地学 ニュース&Wiki etc.

地球科学(ちきゅうかがく、、)とは、地球を研究対象とした自然科学の一分野であり、その内容は地球の構造や環境、地球史など多岐にわたる。近年では太陽系に関する研究も含めて地球惑星科学()ということが多くなってきている。地学(ちがく)は地球科学の略称である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「地球科学」のつながり調べ

  • 科学リテラシー

    科学リテラシーから見た地球科学

    本来の定義には、人々が理解すべき詳細な内容も含まれており、この傾向は、生物学、化学、物理学などの伝統的な分野においてしばしば見られた。しかし地球科学に関しては、その広域に渡る地質学的な作用に対して、いくぶん狭義に定義されていた。そのため上記の文献が発表された後の10年間に渡って、海洋科学者や教育者達は科学リテラシーに対する考え方を改めて、より現在的でシステム指向の視点を取り入れていった。その変革に伴って、海洋や気候、地球科学などの様々な領域に関する科学リテラシー計画が生まれた。またこの変革によって、教育者達は自らの科学リテラシーに対する考え方を、現実世界の現実の科学の進歩とその方向性に同調させることができるようになった。(科学リテラシー フレッシュアイペディアより)

  • 昭和基地

    昭和基地から見た地学

    昭和基地は天体・気象・地球科学・生物学の観測を行う施設である。施設は大小60以上の棟から成り、3階建ての管理棟のほか、居住棟、発電棟、汚水処理棟、環境科学棟、観測棟、情報処理棟、衛星受信棟、焼却炉棟、電離層棟、地学棟、ラジオゾンデを打ち上げる放球棟があり、このほか、大型受信アンテナ、燃料タンク、ヘリポート、貯水用の荒金ダム、太陽電池施設、風力発電施設などがある。また、51次隊から建設が始まった自然エネルギーを研究する為の棟は54次観測隊で完成した。1000キロ離れた南極大陸内にドームふじ基地がある。(昭和基地 フレッシュアイペディアより)

「地球科学」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「地学」のニューストピックワード