1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た日本国特許庁

    平成17年法律改正(平成17年法律第56号)解説書(日本国特許庁地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た一般承継

    地域団体商標の商標権は譲渡できない(商標法第24条の2第4項)。質権は譲り渡すことができない物を目的物とすることができないので、地域団体商標の商標権を質権の目的とすることもできない。ただし、譲渡が禁止されるのみであり、地域団体の合併などに伴う一般承継は可能である。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た質権

    地域団体商標の商標権は譲渡できない(商標法第24条の2第4項)。質権は譲り渡すことができない物を目的物とすることができないので、地域団体商標の商標権を質権の目的とすることもできない。ただし、譲渡が禁止されるのみであり、地域団体の合併などに伴う一般承継は可能である。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た中小企業等協同組合法

    地域団体商標の商標登録は、誰でも受けられるものではない。登録登録は、特別の法律によって設立された法人格を有する組合であり、構成員となる資格を有する者の加入の自由が設立根拠法によって担保されているもの(またはこれに相当する外国の法人)のみが受けられる(商標法7条の2第1項)。中小企業等協同組合法により設立される事業協同組合(加入の自由は同法14条に規定)、農業協同組合法(加入の自由は同法20条に規定)によって設立される農業協同組合などがこれにあたる。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た団体商標

    また、地域の名称と商品または役務の名称等を表示する文字を含む商標であっても、識別力を有する図形と組み合わされた商標や特殊な書体の文字によって表示する商標は、そもそも商標法3条1項3号?6号に該当しないから、地域団体商標としてではなく、団体商標または通常の商標として登録を受けることとなる。地域団体商標の登録出願をしてしまったとしても、出願後、団体商標または通常の商標の登録出願に変更できる(商標法第11条第2項)。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見た債権

    一方、通常使用権の設定は可能である(商標法第31条第1項反対解釈)。通常使用権は債権的な権利であり、排他性がないため、通常使用権の設定によって商標権者である団体や組合員による商標の使用が制限されることはないからである。現実にも、団体や組合員が商品の生産のみを行い、商品の販売を外部の業者に委託するようなケースにおいては、外部の業者による登録地域団体商標の使用が想定されるから、組合員ではない者に対する通常使用権の設定を可能としておく利益がある。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

  • 地域団体商標

    地域団体商標から見たイモ

    なお、地域の名称のみの商標、商品や役務の名称のみの商標は商標登録を受けることができない。たとえば、「イセエビ」や「サツマイモ」も、形式的には地域の名称(伊勢、薩摩)と商品の普通名称(エビ、イモ)の組み合わせからなる語であるが、これらの語は既に普通名称と認識され、伊勢地方産のエビや、薩摩地方産のイモといった地域ブランドを表示するものとは認識されないから、商標登録を受けることができない。地域団体商標 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「地域団体商標」のニューストピックワード