依馬嘉平が自然に湧いているぬるま湯を1m四方の箱に引き、加熱した湯を近所の人々と利用したことを和人による温泉の始まりとしている(幕別町史では嘉平の弟である依馬五兵衛が第一発見者と記している)。1913年(大正2年)に前田友三郎が手掘り工事で掘削すると30℃ - 36℃の温泉が吹き出したため、2階建ての旅館を建設し本格的な温泉経営に乗り出した(笹井ホテルの前身)。1928年(昭和3年)には雨宮駒平が機械工法によるボーリング調査を行い、湯量豊富な42℃の温泉掘削に成功。温泉名は「下士幌温泉」や「雨宮温泉」などと呼ばれていたが、温泉掘削に努めた林豊洲(十勝毎日新聞社創業者)が1933年(昭和8年)に当時の代議士であった三井徳宝に名付けを依頼し「十勝川温泉」となった。その後、温泉街も形成されて帯広からバスの運行や渡し船で十勝川の対岸からでも行き来できるようになった。1988年(昭和63年)には十勝中央大橋が開通した。1989年(平成元年)、「十勝川温泉集中管理推進協議会」を立ち上げて温泉の保護と有効利用を計り、1993年(平成5年)から温泉集中管理事業を開始した。2004年(平成16年)に「モール温泉」として「北海道遺産」に選定。2008年(平成20年)には地域団体商標制度を受けて出願していた「十勝川温泉」の商標登録が「地域団体商標」になった。2016年(平成28年)にはスパ&マルシェ「ガーデンスパ十勝川温泉」がオープンした。十勝川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 桐生織

    桐生織から見た地域団体商標地域団体商標

    2006年(平成18年)4月に施行された改正商標法によって、特定の地域名を冠した「地域ブランド」(地域団体商標)が商標権の取得が可能となり、桐生産地では2008年(平成20年)2月1日に桐生織物協同組合の「桐生織」が地域団体商標に登録された。桐生織 フレッシュアイペディアより)

  • 大和肉鶏

    大和肉鶏から見た地域団体商標地域団体商標

    1998年(平成10年)に奈良特産品振興協会の奈良特産品ブランドに認定され、2007年(平成19年)には地域団体商標に登録されたことにより、ブランド地鶏として定着した。大和肉鶏 フレッシュアイペディアより)

  • 結崎ネブカ

    結崎ネブカから見た地域団体商標地域団体商標

    2005年(平成17年)4月1日、川西町商工会が「伝説の、結崎ネブカ」として登録商標(第4852922号)を取得。同年10月5日、大和の伝統野菜として「大和野菜」に認定され、2010年(平成22年)には奈良県農業協同組合が改めて「結崎ネブカ」として地域団体商標(第5321804号)を登録した。「懐かしい味」「ネギ本来の味」「柔らかく、甘くておいしい幻のネギ」との評判を得て、市場に出回っている。結崎ネブカ フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡みかん

    蒲郡みかんから見た地域団体商標地域団体商標

    「蒲郡みかん」は愛知県内の農産物で初めて地域団体商標(地域ブランド)に登録されている(2008年〔平成20年〕6月登録)。みかんでは「三ヶ日みかん」(JAみっかび)や「有田みかん」(JAありだ)などに次いで8番目の登録となった。蒲郡みかん フレッシュアイペディアより)

  • 西尾茶

    西尾茶から見た地域団体商標地域団体商標

    抹茶生産では全国1、2を争うシェアを占めるが、全国的な知名度が低いのが課題とされる。2005年(平成17年)に電通東日本が行った「全国の茶の知名度ランキング」ではランキング外となり、1位の静岡茶・2位の宇治茶・3位の八女茶などブランドが確立されている産地との差が浮き彫りになった。このため、2005年から特許庁が認証する「地域ブランド」の取得を目指し、4年後の2009年(平成21年)2月に認定された。西尾市と安城市で生産された茶葉を原料とし、同地域で精製されて茶臼で挽かれた抹茶がブランドの対象となる。茶の地域ブランドは「宇治茶」「伊勢茶」などがあるが、抹茶に限定した地域ブランドは全国初。西尾茶 フレッシュアイペディアより)

  • 日田梨

    日田梨から見た地域団体商標地域団体商標

    日本においては、平成17年(2005年)6月3日に通常の登録商標として(商標登録第4869353号)、また、平成19年(2007年)11月16日に地域団体商標として登録されている(商標登録第5092285号)。日田梨 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷本舗

    杉谷本舗から見た地域団体商標地域団体商標

    「長崎カステラ紀行 蜂蜜風味」は長崎県菓子工業組合にて地域団体商標登録されている「長崎カステラ」(第50003044号 )の認定を受けている商品である。杉谷本舗 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード