70件中 51 - 60件表示
  • 伊勢たくあん

    伊勢たくあんから見た地域団体商標地域団体商標

    伊勢たくあん(いせたくあん)とは、三重県伊勢地方で造られている沢庵漬けの名称。地元では「こうこ」とも呼ばれる。伝統的な製法により生産されており、伊勢神宮の土産物の中でも付加価値が付いた名物となっており、一定の需要を得ている。三重県漬物協同組合により、地域団体商標登録されている(第5051140号)。伊勢たくあん フレッシュアイペディアより)

  • 八丁味噌

    八丁味噌から見た地域団体商標地域団体商標

    2006年に地域団体商標制度がスタートしたのに伴い、岡崎市内の2社からなる八丁味噌協同組合が同年4月に「八丁味噌」を商標出願した。しかし、愛知県内には同じ製法で豆味噌を製造していると主張する業者が存在しているため、商標登録については設定に至っていない。なお、「八丁味噌」という名称は裁判所の判断により普通名称とされている(東京高等裁判所 平成元年(行ケ)112号)。八丁味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 産地偽装

    産地偽装から見た地域団体商標登録地域団体商標

    2008年。愛知県一色町(現在の西尾市)の一色うなぎ漁業協同組合が台湾から輸入したウナギの蒲焼きに、2007年11月に特許庁から認められた地域ブランド(地域団体商標登録)「一色産うなぎ」という認証シールを貼って出荷していた問題で、「一色産うなぎブランド普及協議会」が同組合に対し認証シールを無期限使用禁止処分にした。同組合の大岡宗弘組合長 は「処分はやむを得ない。認証シールを張らずに、一色産として売ったケースもあるので影響まではわからない」とコメントした。産地偽装 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台牛

    仙台牛から見た地域団体商標地域団体商標

    仙台牛(せんだいぎゅう)は、全国で唯一、肉質等級が最高の「5」に格付けされないと呼称が許されない超高級ブランド牛肉である。宮城県特別表示認証食品に認証されており、地域団体商標も取得済み。仙台牛 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州備長炭

    紀州備長炭から見た地域団体商標地域団体商標

    備長炭の定義が広がってしまい、かつ、偽物の流通もあるため、和歌山県産の備長炭を特に紀州備長炭と呼んで差別化をはかり、備長炭の品質・伝統を維持している。その様な中、2006年10月27日に地域団体商標制度の認定第一弾として、地域ブランドとして認定されるに至った。紀州備長炭 フレッシュアイペディアより)

  • プロシュット・ディ・パルマ

    プロシュット・ディ・パルマから見た地域団体商標地域団体商標

    日本においても2006年10月に、パルマハム協会が特許庁に地域団体商標「PROSCIUTTO DI PARMA(ぷろっしゅっと・でぃ・ぱるま)」として出願し、登録査定された。プロシュット・ディ・パルマ フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢茶

    伊勢茶から見た地域団体商標地域団体商標

    2000年(平成12年)に「環境にやさしい安全安心な伊勢茶づくり運動」を開始、2003年(平成15年)に生産履歴の記帳を柱とする「伊勢茶ガイドライン」の制定を経て、2004年(平成16年)には伊勢神宮に初めて伊勢茶の初物を奉納した。2007年(平成19年)3月に地域団体商標に認定され、翌4月には商標登録された事を受け、関係団体では積極的なPRの展開を決めている。伊勢茶 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た地域団体商標地域団体商標

    讃岐うどんは香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指すとともに、日本全国各地の飲食店でもうどん料理が「讃岐うどん」として供されていたり、冷凍食品など店頭で手軽に入手可能など、香川県外の地域でも容易に食せる料理として広まっている。讃岐うどんは代表的なうどんの一種として有名になったことや、2006年から開始された地域団体商標制度への登録は「地名+商品名」でも、一般的に使用されている名称で全国各地で作られている物は難しいという見解を特許庁は示しており、該当する商品(後述)において「本場」「特産」などと表示する場合のみ、公正競争の観点から規制を設けた程度にとどまっている。本場でしか味わえない点と、どこでも容易に触れ得る点の両面から、「本場の味を試したい」という欲求を呼び起こすことに成功している一方で、日本国外でのブランド防衛では後手に回った事例も見られる(後述)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 草加市

    草加市から見た地域団体商標地域団体商標

    日本を代表する米菓であるせんべいが名産である。「草加煎餅」として全国に知られる地域ブランド(地域団体商標)でもある。1932年に組合が組織されると組織的なPRが展開された。第二次世界大戦中は原料米の統制により一時衰退したが、戦後間もなく復興した。1970年ごろ最高の売上げと全国的な知名度が普及し、市域に約120店舗を数えた。その後、他地区から同種の大量生産品が普及するようになり、売上げが減少している。しかしながら、現在でも旧草加宿を中心に市域で約60店舗がある。手作り感の強い、醤油味がベースの丸い素朴な米菓である。東京都と隣接するせいか東京みやげと扱われることも多く、同様なものとして、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドのみやげ物がある。草加市 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山ラーメン

    和歌山ラーメンから見た地域団体商標制度地域団体商標

    2000年を過ぎたあたりからブームは沈静化しているが、今日でもなお、観光に貢献している。また、「和歌山ラーメン」という呼び名は、県外への情報発信、観光PRなどに頻繁に用いられ、2006年10月27日には地域団体商標制度を利用して地域ブランドを取得し、ブランドを確固たるものとした。和歌山ラーメン フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード