前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • 地域団体商標

    地域団体商標から見たエビ

    なお、地域の名称のみの商標、商品や役務の名称のみの商標は商標登録を受けることができない。たとえば、「イセエビ」や「サツマイモ」も、形式的には地域の名称(伊勢、薩摩)と商品の普通名称(エビ、イモ)の組み合わせからなる語であるが、これらの語は既に普通名称と認識され、伊勢地方産のエビや、薩摩地方産のイモといった地域ブランドを表示するものとは認識されないから、商標登録を受けることができない。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た温泉

    (例)「美濃焼」、「有馬温泉」(「焼」は陶磁器を、「温泉」は入浴施設や宿泊施設の提供の役務を表示するものとして慣用されている名称である。)地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た商標登録

    なお、地域の名称のみの商標、商品や役務の名称のみの商標は商標登録を受けることができない。たとえば、「イセエビ」や「サツマイモ」も、形式的には地域の名称(伊勢、薩摩)と商品の普通名称(エビ、イモ)の組み合わせからなる語であるが、これらの語は既に普通名称と認識され、伊勢地方産のエビや、薩摩地方産のイモといった地域ブランドを表示するものとは認識されないから、商標登録を受けることができない。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た地域団体商標制度

    地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)とは、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2005年(平成17年)の商標法の一部改正により、地域団体商標制度が導入され、2006年4月1日から商標登録の出願の受付が開始された。2006年10月27日に第一弾として52件が登録され、その後も登録件数は増加している。登録された地域団体商標の一覧については、「地域団体商標の一覧」を参照のこと。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た商標法

    地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)とは、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2005年(平成17年)の商標法の一部改正により、地域団体商標制度が導入され、2006年4月1日から商標登録の出願の受付が開始された。2006年10月27日に第一弾として52件が登録され、その後も登録件数は増加している。登録された地域団体商標の一覧については、「地域団体商標の一覧」を参照のこと。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た農業協同組合法

    地域団体商標の商標登録は、誰でも受けられるものではない。登録登録は、特別の法律によって設立された法人格を有する組合であり、構成員となる資格を有する者の加入の自由が設立根拠法によって担保されているもの(またはこれに相当する外国の法人)のみが受けられる(商標法7条の2第1項)。中小企業等協同組合法により設立される事業協同組合(加入の自由は同法14条に規定)、農業協同組合法(加入の自由は同法20条に規定)によって設立される農業協同組合などがこれにあたる。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た農業協同組合

    地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)とは、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2005年(平成17年)の商標法の一部改正により、地域団体商標制度が導入され、2006年4月1日から商標登録の出願の受付が開始された。2006年10月27日に第一弾として52件が登録され、その後も登録件数は増加している。登録された地域団体商標の一覧については、「地域団体商標の一覧」を参照のこと。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た事業協同組合

    地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)とは、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2005年(平成17年)の商標法の一部改正により、地域団体商標制度が導入され、2006年4月1日から商標登録の出願の受付が開始された。2006年10月27日に第一弾として52件が登録され、その後も登録件数は増加している。登録された地域団体商標の一覧については、「地域団体商標の一覧」を参照のこと。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た法律

    地域団体商標の商標登録は、誰でも受けられるものではない。登録登録は、特別の法律によって設立された法人格を有する組合であり、構成員となる資格を有する者の加入の自由が設立根拠法によって担保されているもの(またはこれに相当する外国の法人)のみが受けられる(商標法7条の2第1項)。中小企業等協同組合法により設立される事業協同組合(加入の自由は同法14条に規定)、農業協同組合法(加入の自由は同法20条に規定)によって設立される農業協同組合などがこれにあたる。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た除斥期間

    もし、地域団体商標の要件を満たさないにもかかわらず登録を受けた場合、地域団体商標の要件を満たさないことは登録異議の申立て理由および登録の無効理由となる(商標法第43条の2、第46条第1項)。ただし、商標が需要者の間に広く認識されていないにもかかわらず登録を受けてから5年が経過した後、その商標が需要者の間に広く認識されるようになっていたときには、除斥期間の適用により、出願時に商標が需要者の間に広く認識されていなかったことを理由とした商標登録無効審判を請求できない(商標法第47条第2項)。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード