105件中 81 - 90件表示
  • ウンシュウミカン

    ウンシュウミカンから見た地域団体商標地域団体商標

    有田川流域や有田郡の沿岸で栽培される和歌山県の代表的ブランドで、有田市と有田郡の3町(有田川町、湯浅町、広川町)が指定産地。江戸時代からの名産地であり、県産みかんの40%以上を占めるが、ミカン樹木の老齢化も進んでおり、近年は内陸の産地が主力となっている。管内には10以上の選果場(古くは30以上あったが統廃合により集約された)があり、更にJA直営と地域運営に分けられる。前者によるものはAQみかん(AQはArida Qualityから。内陸に位置する複数の選果場を統合し、有田川町に2箇所と広川町《マル南》に選果場を持つ。全国に先駆けて非破壊酸度測定装置《シトラスセンサー》を導入)というブランド名が付けられる。対して、地域運営による共同選果場のものとしては、宮原共選(有田市宮原町)、マルス共選(湯浅町栖原。昔は有田市須谷にも須谷マルス共選があったため、栖原マル栖共選といわれていた)、マル御共選(有田川町庄。御は御霊地区に因む)、マル有共選(有田川町西丹生図)、マル賢共選(有田川町賢。マル賢みかんと呼ばれ、宇都宮市と石巻市の市場にのみ出荷)、ありだ共選(有田市千田。アルファベットの「A」を象ったエースマークがシンボル)等がある。これらの選果場では、JAが指定する協会共通のブランドに「味一α」「味一みかん」があり、上記の選果場共通で糖度12.5%以上の優良品に付けられる。また、有田市にある選果場では、一定糖度以上の優品に対し「有田市認定みかん」という独自の選定ブランドも設けられている。それとは別に出荷組合による個撰ブランドがあり、「新堂みかん」(有田市新堂。新堂みかん出荷組合)、湯浅町の「田村みかん」(湯浅町田《旧田村》。田村出荷組合)、「田口共販みかん」(有田川町田口。田口共販組合。田口みかんともいい、同地区は田口早生発祥地)が知られる。これに農業法人や企業、または個人農家のブランドもあり、上質みかんをジュースにして販売し成功を収めた、早和果樹園(草創は早和共選)などが知られる。有田みかんは全国他の51箇所とともに地域団体商標の全国第一弾として認定された。ウンシュウミカン フレッシュアイペディアより)

  • 泡盛

    泡盛から見た地域団体商標地域団体商標

    地域団体商標制度により「琉球泡盛」が認定されている。「本場泡盛」、「琉球泡盛」を商標に使用できるのは沖縄県で作られたものだけとされている。第二次世界大戦の終戦直後までは鹿児島県の奄美群島でも製造されていたが、現在は作られていない。なお、一部のメーカーが、台湾、モンゴルなどに酒造所を所有している。泡盛 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た地域団体商標地域団体商標

    香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指すとともに、日本全国各地の飲食店でもうどん料理が当名称で供されていたり、冷凍食品など店頭で手軽に入手可能など、香川県外の地域でも容易に食せる料理として広まっている。代表的なうどんの一種として有名になったことや、2006年から開始された地域団体商標制度への登録は「地名+商品名」でも、一般的に使用されている名称で全国各地で作られている物は難しいという見解を特許庁は示しており、該当する商品(後述)において「本場」「特産」などと表示する場合のみ、公正競争の観点から規制を設けた程度にとどまっている。本場でしか味わえない点と、どこでも容易に触れ得る点の両面から、「本場の味を試したい」という欲求を呼び起こすことに成功している一方で、日本国外でのブランド防衛では後手に回った事例も見られる(後述)。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 白老町

    白老町から見た地域団体商標地域団体商標

    白老町には2006年(平成18年)に商標登録された「白老牛」や地域団体商標になっている「虎杖浜たらこ」といった地域ブランドはじめ、鶏卵、シイタケ、毛ガニ、ウバガイ(ホッキ貝)、スケトウダラ、サケなどの豊富な魚介類があり、これらを素材としたグルメや土産品があるほか、倶多楽湖の伏流水で養殖したニジマスやアイヌ料理のチェプやオハウを提供する店もある。ご当地グルメでは白老バーガー&ベーグルや白老シーフードカレーがある。また、木彫りの熊などの民芸品や陶芸品の店や体験工房がある。日高地方とともに競走馬の生産地としても有名であり、重賞レースで入賞経験のある競走馬を数多く輩出している。白老町 フレッシュアイペディアより)

  • 南高梅

    南高梅から見た地域団体商標地域団体商標

    南高梅(なんこううめ)とは、梅の品種のひとつ。主たる生産地が和歌山県の白梅で、その果実は最高級品とされる。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、南高梅は地域ブランドとして認定されるに至った。読みは正式に「なんこううめ」であるが、生産地以外の人間やマスメディアでは「なんこうばい」と呼ばれる事もある。南高梅 フレッシュアイペディアより)

  • 西条酒

    西条酒から見た地域団体商標地域団体商標

    西条酒(さいじょうしゅ、さいじょうざけ、さいじょうさけ、)は、広島県東広島市西条町で作られる日本酒。地域団体商標「広島の酒」の中の一つ。西条酒 フレッシュアイペディアより)

  • 信州鎌

    信州鎌から見た地域団体商標地域団体商標

    1982年3月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。 2007年2月、特許庁の地域団体商標(商標登録番号:第5025535号)に登録された。地域団体商標の権利者は、信州打刃物工業協同組合。信州鎌 フレッシュアイペディアより)

  • 江刺りんご

    江刺りんごから見た地域団体商標地域団体商標

    「江刺りんご」とは、岩手江刺農業協同組合(JA江刺)が地域団体商標に登録している商標であり地域ブランドである(2007年6月29日出願、2008年1月12日登録。cf. 地域団体商標の一覧)。また2017年10月27日には地理的表示保護制度(略称:GI)において登録申請の公示となった。同農協の選果施設において色・大きさ・形・糖度などを一定の基準で選果した良品だけにその名が与えられる。「江刺りんご」のロゴ付きか、「JA江刺」と印字されている箱・袋などに収めて販売しているものが正規品である。同農協に出荷しているりんご生産者であっても、許可なく産地直送販売している品や個人販売している品は生産者等が独自の基準で選果したものであり、商標「江刺りんご」の使用は許されていない。江刺りんご フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢うどん

    伊勢うどんから見た地域団体商標地域団体商標

    伊勢うどん(いせうどん)は、三重県伊勢市を中心に食べられるうどん料理の一種である。また、それに使用する麺類の地域団体商標伊勢うどん フレッシュアイペディアより)

  • 南部町 (山梨県)

    南部町 (山梨県)から見た地域団体商標地域団体商標

    古くから林業が盛んであり、スギ・ヒノキをブランド化した「南部の木」は地域団体商標に登録されている。また、温暖多湿な気候であることから正確な記録上では室町時代から日本茶が栽培されており、戦後やぶきた種を導入してからは栽培が活発化し、南部茶として出荷・販売している。竹林も多く、旧富沢町域ではタケノコの収穫も行われている。富士川が縦断しており、支流も多いことからアユやヤマメ、アマゴ、イワナといった漁業も行われており、町内には遊漁証を発行する取扱所が点在しているほか、富沢の奥地である徳間地区にはヤマメ、アマゴ、イワナの稚魚を育成する魚苗センターも存在する。南部町 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

105件中 81 - 90件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード