105件中 61 - 70件表示
  • 黒川温泉

    黒川温泉から見た地域団体商標地域団体商標

    「黒川温泉」の名称は2006年に地域団体商標として商標登録(地域ブランド)されている。黒川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 江丹別そば

    江丹別そばから見た地域団体商標地域団体商標

    2)あさひかわ農業協同組合(旭川市):地域団体商標として商標出願中江丹別そば フレッシュアイペディアより)

  • 広島針

    広島針から見た地域団体商標地域団体商標

    広島針(ひろしまはり)は、広島県で生産されている針。広島県針工業協同組合が管理する地域団体商標広島針 フレッシュアイペディアより)

  • 地域ブランド

    地域ブランドから見た地域団体商標制度地域団体商標

    文字や図形で具体的に表現され、商品やサービスに付される商標を保護する商標制度は、ブランドを法的に保護する代表的な制度である。2006年4月には商標法が改正・施行され、地域団体商標制度が設けられた。従来、全国的に著名である等の特別な場合にのみ認められていた「地域名」と「商品・サービス名」とを組み合わせた商標がより広く認められるようになった。このため、地域ブランド=地域団体商標とする誤解があるが、地域ブランドは地域団体商標として登録された商標のみを指すものではない。地域ブランド フレッシュアイペディアより)

  • アンコウ

    アンコウから見た地域団体商標地域団体商標

    において、茨城県では、特に、北茨城市の平潟、および、日立市の久慈浜漁港は、底曳網漁が盛んなため(大量の他魚種と共に混獲されるため)、水揚げ量が多い。(※主語不明)におけるアンコウの水揚げ量は、昭和30年代(1955-1964年中)には約749トンという記録が残っているが、2000年代は数十トン程度である。アンコウの水揚げ量は、比較的短い周期で局地的な増減があり、2000年代の茨城県内の水揚げ量は増加傾向にある。また、2000年代には日本各地で漁獲されるようになり、2010年代においては下関市が水揚げ量日本一とされる。東日本では青森県の水揚げ量が一番多い。その青森県内で2番目の水揚げ量を誇る風間浦村は、生きたままの漁獲が常時可能という稀な地域特性を活かし、2010年(平成22年)にブランド「風間浦鮟鱇」を立ち上げて市場の開拓に成功した。延縄漁と刺網漁のいずれかで漁獲した良質の生きたキアンコウを活け締めにし、最新の保冷技術で高い鮮度を保ったまま全国に出荷するというものである。なお、アンコウの地域団体商標登録はこれが史上初であった(2014年登録)。アンコウ フレッシュアイペディアより)

  • プロシュット・ディ・パルマ

    プロシュット・ディ・パルマから見た地域団体商標地域団体商標

    日本においても2006年10月に、パルマハム協会が特許庁に地域団体商標「PROSCIUTTO DI PARMA(ぷろっしゅっと・でぃ・ぱるま)」として出願し、登録査定された。プロシュット・ディ・パルマ フレッシュアイペディアより)

  • 雄琴温泉

    雄琴温泉から見た地域団体商標地域団体商標

    近年各旅館経営者の改善努力によって特に変化著しい温泉地の一つであり、着実に宿泊客が増えている。2006年10月27日に第1回「地域ブランド」(地域団体商標)として認定されている。雄琴温泉 フレッシュアイペディアより)

  • サクラエビ

    サクラエビから見た地域団体商標地域団体商標

    地域団体商標として、由比サクラエビと駿河湾サクラエビが登録されている。サクラエビ フレッシュアイペディアより)

  • 大塚にんじん

    大塚にんじんから見た地域団体商標地域団体商標

    大塚にんじんは地域ブランド化されており、西八代郡農業協同組合によって地域団体商標(第5579893号)されている。大塚にんじん フレッシュアイペディアより)

  • たらこ

    たらこから見た地域団体商標地域団体商標

    虎杖浜 - 日本屈指のたらこ加工地。テレビなどの通販番組でも、「虎杖浜産のたらこ」として扱うなどブランド化。「虎杖浜たらこ」は地域団体商標として当該事業組合が特許庁より登録査定を受けている。近年、漁獲量の減少により、虎杖浜地区で生産されるたらこは輸入冷凍卵を扱うことも多くなったが、地物主体の加工業者と輸入もの主体の加工業者とのすみ分けができている。たらこ フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード